江端さんの忘備録

以前、

Before, I wrote a diary whose title was

「ただ、条文上、メイド喫茶や深夜のバーの営業自粛は「要請」することはできても、「禁止」することはできないようです。」

However, according to the provisions, it seems that maid cafes and bar bars at midnight can be "requested" but not "prohibited"

という日記を書きました。

残念ながら、現在、「パチンコ店」で、この問題が顕在化しています。

Unfortunately, this problem is now becoming apparent at “pachinko parlors”.

具体的には、

In particular,

(1)新型コロナ感染症の感染リスクの高いパチンコ店が、営業を続けていることに対して、

(1) For pachinko stores that are at high risk of infection with new corona infections,

(2)その制裁として、自治体が「店名公表」を行い、

(2) As a sanction, the local government will "publish the store name",

(3)その結果、それらのパチンコ店に、遠方から客が殺到する

(3) As a result, those pachinko parlors are flooded with customers from afar.

という、負の連鎖が発生しています。

The negative chain happens.

-----

以前の日記にも記載したように、「自粛"要請"」から「自粛"指示"」になったところで、新型インフルエンザ等対策特別措置法には、罰則規定がありません。

As mentioned in the previous diary, there is no penal provision in the Enforcement Ordinance for the Special Measures Law for Countermeasures against New Influenza, etc., even when "self-restraint "request" changed to self-restraint "instruction".

少なくとも、この法律では、パチンコ店の営業は止められません。

At least this law doesn't stop the operation of pachinko parlors.

とすると、別の法律との「合わせ技」で対応することになりそうです。

If so, it seems that it will be handled by a "matching technique" with another law.

ざっと調べてみたところ、「行政手続法」の、第2条4項の「不利益処分」が、地方自治体の対抗手段になるのかなーと思っています ――

After a quick survey, I think it will be a countermeasure of local governments, "Disadvantageous Disposition" in Article 2.4 in the “Administrative Procedures Act”,

いわゆる「営業停止処分」です。

This is so-called “business suspension”.

しかし、パチンコ店の営業許認可は、店舗所在地の管轄の警察署にあるようです。

However, the pachinko parlor's business license seems to be at the police station that has jurisdiction over the store location.

また、今回のケースでの、営業停止処分は前例がないこともあり、そもそも法律上の解釈に関する検討は絶無です(当然ですが)。

In addition, there is no precedent for the suspension of operations in this case, so there is absolutely no need to consider legal interpretations (of course,not).

そう考えていくと、 ―― 民意はさておき ―― 行政権の濫用、という考え方もできます。

If you think so, you can think of abuse of administrative power ---- People's will aside.

-----

地方自治体:「営業停止処分」

Local government: “Business suspension”

パチンコ店:「行政不服審査法に基づく意義申立ての請求」(行服法に、即時抗告みたいなものがあるのかは、私は知りません)

Pachinko parlors: "Request for significance based on the Administrative Appeal Law" (I don't know if there is an immediate appeal in the Administrative Law)

地方自治体:「意義申立の棄却」

Local government: "Rejection of significance claim"

パチンコ店:「裁判所に対する、行政命令無効の仮処分の申立」

Pachinko parlors: "Petition for provisional disposition of administrative order against the court"

という流れになって、

Then,

「泥沼」確実。

"Mudification" will be confirmed.

(続く)

(To be continued)

2020/05,江端さんの忘備録

昨日の日記を読んで頂いた、私のプログラミングの師匠であられるところのSさんからメールを頂きました。

I received an e-mail from Mr. S, who is my programming mentor and has read the diary yesterday.

メールの要旨を抜粋させて頂きます(本人無許諾だけど、多分許して頂けると思っています)

The following is a summary of the email ((I have not given permission Mr.S , but I think that he will give it to me)

■『"Excel "で十分じゃん?(by 江端)』 まさに「これ」、かと思いました。

- "Isn't" Excel "enough? (by Ebata) ”I thought it was exactly this.

■私も、ティーンエージャー(大学生未満)はプログラムを書かないほうがよい、と考えています。

- I also think teenagers (under college) should not write programs.

-----

加えて、

In addition,

■うちの子供達には、行列と微分積分だけはどの世界に行っても必要なので手を抜かせないようにしています。

- I try to make my children study only matrices and calculus because they need to be in any world.

この最後の一文が、私の胸を貫きました。

I was impressed with this last sentence.

―― 行列と微分積分なくして、世界を理解する手段なし

"Without matrix and calculus, there is no way to understand the world"

これは、世界中のどんな優れた哲学や宗教のドグマも敵わない、絶対的真理です。

This is an absolute truth that overwhelms any great philosophical or religious dogma in the world.

-----

話を戻しますが、本当にエクセルだけで、コンピュータで行う計算のかなりの部分を網羅できるんです。

Let's get back to it. only Excel can cover a great deal of computer calculations.

「Excelで操る! ここまでできる科学技術計算」

"Operate with Excel! Scientific calculation that can be done up to here"

「はじめての人工知能 Excelで体験しながら学ぶAI」

"First artificial intelligence, AI to learn while experiencing with Excel"

には、コラム執筆の際には、大変お世話になりましたし、

These two books are very helpful to me when I wrote the column,

Sさんから紹介頂いた、

Mr. S introduceded me, the following two book.

「Excelでわかる機械学習 超入門 AIのモデルとアルゴリズムがわかる」

"Understanding machine learning, super introduction, AI models and algorithms understood in Excel"

「Excelでわかるディープラーニング超入門 【RNN・DQN編】」

"Deep Learning Super Intro to Excel [RNN / DQN Edition]"

などもあります。

これらの本の凄いところは、数式なんぞ理解できなくても、エクセルの動きを見ているだけで、計算の動きが「目で見える」ということなのです。

The great thing about these books is that even if I can't understand mathematical formulas, I can "see" the motion of calculation just by looking at the motion of Excel.

その後に数式を読むと『あ! そういうことか!!』と理解できるようになる、という点が良いのです。

After that, when I read the formula, "Ah! That kind of thing! !! It is good that I can understand.

つまり、子どもであれ、大人であれ、数式の理解の心理的な壁の高さを、限りなくゼロまで下げるのです。

In other words, whether you are a child or an adult, the height of psychological barriers to understanding mathematical formulas is lowered to zero.

-----

うん、なんか使命感に燃えてきました。

Yeah, I was burning with a sense of mission.

我が国を、世界に冠たる

In order to make Japan a world-class

「スプレッドシート(Excel)リテラシー国(×プログラミングリテラシー国)」

"spreadsheet (Excel) literacy country (not programming literacy country),"

にする為にも、

I have to write a book whose title is

『夏休みの最後の3日間で、それらしい自由研究レポートを作成する為のEXCEL入門』

"Introduction to EXCEL to create such a free research report in the last three days of summer vacation"

の執筆が急がれると、思っています ―― 勝手に。

urgently and selfishly

ネタはあります。

I have several stories.

出版業界の皆様の、お声がけをお待ちしております。

I look forward to inviting me from everyone in the publishing industry.