2024,江端さんの忘備録

私、多くの若者と同じように、中学生の頃にフォークギターを『かき鳴らして』いたことがありました。

Like many young people, I used to 'strum' the folk guitar in junior high school.

『かき鳴らしていた』というのは、文字通り『かき鳴らしていただけ』です。Fコードを押さえることができた、というのが、私のギター技術の上限でした。

When I say 'I was 'strumming,' I just 'strummed'... I could hold down an F code, the upper limit of my guitar skills.

そんな私に、友人の一人から『ライブに出演してみないか』と誘われたことがあります。

One of my friends once asked me if I would like to perform in a live concert.

当然ですが、その当時の私は、誰もと同じように身の丈にあった『バカ』であったと思います。

Of course, I was a 'fool' of my stature then, just like anyone else.

しかし、さすがに、『Fコードを押さえることができる』だけの人間をライブ出演に誘うのは「どう考えても、おかしい」と思う程度の分別はありました。

However, as expected, I had enough sense to think that it would be "strange, no matter how you think about it," to invite someone who can only "hold the F code" to perform live.

当然、私は断わりました。いくら私がバカでも、人前で演奏できるかどうかくらいは、判断できましたので。

Naturally, I refused. No matter how stupid I was, I could at least judge whether I could perform in public.

なんで、こんなことを書いているかというと、Amazon Primeで「ぼっち・ざ・ろっく」をぼんやりと眺めているうちに、ふと、このことを思い出したからです。

I am writing this because I suddenly remembered this while idly watching "Botch the Rock" on Amazon Prime.

------

今、思い返すと、もしかして、あれは、

Now that I think back on it, maybe it was something like a

―― ライブ詐欺

"Live scam"

という様なものだったのかもしれません。

Maybe it was like that.

「ライブ詐欺」というのは、たった今、私が思いついた言葉なのですが、例えば、『ライブチケットの販売ノルマを強制させられる』というような詐欺なら、十分にありそうじゃないですか。

Live scam" is a term I just came up with, but wouldn't it be enough if the scam was, for example, 'forced to sell a quota of live tickets'?

しかも、当時の私は、法律の知識もない、ただの中学生です。簡単に騙せたと思います。

Moreover, I was just a junior high school student without any law knowledge. I could have easily fooled them.

当時の私は「おかしい」とは思ったものの、「怪しい」とは1mmも思いませんでした。

I thought it was strange then but didn't think it was suspicious.

『眩しいくらいに無垢で純粋な私(江端)』 ―― 今の私からは想像もできないような私が、当時は、確かに存在していたのです。

I was 'dazzlingly innocent and pure (Ebata)' - I certainly existed then in a way that I can't even imagine from what I am now.

------

改めて考えると、

Once again, I think,

『子どもを騙すのって、もの凄く簡単だなぁ』

"It's so easy to cheat a child."

と、今、深々と実感しています。

I am now deeply aware of this.

今後、私が、職にあぶれて、喰い詰めて、本当に困ったら『子どもを狙う大人』になりそうだと思いました。

I thought that in the future, when I am out of work, hungry, and in real trouble, I will become an "adult who targets children.

ぶっちゃけ、これは美味しいですよ。

To be frank, this is easy.

なにしろ、騙す相手は、法律の知識もなく、犯罪の被害者になっているという自覚すらない、本当に"ちょろい"相手ですから。

After all, the people you are cheating do not know the law and are not even aware that they are the victims of a crime.

------

それゆえに、未成年相手に、性行為を強要させたり、詐欺で金を巻き挙げたりするような大人なんて、『この社会から排除してもいい』と思うんですよね。

Therefore, I think that adults who force children to engage in sexual acts or scam them out of money should be 'removed from this society.

未成年相手の犯罪者は、他の犯罪者と切り離していいと思うのです。「更生機会を与える必要すらない」と思うんですよ。

I think we can divide offenders dealing with children from other offenders. I don't think they should have a chance for rehabilitation."

それが無理なら、一般法を適用するとしても、マイナンバーカードに犯罪歴をデジタルタトゥーとして永久記録してもいいんじゃないか、と思うのです。

If that is not possible, I believe that even if we apply the general law, we can permanently record criminal records as digital tattoos on the personal number card.

『子どもに手を出した奴に、未来はない』 ―― それでいい、と思う。

'There is no future for those who commit crimes against children' -- that's fine, I guess.

まあ、ゆっくりではありますが、その方向に法律が改正されていることについては、私は支持しています。

I support the fact that the law is slowly changing in that direction.

例えば、この条令における年齢制限を外した上で、「ネット・ゲーム依存症」を、「セックス依存症」と置き換えたら、どうなるかな、と。

2024,江端さんの忘備録

大学のころ、免停(免許停止)で講習にいった時に、警察のアンケート集計システムから「遵法精神に欠けている」と指摘された江端です。

When I was in university, I went to a course for a suspension (license suspension), and the police questionnaire tabulation system pointed out that I was not law-abiding.

江端さんのひとりごと 「遵法精神って何?」

遵法精神とは、法を遵守するポリシーのことだと思いますが、私は「法に諾々と従う」という意味では捉えていません。

I believe that law-abiding spirit refers to a policy of compliance with the law, but I do not see it as 'acquiescing to the law.'

というのは、私は「法律は"きまり"ではあるが、必ずしも"正義"ではない」と思っているからです。

I believe the law is a 'rule' but not necessarily 'justice.'

私、学生の頃に、先輩から「喫煙が危険だというのであれば、成人であろうが、なかろうが危険に決まっとろうが。それを未青年だけに禁じているのは、不合理だ」と言われたことがあります。

When I was a student, a senior student told me, 'If smoking is dangerous, then it must be dangerous whether you are an adult or not. It is unreasonable to prohibit it only for young people.

もちろん、これは極論です。身体の成長過程にある未成年に対して、喫煙を制約するのは、国家として義務であるとは思います。

Of course, this is an extreme view. I believe that the state must restrict smoking to minors who are still in the process of physical development.

ただ、それを『頑(かたくな)に守ること』は、『法に隷属する』一種の思考停止であると思いますし、社会全体としても危険な兆候だとも思います(全体主義を加速しかねない)。

However, I think that 'adhering stubbornly' to it is a kind of 'slavery to the law' and a dangerous sign for society as a whole (it could accelerate totalitarianism).

-----

江端解釈の「遵法精神」とは、「法を遵守するように"世間"に見せかけること」と考えています。

Ebata's interpretation of 'law-abiding spirit' means 'to make it appear to the "world" that one is obeying the law.'

喫煙や禁煙も、第三者に外部に発見されない範囲で、個人の行為として秘匿し続けるのであれば、「法律にとやかく言われる筋合いではない」と思っています。

Smoking and non-smoking are also 'not a matter for the law' as long as they continue to be kept secret as individual acts, to the extent that third parties do not externally detect them.

個人の範囲で完全に秘匿している以上、社会秩序を乱している訳でもありませんし、喫煙や禁煙による健康障害は自分だけの問題です。

As long as you keep it completely confidential within your sphere, you are not disrupting the social order, and the health problems caused by smoking and smoking cessation are your problem.

(もっとも、医療費負担を持ちだせば、完全に個人の問題とは言い切れないのですが)

(Although, if you bring up the burden of medical costs, it is not entirely a personal issue.)

ともあれ、大人である私としては、『私にバレないように上手くやれ。しかしバレた以上は、私は、法治国家の大人の1人として振る舞わざるを得ない』のです。

As an adult, I can say, 'Do it well so you don't find out. But as long as I find your fault, I have to behave like one of the law-abiding adults.

-----

こういう、大人の『苦しくて面倒くさい立場』を、子どもは理解しません。

Children do not understand these 'painful and troublesome positions' of adults.

大人としては、『なんで、我々大人にバレる態様で、喫煙や飲酒をするんだ、このバカ! 』と叫びたいことでしょう。

As an adult, I may want to shout, 'Why are you smoking and drinking in a manner that we adults can see, you idiot? '.

そして、私なら『その程度の配慮や工夫もできんほど、お前は低能か』と怒鳴りつけたい。

And I would shout at her, 'Are you so low that you can't even give that level of consideration and ingenuity?

(まあ、喫煙や飲酒を、自慢気に人に見せているバカなティーンエイジャを、私は『矯正不能のバカ』と認定しているので、ここでは取り扱いません)。

(Well, I don't deal with stupid teenagers who proudly show smoking and drinking to others, as I identify them as 'uncorrectable idiots').

-----

ティーンエイジャのころ、私、年に数回くらい、母親と梅酒で晩酌していました。

As a teenager, I used to have a plum wine evening with my mother a few times a year.

これを公にしていれば、うちの母は「子どもに飲酒を勧めた」という罪で、未成年者飲酒禁止法で、罰金、拘留、懲役の対象になったでしょうし、虐待ということで傷害罪の適用もあったかもしれません。

Had this been made public, my mother would have been subject to fines, detention, and imprisonment under the Underage Drinking Law for "encouraging a child to drink," and she may have also been subject to injury charges for abuse.

そして、晩酌に興じていた私もまた、警察にごやっかいになり、停学や退学になっていた可能性もあります。

As a night-time drinker, I could also have been in trouble with the police and suspended or expelled from school.

また、大学受験日前には、寝付けなくて、無理矢理ビールを流しこんだりしていました。当時、ビールが美味しいとは思いませんでしたけど(私はティーンエイジャのころから、不眠症の傾向がありました)。

I also used to force myself to pour beer down my throat before university exam days because I couldn't sleep. I didn't think beer tasted good at the time (I had had insomnia since I was a teenager).

しかし、私は、この件を誰かに話したり、ましてや自慢するような、バカげたことはしませんでした。

But I didn't do anything stupid like tell anyone about it, much less brag about it.

これが「法を遵守するように"世間"に見せかける生き方」の一例です。

It is an example of a way of life that makes me appear law-abiding to 'the world.'

-----

ちなみに、「たかがタバコで何を騒いでいるのか。麻薬じゃないんだぞ!」とかいっている国会議員もいるようですが、そもそも、この認識、間違っています。

Incidentally, a diet member said, 'What's the fuss over a mere cigarette? It's not a drug!" But this opition is wrong, to begin with.

タバコも、飲酒も、大麻も、覚醒剤も、すべて、常習性があり、健康被害があるという観点では「全部麻薬」です。

Tobacco, alcohol, cannabis, and methamphetamine are all 'drugs' in terms of being addictive and damaging to health.

ただ、タバコと飲酒は、国家によって一定年齢以上の摂取が、合法とされているというだけの話です。

It is just that tobacco and alcohol consumption above a certain age is considered legal by our country.

タバコと飲酒が合法となっているのは、もっぱら税収と、それと、健康被害と社会秩序の妥協点として成立しているだけです。

Tobacco and alcohol consumption are legal solely as a compromise between tax revenue, health hazards, and social order.

飲酒を嗜む人にとっては、我が国は「天国」ですが ―― 断酒中の人間にとっては、「地獄」と言えます。

そもそも、タバコと大麻について、科学的に線引きできるのか、私は疑問です。

In the first place, I doubt that we can divide tobacco from cannabis from the science viewpoint.

―― 大麻を試したいなら、なぜ、栽培、乾燥、製粉までの全行程を、DIYで実現しようとしないのか?

私は、『大麻でアヘン中毒者が急増させ、中国社会の生産性や労働力が著しく低下に成功した(アヘン戦争(1839年-1842年))』という歴史的事実があり、たばこについては『今は、まだそれが確認されていない』ということにすぎない、と認識しています。

I am aware that it is a historical fact that 'cannabis caused a sharp increase in opium addicts and succeeded in significantly reducing the productivity and workforce of Chinese society (Opium War (1839-1842))', and that with tobacco it is only 'now, I have not confirmed that.'

飲酒についても『国家にとっては、税収がおいしい』のだろうな、と思っています(明治30年代から昭和初期にかけて、酒税が国家予算の約3割を占めていた時期もありました。ちなみに今は1%程度(それでも1.18兆円)です))。

As for alcohol consumption, think 'the tax revenue is delicious for the state.' (From the 1890s to the early Showa period, alcohol tax accounted for about 30% of the national budget. Incidentally, it is now around 1% (still 1.18 trillion yen).)

-----

てなことをトータルで勘案すると、オリンピックに出場する未成年の選手が、飲酒と喫煙で、出場停止にさせられるというのは、厳しい措置ではありますが、私は、妥当であると思います ―― 少なくとも、失当ではない、と思う。

Taking all of the above into consideration, I think it is a harsh measure to suspend underage athletes from the Olympics for drinking and smoking. Still, I think it is reasonable -- at least not unjustified.

もちろん、これまで、人生の多くを犠牲にして、努力を続けてきた本人にとっては、絶望的で、そして苛烈な措置でしょう。

Of course, this would be a desperate and frustrating measure for the individual who sacrificed much of their life and efforts.

でもね、『国内法に違反している当事者を、国際的なイベントに国家を代表して出場させられる』ことが可能と思いますか?

But do you think allowing a party violating national law to represent a nation in an international event is possible?

そりゃ無理ですよ。これは、法治国家としてのメンツの問題でもあります。

That's impossible. It is also a matter of pride as a law-abiding nation.

そして、私たち大人としても『どうして、個人で、秘密で、ひっそりと、バレないようにやってくれなかったのか!』と地団駄を踏みたくなる思いもあるのです。

And, as an adult, I am also tempted to say, "Why didn't she do it privately, in secret, so that she hid? I also feel like stamping our feet.

―― 泣いて馬謖を切る(by 三国志)

"To make a costly sacrifice in the course of justice" (by Three Kingdoms)

という、言葉がピッタリきます(知らない人は調べて下さい)。

The word fits perfectly (if you don't know it, please look it up).

私たち大人に、このような残酷な措置をさせないよう、ティーンエイジャの皆さんは協力して下さい。何卒よろしくお願いします。

Please help us teenagers not to allow such cruel measures for us adults. Thank you in advance for your cooperation.

『やるなら、黙って、1人で、バレないように、静かにやれ。他人とつるむな。他人から誘われても断固として断わった上で、どうしても我慢ができないのであれば、個人でひっそりとやれ。そして、証拠は完全に隠滅し、ガサ入れには最大の注意を払い続けろ』

"If you're going to do it, do it quietly, alone, and without being noticed. Do not associate with others. If you can't stand it, do it privately and quietly. "

これを徹底して下さい。

Please be thorough in this.

これは、大人としての江端からのお願いです。

It is a request from Ebata as an adult.

-----

P.S.

私が心底腹を立てていることは、高校野球の部員やら、大学のアメフトの部員やらが、飲酒や喫煙や大麻をやるとき『必ず、仲間とつるんでやっている』ということです。

What I resent is that when high school baseball players or college football players drink, smoke, or use marijuana, they "always do it with their friends.

『違法行為をやりたいなら、たった1人でやれ。それができないくらいのチキンなら、そもそも、お前には違法行為をやるだけの器はないんだ!』と怒鳴りつけてやりたいです。

'If you want to do something illegal, do it alone. If you are too chicken to do it, you can't do it in the first place! I want to yell at him.

『私(江端)のやり方を見習え』 ―― とまでは言いませんが。

I don't want to say, 'Follow my (Ebata's) example.

2024,江端さんの忘備録

『日本の夏が、私たちを殺しにきている』 ―― が、全く大袈裟に聞こえない夏になりました。

The summer of Japan is coming to kill us - it does not sound like an exaggeration at all.

去年の夏も、大概酷かったですが、今年の夏も同程度か、それ以上に、酷い。

Last summer was generally bad, but this summer is just as bad, if not worse.

昨日、大学の帰りに、駅前のドラッグストアに寄ったら、昔ながらの「小豆練乳かき氷(95円)」があったので、喜んで購入しました。

Yesterday, on my way home from university, I dropped in at a drugstore in front of the station and was delighted to see that they had the traditional red bean condensed milk shaved ice (95 yen).

くらしモア 練乳入りあずき氷 160ml(くらしモア(日本流通産業))の販売価格と購入店舗 | ものログ

最近、このようなシンプルなかき氷が、コンビニから消えてしまって、ずっと探していたので、とても嬉しかったです。

I was pleased to find that these simple shaved ice products have recently disappeared from convenience stores, and I have been looking for them for a long time.

―― かき氷って、こんなに美味しい食べ物だったけ?

"Has shaved ice ever tasted so good?"

と、感動しながら、灼熱の太陽光線の下で、「歩きかき氷」をしていました。

I was happy 'walking shaved ice' under the sun's scorching rays.

-----

それにしても、

Nevertheless,

14時には熱光で押し潰されそうになり、

At 14:00, the hot light almost crushed me,

16時には熱風で息が苦しくなり、

At 16:00, the hot air makes it hard to breathe,

18時には全身が温水プールの中に水没し呼吸困難になる ――

By 18:00, a heated swimming pool submerges our whole body in a heated swimming pool, and we breathe hard.

そんな、時間単位で様相を変えるような夏。

Such is the summer, which seems to change its aspect by the hour.

はっきりいって、こんな夏はいらん。「これまでの日本の夏に戻せ」と言いたい。

I don't need this kind of summer. I want to ask someone to return to the traditional Japanese summer."

-----

2022年の11月、政府は原発再開に舵を切りました。

In November 2022, the Government took the helm to restart nuclear power plants.

あの時、当然のことながら、政府の決定に対して多くの抗議の声がありました。

At that time, there were, understandably, many protests against the Government's decision.

私は『全国民が、人生で1~2回の原発事故の被害者(被爆者)になる覚悟があるなら』という条件付きで、方針変更を受け入れています。

I accepted the change of policy on the condition that 'all citizens are prepared to be victims (hibakusha) of one or two nuclear accidents in their lives.'

―― 日本国内において、生涯で2~3回は原発事故に遭遇し、最低1回は放射能汚染被害を受ける

しかし、政府がこの決定をするなら「沸騰化した夏(今)」、あるいは「凍結化の冬(多分今年度の冬)」のタイミングで行った方が、良かったのではないか、と思うのです。

However, if the Government were to take this decision, it would have been better to take it in the 'boiling summer (now)' or the 'freezing winter (maybe this winter).'

安定電力供給が、国民の命を守っているのは事実です。

It is a fact that a stable electricity supply protects people's lives.

しかし、これまでの日本は『国民を"灼熱で死に至らせる"ような夏』ではなかったと思う。

However, I don't think Japan has ever had a summer that 'scorches the people to death.'

自然エネルギー(または別のエネルギー)で、我が国のこの異常な夏とこの異常な冬を乗り越えられるなる技術が登場するまで、私達はどんな種類のエネルギーも受けいれざるを得ないでしょう。

Until a technology that will allow us to survive this extraordinary summer and winter in our country with renewables (or another type of energy), we will have to accept any energy.

"原発"と"夏"、どっちを選んでも「命との天秤」であることを、私たちはもう知っているのです。

Because of 'nuclear power' and 'summer,' we have known that both are 'barter with life,'

2024,江端さんの忘備録

『マンション爆発「自殺図りガス栓開けたが換気 タバコで爆発」』というニュースを見ました。

I saw a news report titled “Apartment Explosion: ‘Attempted suicide: Gas Tap Opened, Ventilation Cigarette Caused Explosion.’”

人間が、自死に至るプロセスで、論理的な行動を取れないことは知っています。

I know that human beings cannot act logically in the process of committing suicide.

ですから、普通の人は、このニュースを知って、色々思うところはあるでしょう。

Therefore, ordinary people may have many thoughts about this news.

それは、『気の毒に』とか『可哀想に』という気持ちとは、真逆の気持ちであろうと推測できます。

I can only guess they would feel the opposite of “sorry” or “pity.”

-----

しかし、この自殺未遂をした人を、嘲笑できない人間が、一人います。

There is one person, however, who cannot make a fool of him for this attempted suicide.

私です。

It is me.

江端さんのひとりごと 「危ない漂白剤」

 

2024,江端さんの技術メモ

TC(Traffic Controller)で、帯域5M、パケットロス10%、遅延1000msを セットするコマンドを教えて下さい

# qdiscの設定をクリア
sudo tc qdisc del dev eth0 root

# トークンバケットフィルター (TBF) を使用して帯域幅を制限
sudo tc qdisc add dev eth0 root tbf rate 5mbit burst 10kb latency 50ms

# ネットエミュレーション(netem)を使用して遅延とパケットロスを追加 sudo tc qdisc add dev eth0 parent 1:1 handle 10: netem delay 1000ms loss 10%

TC(Traffic Controller)のコマンドの一つとして使われている"latency"と"delay"の違いについて教えて下さい。

latency

"latency" は、トークンバケットフィルター (TBF) などのキューイングディシプリン(qdisc)で使用されます。ここでの "latency" は、バッファ内のパケットが許可される最大遅延時間を示します。つまり、指定されたバッファサイズ(burst)が満たされている場合に、パケットがそのバッファ内にどれだけ長く滞留できるかを示します。

delay

"delay" は、ネットエミュレーション(netem)で使用され、パケットに対して指定された遅延を追加します。この遅延は、ネットワークの遅延やラグをシミュレートするために使用されます。

まとめ

  • latency: TBF などのキューイングディシプリンにおいて、バッファ内での最大滞留時間を指定します。パケットの滞留時間が指定された latency を超えると、そのパケットはドロップされる可能性があります。バッファ内の滞留時間であり、ネットワーク全体の遅延を反映するものではありません。
  • delay: netem などで使用され、パケットに対して指定された遅延を直接追加します。ネットワーク全体の遅延やラグをシミュレートするために使用されます。

以上

 

2024,江端さんの忘備録

私は、今もリモートワークを続けていまして、慢性的を越えて、究極的な運動不足です。

I continue to work remotely and am beyond chronic; instead, I'm the ultimate exercise weaker.

日々の運動は、鉄棒を使った懸垂(頭を天井にタッチさせるだけの懸垂)30回と、

The only daily exercise I do is 30 pull-ups with iron bars (pull-ups where you touch your head to the ceiling),

部屋に鉄棒を作ってみた

器具を使った腹筋40回のみです(足を支えてくれる人がいないから)。

And 40 sit-ups with equipment (because I have no one to support my legs).

総計運動時間、3分間未満です。

Total exercise time: less than 3 minutes.

―― 1秒でも「つらい」と感じる運動は続けられない

"Exercise that feels ‘hard’ for even one second cannot be continued."

という私の信念に基づき、1日3分以内の運動しかやっていません。

Based on my belief, I only do less than three minutes of exercise a day.

-----

現在、私に、決定的に欠けているのは「ウォーキング」です。

At present, what I am lacking is ‘walking’.

しかし、これは時間がかかる上に、この夏(酷暑というレベルを越えている)の日中であれは『命に関わる行為』と言えます。

However, this is time-consuming, and during the daytime this summer (beyond the level of extreme heat), it is a ‘life-threatening act.’

これは「つらい」です。即、却下です。

Walking is ‘hard’. So, I dismissed it immediately.

とすれば、選択肢は、室内でできる「ウォーキング」となります。

Then, I can select the option of indoor walking.

てっとり早いのは、「踏み台昇降運動」です。

A quick and easy way is to do ‘step-up and down exercises.’

当初、昇降台なんぞ、サクっと自分で作ってやろうと思ったのですが、これ、『私の体重を、毎日支え続けなければならない』と考えたら、素人工作は危険であると判断しました。

At first, I thought I would quickly make the elevating platform myself, but when I thought it would have to support my weight daily, I decided it would be dangerous for an amateur artisan to do it.

自作の昇降台で転倒骨折したら ―― "バカ"としか言いようがありません(この年齢では、"死亡事故"になる可能性すら否定できません)。

If I fall and fracture my bones on a homemade platform - I will be a ‘fool’ myself (at my age, I cannot even rule out the possibility of a ‘fatal accident’).

で、量販品を探したのですが ―― 値段はさておき、置き場に困るものばかりです。

So I looked for mass-market products -- price aside, they are all difficult to install in my room.

そもそも、私の一日は、寝ていた自分のソファーを部屋の外に出すところから始まります。

To begin with, my day starts with taking my sofa out of the room where I slept.

そのくらい、私の部屋にはモノが多いのです(主にコンピュータとディスプレイ)。ましてや、こんなもの置いておく場所はありません。移動させるのも重そうです。

That's how much stuff I have (mainly computers and displays) in my room. And there is no place to keep all this stuff, and it looks heavy to move.

しかたがないので、強化ダンボールでできた軽量の昇降台を購入しました。

I had no choice but to buy a lightweight lifting platform made of reinforced cardboard.

要するに、(1)昇降運動ができるもので、(2)体重を支える強度があり、(3)高低差30cmくらいあり、(4)軽くて、かさばらないもの、というものがあればよかったのです。

In short, it had to be (1) capable of lifting and lowering exercises, (2) strong enough to support weight, (3) with a height difference of about 30 cm, and (4) light and not bulky.

そして、風呂に入っている時に、ある"モノ"に気がつきました。

Then, while I was taking a bath, I noticed a thing.

私は、上記のダンボールをキャンセルして、代わりにこれを購入しました。

I canceled the above cardboard and bought this instead.

盲点でした。これは強度や安全性において、非常に安定しているはずです。なにしろ、浴槽で使うものですから。

It was a blind spot. This should be very stable in terms of strength and safety. After all, it is used in the bathtub.

で、早速、昨日からから、NetFlixでアニメ見ながら、ダラダラと、一日15分を上限に「踏み台昇降運動」やっています。

So, I've been doing ‘step-up and down exercises’ for up to 15 minutes a day while watching anime on NetFlix since yesterday.

大切なのは、「ダラダラ」です。

The important thing is to be lazy.

最終的には「アニメ1回分の視聴時間まで延長する」という予定ですが、「それ以上は延長しない」です。

Ultimately, the plan is to ‘extend the viewing time to one animation,’ but ‘no longer than that.’

ちなみに、この風呂椅子ですが、私には両足がギリギリ全部乗る、という程度で、ちょっと狭い感じがしますが、足裏の半分だけを乗せるイメージで運動すれば、別段問題はありません。

Incidentally, this bath chair is a bit narrow for me, with both feet just barely riding on it, but if you exercise with the image of only half of your soles on it, you will have no other problems.

-----

クーラーの部屋の中でも、15分間の昇降運動で、かなり汗が出ます。

Even in an air-conditioned room, 15 minutes of elevation exercises can tire you.

『"踏み台昇降運動"の後、シャワーで汗を流す』というのをルーチンにできれば、「歩行不足」の問題は、当面解決できるかな、と、考えています。

If I can make it a routine to ‘step up and down’ and then shower to work up a sweat, I can solve the problem of insufficient walking for the time being.

繰り返しになりますが、私にとって、続けるために大切なことは「苦痛ゼロ」「ダラダラ」です。

Again, the crucial things to keep going are ‘zero pain’ and ‘laziness.’

少なくとも、この方針で、懸垂と腹筋だけは、これまで1日も欠かしていません。高々3分間のことですから、十分な余裕を持って終了しています。

At least, with this policy, I have not missed a single day so far, only pull-ups and sit-ups. They last for three minutes at most, so they are completed with plenty of time to spare.

まあ、これで『運動した』と言えるのかどうかは分かりませんが、鉄棒にぶら下がって、体を揺らして、骨がコキコキ鳴るのが聞こえると、なんか『体(の骨)がリセットされた』という気分にはなります。

I don't know if you can say I've ‘exercised’ with this, but when I hang from the bars, shake my body, and hear my bones jiggle, I feel like I've ‘reset my body (bones).’

2024,江端さんの忘備録

先日の「三体」のネタの続きです。

Today's diary continues the story of the ‘Three Bodies’ from the other day.

『「三体」というSFが凄い』という評判を聞いて、以前、図書館から借りて読んだことがあるのですが ―― さっぱり分かりませんでした。

このビデオの一部が、YouTubeにアップされています。

Parts of this video are available on YouTube.

この画像の内容は、現在のコンピュータ(◯非ノイマン型 ×量子コンピュータ)の概念として正しいです。

The content of this image is correct for the current concept of computers (◯ non-Neumannian × quantum computer).

"NANDロジックさえあれば、全てのコンピュータのロジックを作れる" ―― 情報工学の講義で、私が衝撃を受けた事実の一つです。

‘As long as you have NAND logic, you can make all the computer logic’ - one of the facts that struck me in my lectures on information engineering.

この映像より若干ショボい規模(映画では3000万人、私は8人)で、これと同じことを、当時のPC (PC-8001MK2)でプログラミング(かっこよく言えば、8ゲートの仮想コンピュータを作った)のですが、思うように動かなくて、もの凄く苦労したのを覚えています。

On a slightly smaller scale than this film (30 million people in the movie, 8 for me), I programmed the same thing on a PC (PC-8001MK2) at the time (to put it coolly, I created an 8-gate virtual computer). Still, it didn't work as well as I wanted, and I remember having enormous trouble.

難しいかったのは、『クロック(同期)』の設計でした。

The tricky part was designing the ‘clock (synchronization).’

上記の画像には"クロック"の概念が入っていないようです。

The above image does not seem to contain the concept of a ‘clock.’

私なら、"太鼓の音"とかの場面を一つ加えるだろうな、とか思いました ―― が、そうすると映画のテンポが悪くなるだろうな、とは思います。

I would have added one scene with ‘drumming’ or something, but that would have slowed down the film.

細かいことを言えば、レジスタやら、CPUやら、メモリやら、いろいろ出てくるのですが、言い出したらきりがありません。

If you want to go into detail, registers, CPU, memory, and many other things come into play, but there is no end to what can be said.

-----

このような、大量の人間を使った計算方法は、コンピュータが登場する前(100年以上も前)に、ルイス・フライ・リチャードソン(Lewis Fry Richardson)によって提唱されていました。

Lewis Fry Richardson proposed this method of computing with large numbers of humans before computers came along (more than 100 years ago).

「64,000人の計算者を巨大なホールに集めて指揮者の元で整然と計算を行えば実際の天候の変化と同じくらいの速さで予報が行える」―― 「リチャードソンの夢」と呼ばれるもので、この原理は、現在も、コンピュータシミュレーションの主流です。重力、磁力、磁力、水流や航空力学では、避けて通れない計算手法です。

The principle of ‘Richardson's dream’ - that ‘if you put 64,000 calculators in a huge hall and run them in an orderly fashion under a conductor, you can forecast as fast as the weather changes in real life’ - is the principle behind computer mainstream simulation. It is an unavoidable computational method in gravity, magnetics, magnetic forces, water currents, and aerodynamics.

私も、この原理を使って、人間の行動変容のシミュレーションをやっています(もちろん、コンピュータで、です。人力は使っていません)。

I also use this principle to simulate human behavior change (on a computer, of course. I do not use human power).

-----

私ごときの一般人が、コンピュータのリソース(計算能力)を潤沢に使える時代に生まれてよかったなぁ、としみじみと実感しております。

I am deeply aware that I am lucky to have been born in an age when ordinary people like me can use abundant computer resources (computing power).

『「初音ミク」の映像や音声を作り出すコンピュータリソースは、私が在学していた当時の大学にあった大型計算機センターの全能力を軽く越えているでしょう。(「笑う人工知能 ~あなたは記事に踊らされている~」 より抜粋)』

The computer resources to produce the images and sounds of ‘Hatsune Miku’ would quickly exceed the total capacity of the enormous computing center at the university where I was studying. (Extract from ‘ Laughing Artificial Intelligence - You are dancing to the tune of the article )

『その不倫相手が、"ひ弱い感じの男性"か、"マッチョな感じの男性"かで、知識を変えるべき』

2024,江端さんの忘備録

昨日、元米国大統領で、現米国大統領の候補者である人物の、暗殺狙撃未遂事件のニュースを見ていた時のことです。

Yesterday, my wife and I were watching a news report on the attempted assassination shooting of a former US President and current US Presidential candidate.

だまって2週間も待っていれば、暗殺未遂事件の全体像が見えてくるんだから、今、慌てて根拠のない推測を垂れ流す必要はない

嫁さんに、「ライフルの射程距離ってどのくらいなの?」と聞かれて、私は頭の中を検索しました。

My wife asked me, "What is the rifle range?" and I searched my mind.

私が覚えていたのは、高村薫さんの「神の火」に出てくる、主人公の射撃練習の場面でした。

I remembered a scene from Kaoru Takamura's God's Fire where the protagonist is practicing shooting.

私:「たしか、1000メートルくらいだったかと思う」

Me: "I think it was a thousand metres or something."

嫁さん:「今回の犯人、"しろうと"なの? (今回の暗殺未遂事件は、射程距離150メートル)」

Wife: "Is the shooter this time an 'Amature'?" (This assassination attempt has a range of 150 meters.)"

私:「そういうことになるのかな? 知らんけど」

Me: "Is that what it's supposed to be? I don't know."

-----

調べてみました。

I looked into rifles.

ライフルって、色々種類あるんですね。

There are many different types of rifles.

■小口径ライフル : 有効射程距離: 約100メートル 最大射程距離: 約1.5キロメートル
■アサルトライフル : 有効射程距離: 約300-600メートル 最大射程距離: 約3キロメートル
■バトルライフル : 有効射程距離: 約600-800メートル 最大射程距離: 約3.5キロメートル
■狙撃ライフル:有効射程距離: 約800-1,500メートル 最大射程距離: 約4-5キロメートル
■大型狙撃ライフル: 有効射程距離: 約1,500-2,000メートル 最大射程距離: 約6キロメートル

- Small-calibre rifles: effective range: approx. 100 m. Maximum range: approx. 1.5 km.
- Assault rifles: effective range: approx. 300-600 m, maximum range: approx. 3 kilometres
- Battle rifles: effective range: approx. 600-800 m. Maximum range: approx. 3.5 km.
- Sniper rifles: effective range: approx. 800-1,500 m. Maximum range: approx. 4-5 km.
- Large sniper rifles: Effective range: approx. 1,500-2,000 m Maximum range: approx. 6 km

私は、ミリオタ(ミリタリーオタク)ではないので、このようなことに疎いのは仕方がないとは思います。

I am not a milliota (military geek), so I don't think it's a good thing that I am not familiar with these things.

ゴルゴ13などで、ライフルの違いについて言及するストーリー(というか、戦車とかミサイルとか、その他のことについても)を、作って貰えると助かるんだけどなぁ、と思っています。

"I think it would be helpful if you could make a story, such as Golgo 13, that mentions the difference between rifles (tanks, missiles, and other things).

-----

以前、「マージナル・オペレーション」を読んでいるとき、地対空ミサイル1発の値段が、2000万円と聞いて、ビックリしました。(これでも、もっとも安いミサイルのようです)。

When I read "Marginal Operations" earlier, I was surprised to hear that the price of one surface-to-air missile is 20 million yen. (This still seems to be the cheapest missile available).

「マージナルオペレーション」の芝村裕吏さんの「富士学校まめたん研究分室」は、日本の全ての研究員必読の書です。

我が家の、現在の不動産価値は、地対空ミサイル2発以下です。

Our home's current property value is less than two surface-to-air missiles.

兵器というものは、とんでもなくコストがかかるものだなぁ、と実感しました。

I realized that weapons are incredibly costly.

戦争映画の上演中に、テロップで兵器コストの総計をリアルタイムで表示してみたらどうなるだろうか、と思いました ―― 映画が白けて、楽しめなくなること、必至です。

I wondered what would happen if, during a war film, a ticker showed the total cost of weapons in real time -- it would make the movie bland and unenjoyable, inevitable.

2024,江端さんの忘備録

日本では「政治と金の問題」が問題となっていますが、米国では「政治は金」です。

In Japan, the issue is 'politics and money,' whereas in the US, 'politics is money.'

「拝金主義」というと聞こえは悪いですが、米国では「"金を持っている" = "努力した or 自分の才能を活用した" = "権力があるのは当然"」という考え方が、かなり寛容に受け入れらています。

Although "usury" sounds terrible, the idea that "having money" = "working hard or using your talents" = "deserving to have power" is relatively tolerated in the USA.

米国では「"いままで努力してきたからお金を持っている" → "お金があるから権力がある" → "強力な弁護団を結成する" → "無罪を勝ち取る"」 というプロセスが、普通に受け入れられています。

In the USA, the process of "I have money because I have worked hard so far" → "I have power because I have money" → "I form a strong defense team" → "I win acquittal" is usually accepted.

「"貧乏でも真面目に生きている" → "民意と行政システムは弱者に対しても公平に機能する" → "正義が勝つ" → "無罪を勝ちとる"」という、日本人の価値観とはかなり違います。

This fact is quite different from the Japanese value system of "poor but serious" → "the will of the people and the administrative system work fairly for the weak" → "justice prevails" → "we can get the innocent."

正義とは、「あるもの」ではなく「奪い取るもの」という点において決定的に違う。

Justice is crucially different in that it is not "something as is," that is, but "something that we have to go to get."

「努力はプロセスに過ぎず、アウトプットに価値がある」という米国的価値観と、「努力自体にも価値がある」という日本的価値観の違いです。

There is a difference between the American value system, in which "effort is only a process and the output is valuable", and the Japanese value system, in which "effort itself is also valuable".

あえて大袈裟に書いてみましたが、そういう傾向にあるのは間違いありません。これは「良い悪い」の話ではないのです。

I dare to exaggerate, but there is no doubt that this is just the trend, which is not about 'good or bad.'

そういう意味において、米国における政治とは、(成果であれ、なんであれ)アピールするパフォーマンスこそが重要であって、それは、米国大統領選挙などを見ていると、よく分かります。

In this sense, politics in the US is about appealing performances (be they achievements), as seen in the US presidential election and other elections.

-----

米国大統領選挙が、世界に影響を与えています。この事実は、しばしば、私を不愉快な気分にさせますが、「お金を持っている国が強い」というのは基本的に筋が通っています。「正義が強い」のではなく、「お金が強い」のです。

The US presidential election is affecting the world. This fact often makes me uncomfortable, but it makes sense that 'the country with the money is strong.' Not "justice is strong," but "money is strong."

昨日、元米国大統領で、現米国大統領の候補者である人物の、暗殺狙撃未遂事件がありました。

Yesterday, there was an assassination sniper attempt on a former US President and current US Presidential candidate.

これについても色々書こうかとも思ったのですが、『だまって2週間も待っていれば、暗殺未遂事件の全体像が見えてくるんだから、今、慌てて根拠のない推測を垂れ流す必要はない』と思い、差し控えております。

I considered writing extensively about this, but I refrained because I thought, 'If I just sit back and wait for two weeks, I'll get the whole picture, so there's no need to rush into unfounded speculation now.'

特に、私は、記録がバッチリ残るブログの書き手ですので、トンチンカンな推測をして、後で嘲笑されるのは、ゴメンですから。

Especially as I am a well-documented blogger, I don't want to be ridiculed later for making a wild guess.

まあ、そのような場合、後で記事を消せば良いのですが、それをしないのは、私の矜持 ―― いや、そんなカッコイイものではなく、単なる「こだわり」です。

In such a case, I could delete the article later, but I'm proud that I don't do that - no, it's not that cool; it's just an "obsession."

『黒歴史で傷を舐め合う』という、私の世界への貢献を開始したいと思います。

 

2024,江端さんの忘備録

『「三体」というSFが凄い』という評判を聞いて、以前、図書館から借りて読んだことがあるのですが ―― さっぱり分かりませんでした。

I had heard that the science fiction book " Three Bodies " had an excellent reputation, so I borrowed it from the library and read it before - but I had no idea what it was about.

先ず原則として、私は、読解力が弱いという事実があります。『読書量と読解力が比例しないという事実』の典型的なサンプルである、という自覚があります。

As a first principle, I am aware of the fact that my reading comprehension is weak. I am also mindful that I am a typical sample of 'the fact that the amount of reading is not proportional to reading comprehension.'

次に、海外の翻訳本の読解力は、さらに弱いです。大きな要素の一つに、「人名が頭に入ってこない」という決定的な弱点があります。

Secondly, my reading comprehension of foreign-translated books is even weaker. One of the significant factors is a critical weakness: the names of people do not enter the mind.

例えば、ヴェラ・クレイソーン(Vera Claythorne)、フィリップ・ロンバード(Philip Lombard)(クリスティの「そして誰もいなくなった」)など、名称が人物と一致せず、何度も読み直さなければなりませんでした。これは結構な苦痛です。

Names did not match people, for example, Vera Claythorne and Philip Lombard (Christie's "And Then There Were None"), and had to be re-read many times. It was "quite a pain".

そして、「三体」に登場する、葉文潔(イエ・ウェンジエ)、汪淼(ワン・ミャオ)、羅輯(ルオ・ジー)に至っては、完全に人物を識別できず、『この人、中国人』くらいのイメージしかできませんでした。

And when it came to Ye Wenjie, Wang Miao, and Luo Jie in The Three Bodies, I could not fully identify the characters and could only picture them as 'they are Chinese.'

ただ、この「三体」が、多くの人から『凄い』といわれる、イメージだけは伝わってきました。

However, I could only get an image of these 'three bodies' being called 'awesome' by many people.

物理学や天文学に基づいた理論が重視され、特に物理学における「三体問題」(三体の天体の運動を予測する問題)について、恥しながら、私、全く知りませんでした。

The author emphasizes theories based on physics and astronomy. In particular, I am ashamed to say that I knew nothing about the 'three-body problem' (the problem of predicting the motion of three celestial bodies) in physics.

文明の存続、宇宙における生命の意義、技術と倫理などの深遠な哲学的テーマが取り扱われて、数十年から数百万年に渡る時間軸で展開される壮大なスケール ―― ということは、理解できましたが、それだけです。

I could understand that profound philosophical themes such as the survival of civilization, the significance of life in the universe, technology, and ethics are dealt with on a grand scale, unfolding over decades to millions of years—but that's all.

"読んでいて、楽しくなく、むしろ苦痛" ―― 判っています。この問題は、100%私の読解力というリテラシーに依拠します。私には、作品を批判できる資格すらないのです。

"I don't enjoy reading it, it's rather painful" - I know. This problem relies 100% on my reading literacy. I am not even qualified to criticize the work.

------

今、NetFlixオリジナルで「三体」をやっています。

The NetFlix original Three Bodies is now showing.

この映像化で、ようやく私は、このSFの全体像が把握できました。

I finally have a fuller picture of this science fiction with this film adaptation.

なるほど、これは『凄い』。世界が賞賛するSFであることを理解しました。

Well, this is 'great'. I understand that this is science fiction that the world admires.

映像化によって登場人物が特定されるだけで、こんなにも分かりやすくなるとは驚きです。

It is surprising how easy it is to understand the characters simply by identifying them through visualization.

読解力の低い人間が、難しいコンテンツを理解する方法として、視覚化はもっとも有効な手段だなぁ、と、しみじみと実感しております。

Visualization is the most effective way for people with low reading comprehension skills to understand complex content.

という訳で、私と同様に『「三体」挫折組』の方は、「三体」を見るためだけに、一月だけNetFlixに課金してみる、というのはいかがでしょうか。一番安いメニュー(広告つき)で十分です。

So, if you are a 'Three Bodies' failure like me, why not try paying for NetFlix for a month just to watch 'Three Bodies'? The cheapest menu (with ads) is enough.

私、映像にも本当に感動しています ―― 正直、"NetFlix映画館"なるものができたら、そっちに出かけても良い、と思えるくらい、高品質なコンテンツです。

I'm also really impressed with the visuals - honestly, the content is of such high quality that if there were a "NetFlix cinema," I'd be happy to go there.

まあ、このNetFlixのコンテンツも、原作改変問題で、各種の批判もあるようですが、『私が原作を理解できない低レベルな読者であった』ことが、今回はラッキーに働きました。

Some people also criticize this NetFlix content due to the issue of altering the original story. Still, I was lucky this time that I 'was a low-level reader who didn't understand the original story.'

------

第一話の冒頭で登場する、中国の文革(文化大革命)の映像は、私がこれまで色々見聞きしてきた「文革」を、もっとも忠実に再現しています。

The images of the Chinese Cultural Revolution that appear at the beginning of the first episode are the most faithful recreations of the 'Cultural Revolution' that I have seen and heard so much about.

これ中国本土で、放映できているのか(検閲かかっていないのか)、と心配になるレベルです。

I wonder if this is being broadcast (or censored) in mainland China.

ご視聴をお勧めします。

I recommend that you watch it.

-----

今調べたら、別の「三体」のコンテンツがAmazon Primeでも出ていました。

I have just checked and found that another 'three bodies' of content is also available on Amazon Prime.

色々と、私は調査不足です。

In many ways, I am under-researched.

ニュートリノ「光より速い」は誤り?