江端:「じゃあ、そのプリキュアなる私設義勇兵は、宇宙人同士の『代理戦争』をやらされているわけだ」

プリキュアというアニメの舞台が、我が家の近くの駅の街にあるらしい ―― と、長女から聞きました。

I heard from my senior daughter, “Apparently the anime Pretty Cure is set in a train station town near my house"

江端:「彼女たちは、何をやっているんだ」

“What are these girls doing?

長女:「地球の平和を守っているんだよ」

“They are just trying to keep the peace on earth"

江端:「誰から」

“From whom?"

長女:「悪の宇宙人から」

“From an evil alien"

江端:「何でやってんの、そんなこと。それは、行政(防衛省)の仕事だろう?」

“Why are they doing that? Isn’t that the government’s (Ministry of Defense) work?"

長女:「正義の為だよ」

“It’s about justice"

江端:「原資は?」

“What’s the source of funds?"

長女:「ないよ」

“None."

江端:「そりゃ無理だろう。物資の配給、通信、設備、衛生、施設、いわゆる兵站がないと、戦争は成立せんぞ」

“That would be impossible. You can’t have a war without distribution of supplies, communications, equipment, sanitation, facilities and so-called logistics"

長女:「必要ないよ。正義の宇宙人から補給を受けているから」

“They don’t need it. They are getting supplies from the righteous aliens"

江端:「じゃあ、そのプリキュアなる私設義勇兵は、宇宙人同士の『代理戦争』をやらされているわけだ」

“So the private volunteer army whose name “Pretty Cure" is being forced to engage in a “proxy war" between aliens"

長女:「そういう感じじゃないんだけどな」

“It’s not like that"

江端:「まあ、とにかく、我が国の国益の為戦争をやってくれている訳だ」

“Well, anyway, you’re fighting a war in our country’s national interest"

長女:「それも違うなぁ」

“It’s not like that either"

江端:「じゃあ、名目上の大義があるわけだ」

“So they have a nominal cause"

長女:「うん。『正義』」

“Yes. That is justice"

江端:「いや、正義というのは、相対的なものであって、大抵の場合は、居住地や国家の安全と安心を提供する側に、紐付く概念であってだな・・・」

“No, justice is a relative thing, a concept that’s mostly tied to the place of residence and the side that provides the safety and security of the state…"

という会話で遊んでいました ―― いい大人が2人して。

Two good adults were playing with the conversation.

2020/09,江端さんの忘備録

Posted by ebata