2020/06,江端さんの忘備録

週末、ホームページで、営業日時と時間を調べてから、嫁さんと市民プールに行きました。

At the weekend, I went to the public swimming pool with my wife after checking the website for opening times and hours.

しかし、施設の窓口で「土日はお休み」と言われました。

However, I was told at the facility’s office that they are closed on weekends.

無駄と知りつつ『ホームページを調べて来たのだけど』と抗議をして、やむなく帰宅しました。

Knowing it was useless, I complained, “we came to check the website" and then we were forced to go home.

実は、以前にも、プールの営業時間変更も更新されていなかったので、すでに市役所には抗議のメールを送付していました。

In fact, I had already sent an email to City Hall protesting the change in the pool’s hours of operation, as it hadn’t been updated previously.

「市役所の対応済み」を信じた私が、「間抜け」だったということになります。

I was “dumb" for believing that “City Hall has already handled it.

—–

市役所も、コロナ禍対策でてんてこ舞いだろうし、ホームページの更新に手が回らない、という苦しい事情は理解できます。

The city hall must be busy with measures to deal with the corona epidemic, and I can understand the difficult situation that they have not been able to update their website.

しかし、折角の「市民からの通知」を活かさないことは、問題あると思います。

However, I think there is a problem with not taking advantage of the occasional “citizen’s notice".

ただ、私、この理由、分かっています。

But I know the reason for this.

『ホームページの更新なんぞ、3分もあれば足る(あるいはコロナ対策ページに誘導するリンクを1行付ければ足る)』と思うのですが ――

It would take me 3 minutes to update the home page (or one line of link that takes people to the anti-corona page).

実際のところ、市役所の職員は、専門の業者の手を通さねば、ホームページの更新ごときができないのです。

As a matter of fact, City Hall employees have to go through a professional contractor to update their website.

正確に言えば、

To be exact,

(1)稟議上(あるいは契約上)の手続で、職員にホームページ作成の権限がない

(1) The staff does not have the authority to create the website due to a request for approval (or contractual issues).

か、

(2)職員にホームページ作成のスキルがない

(2) Staff do not have the skills to create a website.

のいずれか、あるいは、その両方です。

Either or both.

—–

私、もの凄く心配しています。

I’m terribly worried about it.

これから、台風や水害、それに地震などが発生すれば、市民にとって、市役所のホームページからの災害情報や避難情報は、「最後の砦」です。

From now on, if a typhoon, flood, or earthquake occurs, disaster and evacuation information on the city hall’s website will be the last line of defense for the citizens.

ホームページの最新の情報は、現場担当者がその場の判断で、それこそ、分単位で更新して貰えなければ、本当に困るのです。

The latest information on the website needs to be updated on a minute-by-minute basis, by the field personnel at their discretion.

しかし、市役所は、リアルタイムのホームページの更新に、きちんと対応できるのでしょうか?

But will City Hall be able to respond properly to real-time website updates?

—–

正直なところ、文部科学省には「プログラミング教育」なんぞより、子どもには、「htmlファイル(テキストファイルでも構わん)の作成と、サーバへのアップロード」を教育要領に入れて欲しい。

Honestly, I wish the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT) would include “creating html files (or text files)" and “uploading to the server" in the educational guidelines rather than “programming education".

私は、市役所の職員に、ホームページ作成のスキル向上なんぞは期待していません。

I don’t expect City Hall employees to improve their web site development skills in any way.

せめて、ブログ型のテキストベースの情報発信ぐらいは、できるようにしておいて欲しいのです。

At the very least, I hope that they should be able to send out text-based information.

かっこをつけている場合じゃありません。

This is not the time to be cool.

行政の貧しい情報開示リテラシーで、情報不足→被災→死亡などとなったら、私は、泣くにも泣けません。

I will not be able to even cry with the administration’s poor disclosure literacy by a lack of information, disaster, death, etc.

—–

さて、私、上記のクレームを、本日、市役所にメールで送付して『対応が終ったらメールで連絡下さい』と付けておきました。

Well, I, I emailed the above complaint to city hall today and added, “please email me when you’re done responding".

さあ、この対応、何日で返事がくるか? あるいは黙殺されるか?

Now, how many days does it take to respond to this response? Or will they ignore me?

その結果は、近日中にお知らせします。

The results will be announced soon.

2020/06,江端さんの忘備録

以前、「臨場感システムを作る」という話をしました ―― が、すでに作られていました(“#ひとり大声援"で検索)

I talked about the “realistic sensations presence system" before — but it was already in the works (“#Loud Cheer")

しかも、システムエンジニアでもない、アマチュアの方にです。

by not a professional engineer but an amateur.

もっとも、このシステムは、正しい意味での「臨場感システム」ではありません。

However, this system is not a “realistic sensations presence system" in the proper sense of the word.

双方向もなく、リアルタイムでもなく、単に応援映像を同期を取って、合成するだけのシステムです。

The system is not bidirectional or real time, but simply synchronizes and composes the cheering video.

それでも、この応援映像は、無人観客で開催される野球場の電光掲示板に表示されることになったそうです。

Still, the cheering video will be displayed on an electronic billboard at the baseball stadium, which will be held in an unattended audience.

—–

このシステムが、私に与えた衝撃はハンパではなかったです。

The impact this system has had on me has been tremendous.

私がショックを受けたのは、「技術」ではなく「着想」です。

What shocked me was not the “technology" but the “inspiration".

双方向、リアルタイムで、キチンと閉じたシステムしか考えられなかった私は、「一方的に応援歌を届ける」という発想に全く至れなかったのです。

I could only think of a two-way, real time, neatly closed system, and I could not come up with the idea of “delivering a one-way cheer" at all.

もちろん、私でも同程度のシステムやコンテンツを作ることはできたかもしれませんが、それは大した問題ではありません。

Of course, I could have created the same level of systems and content, but that’s not a big deal.

「一方的に応援歌を届ける」という野球ファンの思いと、そしてそれを感謝を込めて受けとる球団の思いを、私は、1mmも気がつくことできなかった ――

I couldn’t have noticed that both the desire of baseball fans to “deliver a one-sided cheer song", and the thought of the team receiving it with gratitude.

これは、社会システムを考えなければならない研究員にとっては、致命的な失点であると言えます。

This is a fatal flaw for researchers who have to think about social systems.

—–

もっとも、このシステムを提案したところで、会社が事業ベースで開発をすることはなかったと思います(ペイしないから)

I don’t think the company would have been able to develop this system on a business basis (because it wouldn’t pay).

また、私が、週末エンジニアモードで、開発のContributorになる、ということもしなかっただろうと思います(私、プロ野球に興味がありません)。

I also don’t think I would have been an development contributor in weekend engineer mode (Because I’m not interested in professional baseball).

しかし、この一件、「無償の行為」という考え方を持てなかった、私の完全な敗北です。

But for this case, I am completely defeated because I couldn’t have the idea of a “gratuitous act".

2020/06,江端さんの忘備録

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

私の基本スタンスは、「やられたら、やりかえせ」であり、「江戸の敵を、長崎のみならず、世界中どこでもで討つ」であり、「後ろから背中を撃ってきた奴の背中をさらに撃つ」です。

My basic stance is “If you get hit, hit back", “I will take on the enemies of Edo, not only in Nagasaki, but anywhere in the world", and “I will shoot him in the back after he shoots me in the back".

この最低のポリシーは、「報復の無限連鎖」を導くだけのようにも見えますが、実は結構な「自分への抑制力」にもなっているのです。

This lousy policy may seem to only lead to an “endless chain of retaliation," but it’s actually quite a bit of “restraint on myself" as well.

(1)私のような考え方をする人間は、少なくないはずだ

(1) There must be more than a few people who think like me.

(2)恨みを買うような批判の仕方をすると、どこでどんな報復されるか分かったもんじゃない

(2) If I criticize people in a way that causes resentment, I don’t know where I am going to get retribution.

(3)故に、当時の状況や社会通念、相手の心象風景を可能な限り探り、最大限の配慮をした上で、ロジカルに、証拠(数値等)をつけて批判を行う

(3) Therefore, I should explore the circumstances and social conventions of the time and the mental picture of the other person, as much as I can. criticize people with the utmost care, logically and with evidence (numbers, etc.).

つまり、自分の中の「夜叉」を上手く使うことで、上手い(狡猾な)批判をするモチベーションが作れるのです。

In other words, I can create motivation to be a good (and cunning) critic by using the “demon" in you well.

—–

私は、批判されると、その内容が正当であろうが不当であろうが、不愉快に感じて、直ちに戦闘体制に入る、かなり「最低な人間」です。

I’m a pretty “lousy person", whenever I’m criticized I feel uncomfortable and immediately go into combat mode even if the criticism is right.

しかし、その「最低」を究(きわ)めることによって、逆に得られるものもあるのです。

However, there is something to be gained by getting to the bottom of that “minimum".

私は、無理して「いいひと」を目指しません ―― そもそも、私、そういう努力はできません。

I’m not going to force myself to be a good person — To begin with, I can’t make the effort like that.

私は、クレバーでロジカルでクールな「最低な人間」を目指し、これからも「後ろから背中を撃ってきた奴の背中をさらに撃つ」を続けます。

I will continue to be a clever, logical, cool “lousy person" and continue to “shoot the guy in the back who shot me in the back some".

2020/06,江端さんの忘備録

最近、新型感染ウイルスに対する、具体的な対応を提唱し実施した人物を、結果から批判する記事やコメントが目立ちます。

Recently, there have been a number of articles and comments criticizing those who have advocated and implemented a specific response to the new virus.

これらの記事やコメントは ――

In response to these articles and comments,

『燃えさかる家屋の前から逃げ去った奴が、その後、現場検証の時、消火の手順に難癖を付けるような』 ―― すさまじい下品さを感じます。

A person who ran away from a burning house, says “difficulty with firefighting procedures" during a subsequent site inspection. I feel that it’s tremendously vulgar.

―― 全てが終った後で、安全なところから、闘ってきた人の背中を撃つ

“Shooting someone who has fought back from a safe distance, after everything is done"

まさに、これです。

This is exactly it.

—–

まあ、私も、自分で言うのもなんですが、「燃えさかる家屋の前に、無理矢理押し出されたこと」があり、同じように「何とか鎮火した挙句に、難癖を付けられた」という経験があります。

Well, in my experiments, I was once forced out in front of a burning house. And I’ve had the same experience of “I’ve managed to put out the fire, and after that I’ve had a difficult time with it".

私は、こういう「後ろから背中を撃ってきた」人物を、生涯、絶対に許さないことに決めています。

I am determined to never forgive these “shoot me in the back" people for the rest of my life.

もちろん、私は、社会人ですから(そして、若いころは劇団員でしたから)、日常生活での「外面似菩薩、内心如夜叉(げめんじぼさつ、ないしんにょやしゃ)」は、徹底しています。

Of course, I’m a working man (and I was a theatergoer in my youth),so in daily life, “Fair face, foul heart" is a thoroughgoing practice.

—–

ただ、これらが、「背中を撃つ」行為であるとしても、全ての批判を全て止めてしまっては、物事を良くしてくことができないことは事実です。

However, it’s also true that even if these are “shots in the back" acts, you can’t make things better if you stop all the criticism.

私のコラムなんぞ、他者への批判が全体の半分を占めていると思います。

According to my columns, I think criticism of others makes up half of the content.

つまり「闘ってきた人の背中を撃つ」ことをしてきたのは、他の誰でもないこの私です。

In other words, it is me who “shoots people in the back who have been fighting".

しかし、私は「他者の批判を行っている者(私)は、他者からの批判を甘受しなければならない」 などとは、1mmも思っていないのですよ。

But I don’t believe at all that “those who are criticizing others (me) must indulge in criticism from others".

(続く)

(To be continued)

2020/06,江端さんの忘備録

在宅勤務が続き、昼飯は自宅で自炊しています。

I continue to work at home and cook my own lunch at home.

ここのところ、家族全員が自宅にいることが多くなり、夕食を一緒に食べる機会がぐっと増えました。

These days the whole family is home more and more often, and we have much more opportunities to eat dinner together.

しかし、昼飯については、各自が自分の好きな時間に、好きなものを作って食べています。

However, as for lunch, each of us cook and eat what we want at our own time.

どうしても簡単な麺類になってしまうのですが、これもずっと続くと、さすがに飽きてきます。

It’s inevitably going to be a simple noodle dish, and I get bored indeed.

—–

江端家では、ストックされている非常食の中で、賞味期限が経過したものを、嫁さんが、籠にいれてキッチンに置くようにしています。

In the Ebata’s house, my wife put the stocked emergency foods, which are past their expiration date into baskets and place them in the kitchen.

家族は、そこから好きなものを取り出して食べていますが、こちらも保存食の性質上、レトルトの食材になります。

My family takes what they want out of it and eats it. Due to the nature of preserved foods, they are retort foods.

レトルトと言えば、カレーライスでしょう。

Speaking of retorts, curry and rice would be the best.

私がカレーをカレールーから作ると、私以外の家族が食することができない激辛カレーになります。

When I make a curry from a curry roux, it’s a very hot curry that no other family member can eat except me.

しかし、レトルトカレーは、私に言わせれば、全く「辛くない」。

However, for me, the retort curry is not “spicy" at all.

—–

で、まあ、レトルトカレーを自分流にアレンジしています。

And, well, I have my own take on retort curry.

フライパンに、唐辛子とニンニクを刻んだものを入れて軽く炒めた後、そこに100g程度の鶏肉とナスを一口大に切って投入。

In a frying pan, lightly fry the chilies and chopped garlic, then add about 100g of Cut the chicken and eggplant into bite-sized pieces and throw them in.

鶏肉に火が通ったら、レトルトカレーをぶちまけて具とからませた後、ホウレンソウを手で千切って、しんなりとなるまで炒めて、

最後に、ババロネソースを投入して完成です。

After the chicken is cooked, pour the retort curry on it and mix it with the ingredients, cut the spinach into strips by hand and fry it until it becomes soft, and finally, throw in the Bavarone sauce.

まあ、それでも、レトルトカレーの域を出ることはないのですが ―― 結構、いけます。

Well, still, it’s never out of the range of retort curry — it’s pretty good.

在宅勤務で、昼飯がマンネリになっている人は、一度お試し下さい。

If you work at home and are in a lunch rut, give it a try.

マリーシャープス ハバネロソース HOT 148ml

2020/06,江端さんの忘備録

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, new my column is released, so I take a day off.

踊るバズワード ~Behind the Buzzword(3)量子コンピュータ(3):

量子ビットを初期化する ~さあ、0猫と1猫を動かそう

Dancing Buzzword-Behind the Buzzword (3) Quantum Computer (3)

Initializing the Quantum Bit – Now let’s move the 0cat and 1cat!

—–

いずれ、娘たちが、我が家を去る時がくるはずです ―― 就職か、結婚か、あるいは別の理由かは分かりませんが。

The time is coming when our daughters will leave our home — whether it’s for a job, marriage, or some other reason. I don’t know.

子どもは、親を踏み台として、親を見捨てて、親と逆の方向に向かって、跳ばなければなりません。

The children must leap in the opposite direction of the parent, abandoning the parent as a stepping stone.

親は、子どもが飛翔する為のエネルギーとして、使い尽されることで、その任を終えるのです。

Parents finish their charge by being used up as energy for their children to fly.

私が、同じように親を踏み台としてきたように。

Just as I have used my parents as a stepping stone in the same way.

―― とまあ、それはさておき。

Aside from that.

—–

長女と次女がいなくなった後、我が家には、結構なスペースが生じます。

After my senior and junior daughter are gone, our house will have quite a bit of space.

子ども部屋を2つ壁をぶち抜いたら、そこに「量子コンピュータ」を設置できるかな、とか考えています。

I’m wondering if I could set up a “quantum computer" in the children’s room if I busted out the wall.

取り敢えず、スペースとしては。

For now, as for space.

2020/06,江端さんの忘備録

先日、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)についての誤った情報を展開してしまいました(元記事にて誤記を明示しました)。

Recently, I deployed misinformation about the new Coronavirus Contact Confirmation App (COCOA) and (I clarified the error in the original article).

以下は、その後、私が調べた(正しいと思われる)情報です。

Here’s what I’ve found out after (which I believe to be correct)

(1)ソースコードは、ここにあるようです。

(1) The source code seems to be here.

(2)Mozilla Public License Version 2.0でライセンスされているようです。

(2) Licensed under the Mozilla Public License Version 2.0

(3)C#で開発されている?

(3) Is it developed in C#?

スマホアプリをC言語系で開発しているとはかなり意外でした。もちろん、私にとっては、C言語は歓迎なのですが。

I was quite surprised to see that they are developing a smartphone app in the “C" language system. Of course, for me, C is a welcome addition.

サーバシステム・・・という訳でもないよなぁ。そもそもCOCOAは、ネイティブなスマホアプリだし。

The server system… is notreally. COCOA is a native smartphone app, to begin with.

(4)悪意(イタズラ)の感染者登録はできそうにない

(4) It’s unlikely to register as a malicious (prank) infected person.

保健所から付与されるID番号を入れないと、感染者登録されないようです。

If you don’t put in the ID number given by the health department, you will not be registered as an infected person.

デタラメな番号いれても「登録されました」と表示されるけど、実際には登録されません。

Even if you put in a bullshit number, it will say “registered", but it won’t actually register.

(5)14日後に感染者登録情報は消滅

(5) After 14 days, the information on the infected person’s registration will disappear.

14日後は、感染者として取り扱われなくなります。現実に即しています。

After 14 days, you will no longer be treated as an infected person. It is a reality.

(6)感染情報は、機器(スマホ)の固体番号とは紐付いていない

(6) Infection information is not tied to the solid number of the device (smartphone).

アプリのハックでは、感染者の特定は無理でしょう。

The app hack will not be able to identify the infected people.

私なら、Public Address(EthernetのMACアドレスのような)のハックができるかもしれませんが、そこから機種を探しだし、個人に至るのは、無理だと分かります

I might be able to hack the Public Address (like Ethernet MAC address), however, I think that it’s impossible to find a model and get to a personal identification.

どのくらい不可能かというと、自分の側にいる人の一人一人に「すみませんがスマホ貸して下さい」頼んで、無線アナライザで解析作業をする、というくらいの面倒くさい作業が必要です。

How impossible can it be? It requires a lot of annoying works, like, asking each person on your side of the line, and saying “Excuse me, can I borrow your phone?" and work on the analysis with the radio analyzer.

仮に、それを強行したとしても、普通はスマホが自動生成するRandomアドレスを使うので、固定のPublic Addressを読みとることは、できないだろうと思います。

Even if you were to force it, I don’t think it would be possible to read a fixed Public Address, because it would normally use the Random Address that your phone automatically generates.

「セキュリティが万全」というよりは、「ハックするコストが全然見合わない」という感じです。

It’s not “full security," but “no worth to hack it"

(続く)

(To be continued)

2020/06,江端さんの忘備録

ここを↓をご参照下さい

ここから↓は無視して下さい。

「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA) COVID-19 Contact-Confirming Application のソースコード(?)のざっくりレビュー」

I wrote the review of the sorce codes(?) of “COCOA: COVID-19 Contact Confirming Application"

を書いてみました。

興味のある方は、御一読下さい。

If you are interested in that, please read on.

========追記===========

Wikipediaによりますと、

まもりあいJapanとは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)において陽性患者と濃厚接触した恐れのある人に通知を送るアプリとしてコード・フォー・ジャパンが開発し、Github上に公開したもの。2020年5月8日に厚生労働省が「新型コロナウイルス陽性判定者との濃厚接触ほか各種関連情報を迅速に通知するスマートフォンアプリ」を公式に導入することを決定し、これを受けて開発を取りやめた

となっなっており、以下の「まもりあいJAPAN」のコードと同じか、ベースとしている という、以下の記事は間違っております。訂正してお詫び申し上げます。

記事は、私の記録の為に残しますが、取扱にはご注意下さい。

========追記ここまで===========

2020/06,江端さんの忘備録

昨日の続きですが、

This was a continuation from yesterday

長女が、

My senior daughter muttered

―― この映画、小学生の時に見ておくべきだったな ・・・

“I should have seen this movie in elementary school"

と、ぼんやりと呟いていました。

vaguely.

—–

彼女に何があったのかは知りませんが、まあ、何かあったのでしょう ――

I don’t know what happened to her, but, well, something have happened to her.

尋ませんでしたが。

I didn’t ask her.

2020/06,江端さんの忘備録

以前、どっかで書いたような気がしますが、どうしても見つけられなかったので、ネタかぶりを覚悟して、もう一度記載します。

I think I’ve written about this somewhere before, but I couldn’t find it in my homepage, so I’m going to state this again, at the risk of spoiling the story.

私、2000年から2年間、コロラド州のフォートコリンズという街に、エンジニアとして赴任していました。

I was assigned to Fort Collins, Colorado, as an engineer for two years, starting in 2000.

毎週、コロラド州立大学の、第二外国語(英語ですが)の授業(ESL:English as a Second Language)も受講していました。

Every week, I had taken classes in English as a Second Language (ESL) at Colorado State University.

そのクラスで、「あなたがもっとも面白かった映画を紹介して下さい」という内容のスピーチをする機会がありました。

I had the opportunity to give a speech to that class, that was “Tell us about the movie you enjoyed the most".

クラスの男性たちは、「スターウォーズ」だの「バックツーザフューチャ」などと言っていたところで、私の番が回ってきました。

The men in my class were saying things like “Star Wars" and “Back to the Future", and in my turn, when I said

Let me see… It’s “Scent of a woman" (セント・オブ・ウーマン(邦名「夢の香り」)

Let me see… It’s “Scent of a woman"

と言ったところで、クラスの女性全員が、一斉に顔を上げて、私の方を見ました。

All the women in the class looked up in unison and looked at me.

「あの映画、凄かったね!」という声でクラスが一気にざわめき、私に対する敬意に満ちた眼差しも感じました。

“That was a great movie!" The class suddenly got very noisy with their voices and I also felt the respectful look in his eyes for me.

男たちは、何が何だか分からないような表情をしていましたが。

The men had a look on their faces like they didn’t know what was going on.

—–

この映画は、嫁さんとデートしていた頃に、何の気なしに入った映画館で、たまたま見たものだったのですが(別に前評判が高かったという訳でもない) ――

I happened to see this movie in a movie theater without thought when I was on a date with my wife. (Not a great reputation before).

今になって考えれば、この映画は、嫁さんとの結婚に至る大切なランドマークになったような気がしますし、今なお、二人とも忘れることのできない思い出です。

In hindsight, I feel like this movie was an important landmark in my marriage to my wife, and it’s still a memory that we both will never forget.

で、今夜、前回の「シンドラーのリスト」に続き、Amazon Primeでの上映会と相成りました。

So, as the next movie of “Schindler’s List, we decided to watch this movie on Amazon Prime.

『この映画だけは日本語吹替は絶対にありえない!』と主張して、私は、字幕版の視聴を独断で決めました。

“This is the only movie that will never be dubbed in Japanese" I insisted, and I decided on my own to watch the subtitled version.

—–

視聴後 ――

After watching…

私も、久々に映画で感動していたのですが、初見の長女は「かっこいい~~!」を連呼しながら、リビングで狂っていました。

I’ve been impressed with the movie for a while now, and my senior daughter, on her first visit, said and said, “Cool~! in the living room.

凄い勢いで、スマホに検索キーに「アルパチーノ」を入れて、調べまくっていました。

At a great rate, she was putting “alpacino" in the search key on my phone and looking them up.

内容については、ここでは申し上げませんが、「タンゴ」「フェラーリ」「スピーチ」の3つの大きな感動の波で、翻弄されることは、この私が保証します。

I won’t go into the content here, but I can assure you that you’ll be at the mercy of three major waves of emotion in “Tango," “Ferrari," and “Speech,

そして、結婚前には、全く感じられなかった感情 ―― フランク・スレード中佐の深い絶望を、実感できる年齢になっていました。

And the emotions I didn’t feel before I was married. I was old enough to realize the deep despair of Lieutenant Colonel Frank Slade.

—–

「これほどの名作をなんで地上波で放送しないのかなぁ」とも思いますが、その理由も、見て頂ければ分かると思います。

I wonder why they don’t broadcast such a masterpiece on terrestrial television, but you’ll understand the reason soon.

地上波放送は、無理なんです。

It’s not possible to broadcast on terrestrial television.

1992年では問題なくても、2020年の今では無理なんです。

It wasn’t a problem in 1992, but it can’t be done now in 2020.

その無理というのは「正しい」のですが ―― それでも、「正しい」だけで、このような名作を見逃すことは、本当に「もったいない」と思います。

It’s the right thing to do, however. still, it would be a real “waste" to miss out on such a masterpiece just because “right".