2020/08,江端さんの忘備録

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, new my column is released, so I take a day off.

踊るバズワード ~Behind the Buzzword(5)量子コンピュータ(5):

量子もつれ ~アインシュタインも「不気味」と言い放った怪現象

Dancing Buzzword-Behind the Buzzword (5) Quantum Computer (5)

Quantum entanglement – the phenomenon that even Einstein called “uncanny"

—–

『量子の振舞いの不気味さに比べたら、幽霊とかお化けなどの怪談の怖さなんぞ、お話になりません(本当)』

Compared to the creepiness of quantum behavior, there’s nothing in the horror of ghosts and the stories (really).

については、今回全部書いてしまったので ―― もう、このネタついては、もうこれ以上記載することがありません。

ただ気になっているのは、今回の「量子もつれ」の調査で、私のように、「分からん!」「不可解!」とか叫んでいる文献とか論文とかを、まったく見つけられなかったことです。

There are just things I’m curious about. In this “Quantum Tangle" survey, I couldn’t find any literature or papers that shouted “I don’t know!" “Mysterious!" like my column.

さらっと、『このような現象を"量子もつれ"という』というフレーズがあっただけで、そこには、この現象に対する本質的なリアクション

After all, there was only the phrase “a phenomenon like this is called “entanglement"", and there is no essential reaction to this phenomenon. It is an

―― 驚愕

“Astonishment"

が、ないのです。

学術論文の記載であっても、

Even the description of an academic paper,

『現時点で、この「量子もつれ」という「量子の非局所性」は、観測をベースとする古典力学の観点からは『非常識』としか思えないような物理現象である』

“At present, this “non-locality of quantum" called “quantum entanglement" is a physical phenomenon that can only be considered as “insane" from the viewpoint of classical mechanics based on observations."

の一文があっても良いと思うのです。

I wanted to read the above phrase.

論文や著書の執筆者は、自分が驚いたり、狼狽(うろた)えたりしていることを、「かっこ悪い」とでも思っているかのようです。

It’s as if the authors of papers and books think it’s “uncool" to be surprised or dismayed.

—–

私は、

I believe that

■科学という学問の本質は、「感情(驚愕や畏怖)」にあり、

“The essence of the science is “feelings (startle or awe)""

■工学という学問の本質は、「失敗と繰返し」にある

“The essence of engineering is “failure and repetition"

と信じています。

故に、私は自分の素直な感情をコラムで吐露(とろ)し、失敗した事例(プログラム等)をブログにアップロードして、世界に晒しています。

Therefore, I show my honest feelings in the column, upload the failed cases (programs, etc.) to the blog, and expose them to the world.

それらは、科学や工学の進歩に絶対的に必要なことだ、と確信しているからです。

I am convinced that they are absolutely necessary for the advancement of science and engineering.

—–

“ちんけ"な成功例(実験条件を限定した、都合の良い設定でのコンピュータシミュレーションなど)で、論文を量産する研究員やエンジニアなんぞより、

In a “cheap" success example (computer simulation in a convenient setting with limited experimental conditions, etc.), the researchers and engineers who mass-produce papers,

誤解に基づくコラムや、膨大な失敗例を、臆面もなく量産し公開し続けている私の方が、よっぽど「役に立っている」と思っています。

I think I’m much more “helpful" than them even if I keep mass-producin and publishing columns based on misconceptions and a lot of failures.

—–

もちろん、偉大な発見や発明をした人/する人の「役の立ち方」には、遠く及びませんが ――

Of course, it’s not far from the “helpfulness" of the person who made/will make the great discoveries and inventions.

それでも、"ちんけ"な研究員&エンジニアには、"ちんけ"なりの人類への貢献方法があるんですよ。

However, “cheap" researchers and engineers have “cheap" ways to contribute to humanity.

“ちんけ"な奴が、もっとも偉大な発見や発明をする人の振舞いを「まね」したところで、何の役にも立ちはしません。

The “cheap" guy does nothing to imitate the behavior of the greatest discoverer or inventor.

—–

“ちんけ"な研究員&エンジニアは、『一生、見苦しく生きて行く』でいいんです ――

“Cheap" researchers and engineers are good at “living unsightly for the rest of their lives".

世界中の誰もが認めなくても、この私だけは、その生き方、認めます。

Even if no one in the world understand it, I can accept you.

2020/08,江端さんの忘備録

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

私たちは、高校数学で「虚数」やら「虚数空間(複素平面)」という考え方を学びます。

We learn the concept of “imaginary numbers" and “imaginary spaces (complex planes)" in high school mathematics.

「虚数」という名称を付けられてはいますが、虚数空間は、現実空間からは死角に入っている(直交している)だけで、ガッツリと存在している空間(直交空間)です。

Despite the name “imaginary", imaginary space is a space that exists in reality (orthogonal space), but is only in a dead angle (orthogonal) from real space.

リアル充実、いわゆる「リア充」という既存の価値観に対して、

As opposed to “Really fulfillment", so-called “RE-life"

「レンタル彼女/彼氏」は、直交空間における新しい価値観、

the “rent-a-girlfriend/boyfriend" is a new value in the orthogonal space,

―― イマージナリ充実、略して「イマ充」

“Imaginary fulfilling", or so-called “IM-life"

として認識されるべきでしょう。

We should recognize it.

もう一歩前進して考えてみれば、「愛」というものそのものが、「リア充」軸と「イマ充」軸からなる平面上での周期運動するベクトルのようなものです。

If you take it one step further, “love" itself is like a vector in cyclic motion on a plane consisting of a “RE-life" axis and an “IM-life" axis.

—–

「リア充」軸上で停滞しているベクトルの一例では、「バカップル」があります。

In an example of a vector that is stagnant on the “RE-life" axis, there are “love birds".

停滞しているベクトルには運動エネルギーがないので、当然のことながら、「バカップル」は、そのライフタイムは恐しく短いです。

Unsurprisingly, “love birds" have a frighteningly short life-time, since stagnant vectors have no kinetic energy.

逆に、「イマ充」軸上で停滞しているベクトルの一例が「レンタル彼女/彼氏」になるのでしょう。

On the other hand, in an example of a vector that is stagnant on the “IM-life" axis, it would be a “rent-a-girlfriend/boyfriend.

このベクトルも運動していませんので、エネルギー(現金)の供給が無くなった時点で消滅する、という点では同じです。

This vector is also not in motion, so it is the same in that it disappears when the supply of energy (cash) is no longer available.

逆に言えば、エネルギー(現金)の供給が続く限りは、存続できるのです。

Conversely, as long as the supply of energy (cash) continues, it can survive.

—–

『「愛」を維持する為のエネルギーが「愛自身」しかない』というのは狭量で短絡的な上、ズルい考え方です。

It is a narrow, short-sighted and unfair way of thinking to say that “the only energy available to maintain love is love itself".

私達は、「愛」の代替エネルギーとして、パートナーの

We use our partner’s attributes as an alternative energy for “love", for example,

「理念」「教養」「趣味」「嗜好」、そして「愛想」「外観」「年齢」、更には「学歴」「地位」「収入」等

ideas, culture, hobbies, tastes, and preferences, appearance, age, and even education, status, income, etc.

を活用しています。

この事実を「公に」否定できる人は、一人もいないはずです。

Not a single person should be able to “publicly" deny this fact.

2020/08,江端さんの忘備録

『フィクションにしても、ちょっと(私には)合わないなぁ』と思って、視聴してはいませんが、「恋人をレンタルする」というテーマのアニメがあるようです。

I thought “Even if it’s fictional, it’s not quite (for me)" about an anime about “renting a lover". so I haven’t watched it.

しかし、そのコストや業務形態には興味がありました。

However, I was interested in the costs and business model.

でもって、ちょっと調べてみたら、出るわ出るわ、山程の「レンタル彼女」「レンタル彼氏」の紹介サイト。

But when I did some research, I found a lot of sites that introduce “rental girlfriends" and “rental boyfriends".

正直、ちょっと引いてしまう程でした。

That kind of site was a real turnoff.

—–

しかし、考えてみれば、「レンタル彼女/彼氏」は、普通にビジネスとして成立するはずで、別段、驚くことでもないはずです。

But thinking it again, “rental girlfriend/boyfriend" should be a normal business, and it shouldn’t be a surprise to me.

接待を伴う飲食業の「店舗外バージョン」です。

This is the “out-of-store" version of the restaurant business with entertainment.

「デートできればそれで足る」というニーズに対して、Win-Winのリソース活用(金と時間の交換)とも言えます。

It can be seen as a win-win resource utilization (exchange of money and time) for the needs of “If I can date, it’s good enough".

これは「デートのクラウド化」であり、ITの世界では当たり前の「リソースシェアリング」です。

This is the “cloud of dating" and “resource sharing" that is commonplace in the IT world.

その他のメリットを上げれば、(1)デートのフィールドトライアル、(2)本番デートの前のチェックリストやデバッグ、(3)孤食の回避、(4)服飾系のコンサルタント、等々。

Other benefits include (1) field trials for dates, (2) checklists and debugging before the real date, (3) avoidance of isolation, (4) clothing consultants, etc.

それ以外では、(A)結婚圧力の強い環境(肉親、地域、組織(会社))、(B)同性愛等の無理解な環境、あるいは(C)「一人ぼっちは体裁が悪い」と考えている人にとっては、一種の「擬態」としても有効なのかもしれません

Otherwise, it may be useful as a kind of “mimicry" for people who (a) are in an environment of strong marriage pressure (immediate family, community, organization (company)), (b) are in an environment where there is no understanding of homosexuality, etc., or (c) think that “being alone is bad for their appearance"

―― 知らんけど。

I don’t know them well.

(続く)

(To be continued)

2020/08,江端さんの忘備録

「やはり俺の青春ラブコメは間違っている完」の第8話の視聴後感想になります。

This is my impression after watching episode 8 of “My Youth Romantic Comedy is Wrong,As I Expected — Final"

実は、今回のエピソードが、これまでで、一番私にショックを与えています。

Actually, this episode has shocked me the most, so far.

—–

私、ティーンエイジャの頃、生徒会役員とか、文化祭実行委員などもやっていました。

When I was a teenager, I was a student council member and a member of the school festival committee.

各種の企画を通す為であれば、生徒会会長や、実行委員長の職権を利用して、裏側で色々なことを画策していました。

In order to get the various projects passed, I was planning many things behind the scenes, using the authority of the student council president and the chairman of the executive committee.

企画を通す為に、正規のルートを通さない「根回し」や「裏工作」もしてきたと思います。

I think I’ve done some “diggint route root" and “behind-the-scenes maneuvering" that didn’t go through regular channels if it was to get the project through.

で、まあ、この私の性格(狭量、浅学、卑怯)は、今に至るまで直っていませんが。

And, well, this character of mine (narrow, shallow, and cowardly) has not been fixed to this day.

ちなみに、私の価値観の根幹は「本物」でもなく「正道」でもなく「完了」です ―― が、まあ、その話はいずれまた。

By the way, my core values are not “real" or “righteous" but “complete" — but, well, I’ll talk about that soon.

—–

今回の第8話を視聴して、私が、今、ゾッとしていることは、私の、ティーンエイジャの頃、いい気になってやっていた「根回し」や「裏工作」を、

After watching this episode 8, about “diggint route root" and “behind-the-scenes maneuvering" I had done when I was a teenager,

当時、私を監修している大人たちからは、

At the time, the adults supervising me had

―― 丸見え

“seen them all"

だったのではないか、ということです。

I doubt they had thought

■『あいつ(江端)が何をやっているのか分かっているが、ほっとけば、企画をそこそこのレベルに持ち上げて、完了させるだろう』

“I know what he (Ebata) is doing, but if we leave him alone, he’ll lift the project to that level and get it done."

■『本当に、ヤバくなれば、あいつ(江端)1人を潰せば、企画も潰せる』

“If things get really bad, we can destroy the project if we destroy him alone"

と思われて、

私の「根回し」や「裏工作」は、看過され続けていたのではないか?

Didn’t my “diggint route root" and “behind-the-scenes maneuvering" continue to be overlooked?

私はいい気になって、「完了」できたことに、一人悦に入っていたのではないか?

Didn’t I feel good about it, and I was alone in my euphoria at being able to “complete" it?

今、思い返せば、そういう例もいくつかあったような気がします。

Now that I think about it, I think there were a few examples of that.

—–

私のティーンエイジャとは、

My teenagers may bave been just a

『大人の掌の上で踊らされ続けて、それすら気が付つかなかった"頭の悪い子ども"』

“stupid child who has been dancing on the hands of adults and doesn’t even know it"

に過ぎなかったのかもしれない。

—–

嫌なことに気が付いてしまったなぁ ―― と、番組の視聴後に思いました。

After watching the episode 8, “I just found something I didn’t like".

2020/08,江端さんの忘備録

私は、一人で仕事をするのが好きです。

I like to work alone.

ですから、コラムの執筆は、私の性癖にあっているようです。

So, writing the column seems to be in my nature.

しかし、現在のコラムの執筆に関しては ――

But as for writing the current column,

編集担当者のMさん、量子コンピュータの監修者のTさん、そして、いわゆる「無礼な後輩」の御三方の支援なくしては、成立しません。

It wouldn’t be possible without the support of Ms. M. as the editor, Mr. T as the supervisor of quantum computer, and the three so-called “rude junior".

ところが、Mさんを除いては、無償でご協力頂いている(クレジットの表示もご辞退されています)ので、大変心苦しいと思っています。

However, with the exception of Mr. M., I am very distressed by the fact that they has cooperated with me free of charge (and have declined to show credit).

だから、監修や査読のお願いに対して、締切等を申し上げられない立場です。

So it is hard for me ask them for deadline about supervision and peer review

—–

今回、「無礼な後輩」に対して、3回ほど、立て続けにフォローメールをしたところ、

This time, I sent three follow-up emails in a row to the “rude junior, and the call came back and

開口一番、

His first words are

『江端さん、嫌がらせですか』

“Ebata-san, are you harassing me?"

と、電話がかかってきました。

—–

そんな、ボランティアでご協力頂いている恩人に、事もあろうに『嫌がらせ』なんて、そんな不遜な気持ち ――

I don’t like the idea of “harassment" for a benefactor who has volunteered to help me. Such irreverence is

「半分くらい」

“only the half".

しか、ありません。

2020/08,江端さんの忘備録

最近、睡眠不足気味で、ちょくちょく仮眠を取るようにしています。

Lately, I’ve been sleep-deprived and I’ve been trying to take a nap every so often.

私の体の中にある「乾電池」は、とても性能のよいやつで、

The “dry cell" in my body is a very good performing one.

「10分間の仮眠で、5時間連続稼動」

“I’ll take a 10-minute nap and run for five hours straight"

できます、

これ、一見、良さそうに見えますが、「性(たち)の悪い不眠症の原因」となっています。

This may seem like a good one, but it is the “cause of our bad insomnia".

—–

昨日も、タイマーに「10分間」セットして、横になりました。

Yesterday, I set the timer for “10 minutes" and laid down.

残り8分34秒のところで目が覚めました。

I woke up with 8:34 to go.

2分弱しか仮眠が取れていないのに、その割には、体調がスッキリしています ―― 最近、経験したことがないくらい。

I’ve only been able to take a nap for less than two minutes. However I was feeling better than I’d have experienced in recent years.

変だなーと思って、時計を確認したら、

I thought it was odd, so I checked my watch.

セットしたタイマーの時間は、"10分間"ではなく、"10時間"でした。

The timer was set for “10 hours", not “10 minutes".

2020/08,江端さんの忘備録

先日、「NHKスペシャル 東京リボーン (5)「渋谷 迷宮大改造」」を視聴しました。

I watched NHK Special Tokyo Reborn (5) “Shibuya Labyrinth" the other day.

■5月末の夜。駅の機能を止めることなく、54時間のうちにホームを350メートル移動させ、線路を500メートルにわたって軌道修正する大工事。

– The night at the end of May. Major works to move the platform 350 meters and correct the track for 500 meters in 54 hours without stopping the station’s functioning.

■計画準備に2年間。工事作業員1000人超。

– It took two years to prepare the plan. More than 1,000 construction workers.

■1分1秒を争う時間との闘い。準備を尽くしてもなおも起こる想定外の事態。

– A race against time, with every minute counted. The unexpected continues to happen even after all the preparation.

十何年か前に、私も、似たような案件(「時間」に関してはもっと厳しい条件だったように思う)に関わらせて頂いたことがあり、思わず、そのことを思い出して ――

Some ten years ago, I was involved in a similar case (I think the conditions were more stringent as far as “time" is concerned), and I couldn’t help but think back to it — and,

涙が出そうになりました。

I was almost in tears.

これこそが「ドラマ」と言うのです。

This is what I call “drama".

—–

ちなみに、その時期に、ロンドンに出張していたことがあったのですが、メトロの駅前で、

Incidentally, I was on a business trip to London during that period. In front of the Metro station,

―― 地下鉄、まるまる2週間停止

“Subway shut down for a full two weeks"

という、なんとも豪快な輸送インフラの停止を目の当りにして、『ああ、そういうやり方もあるんだ』と、気がつきました。

When I witnessed the shutdown of the transportation infrastructure in a very dynamic manner, I realized that there was a way to do it.

まさに、「コロンブスの卵」でした。

It was truly a “Columbus’ egg".

—–

渋谷を経由する全ての鉄道(山手線、埼京線、湘南新宿ライン、井の頭線、東横線、田園都市線、銀座線、半蔵門線、副都心線)を、1週間、完全に停止する ――

All railways through Shibuya (Yamanote, Saikyo, Shonan Shinjuku, Inokashira, Toyoko, Denentoshi, Ginza, Hanzomon and Fukutoshin lines) are to be completely shut down for one week.

という集中工事は『難しいだろう』と思います。

The centralized construction of the project “will be difficult".

でも、もし、関東大震災が発生したら、1週間どころか、半年後でも全線開通には至れないでしょう。

But if the Great Kanto Earthquake strikes, we won’t be able to open the entire line in six months, not one week.

都市機能を1週間まるまる止める ―― 今こそ、そういう「豪快な避難訓練」が必要かもしれません。

Stopping the city from functioning for a week — maybe now is the time for such a “bold evacuation drill".

2020/08,江端さんの忘備録

「やはり俺の青春ラブコメは間違っている完」の第7話の視聴後感想になります。

This is my impression after watching episode 7 of “My Youth Romantic Comedy is Wrong,As I Expected — Final"

「意識高い系」という言葉があります。

There’s a word for “self-aware".

やたら会話の中に、横文字を使ったりする人を揶揄する言葉のようです。

It seems to be a term of ridicule for people who use English-words in conversation.

で、その「意識高い系」の言葉を、ちょっと調べてみたんですが、

So, I did some research on that word “self-aware".

アサイン、エビデンス、コミットメント、ジャストアイディア、ゼロベース、サマリー、タイト、デフォルト、フィックス、プライオリティ・・・

Assign, Evidence, Commitment, Just Ideas, Zero-Based, Summary, Tight, Default, Fix, Priority…

うーん、これらの使用を禁止されると、色々困ります。

Hmmm, if I am banned from using these, I am in a lot of trouble.

特に、特許ブレスト(これも、特許アイデア検討会、と言うべきか)が、できなくなります。

In particular, I will not be able to have a patent brainstorming session (or should I say, a patent idea review session).

しかし、これらの言葉を使うことで、不愉快に感じる人もいるだろうとも思います。

However, I also think some people may find the use of these words offensive.

「用語の勘違い」という問題あります。例えば、以前、「アバター」のことを、「痘痕(あばた)」と勘違いされて、怒られたこともありました。

There’s a problem of “misunderstanding of terms". For example, I once got angry when someone mistook “avatar" for “pockmark".

まあ、これらの用語はTPOに合わせて、使い分けることが大切なのだと思います。

Well, I think it’s important to use these terms in accordance with the TPO.

—-

私としては、むしろ、

As for me, I’d rather exterminate people

「AI系」: デジタルサービスを、なんでもかんでも、"AI"と言ってしまう奴

“who use the term “AI" to refer to all kinds of digital services"

を絶滅させたい。

『それって、"AI"で動いているから・・』

“It’s powered by an AI.so.."

『待った。その"AI"ってどの技術のこと? 機械学習? ニューラルネットワーク? 統計解析? それとも、それ以外?』

“Wait. What technology is this “AI" you’re talking about? Machine learning? A neural network? Statistical analysis? Or else?"

などと言えば、嫌われるだろうなぁ。もう手遅れだろうけど。

If I say something like that, everyone will hate me. It will be too late, though.

—–

『"政治"が悪いんだよ!』

“Bad politics!"

『待った。その"政治"ってどの分野のこと? 財政? 福祉? 軍事? 外交? 教育? それとも対象かな。与党? 野党? それとも省庁のことかな。そうだとしたら、その省ってどれ?』

“Wait. What field is this “politics" in? Finances? Welfare? Military? Diplomacy? Education? Or is it the target. The ruling party? Opposition? Or maybe it’s the ministry. And if so, which one is that ministry?"

うん、私も、こういうこと言う奴、嫌いだ。

Yeah, I don’t like people who say these things either.

2020/08,江端さんの忘備録

2020年8月22日の10:41ごろに、私のコラムをご愛読頂いている方から、質問のメールを頂きました。

On August 22, 2020, at about 10:41 a.m., I received an email from a reader of my column with a question.

私も直ぐに答えられなかったので、ここ1~2日、ちゃんと考えた上で、ブログでお返事することにしました。

I couldn’t answer right away either, so I’ve been thinking about it for a day or two and decided to respond to him on my blog.

=====================

(Q1)江端さんのコラムの分野は、多岐に渡っていますが、どのように情報収集をされていますか?

(Q1) Your columns cover a wide range of subjects. How do you gather information?

=====================

私は、定期的な情報収集はやっていません。

I don’t do regular information gathering.

コラムは基本的には1月に1回リリースとなりますので、この一月の間で、狂ったように、コラムに関連する情報収集をやっています。

The column will basically be released once a month in January, so I’ve been doing a crazy amount of information gathering over the past month.

——

インターネットの検索エンジンを使えば、そこそこの情報は手に入りますが、ニュースや個人のブログよりは、"Google Scholar(論文検索)"を頻用しています。

I can get a lot of information by using Internet search engines. and I use “Google Scholar" (paper search) more frequently than news and personal blogs.

良質のデータ、理路整然としたロジック、非凡な問題への着眼点という点では、論文は、頭2つ分くらいは抜けている感じがします。

In terms of good quality data, methodical logic, and a focus on extraordinary problems, papers are outstanding.

とは言え、論文の文章は難解なので「ななめ読み」を心掛けています。

Nevertheless, I try to “lickety-split" because the text of the paper is difficult to understand.

詳しくは、こちらの方法が参考なると思います。

For more information, this is how you can help.

—–

論文以外では、やはり書籍(本)です。

Other than papers, it’s still books.

お金がないので、市営図書館の予約システムを使って本を借りまくっています。

Since I don’t have the money, I use the city library’s reservation system to borrow books.

予約が間にあわないと判断すれば、自腹を切って、Amazonで書籍を購入しています。

If I decide that I can’t make it in time with a reservation, I pay my own way and buy the book on Amazon.

最近は電子書籍が便利だと感じています。

I’ve found ebooks to be very useful these days.

電子書籍は、PCのディスプレイで本を読みながら、原稿が書けるので、大変重宝しています(ですので、私の部屋では、4台のPCディスプレイ常に起動状態です)

E-books are very useful because I can write a manuscript while reading a book on my PC display (so in my room, I have four PC displays running at all times).

しかし、専門書は値段が高いので、頭痛の種でもあります。

However, specialty books are expensive, and that’s a headache.

—–

最近の私が頻用しているのは、YouTubeです。

One thing I use frequently these days is YouTube.

「量子コンピュータ」や「量子論」に関するYouTubeのコンテンツは秀逸です。

The YouTube content on “quantum computers" and “quantum theory" is excellent.

大学の先生や、予備校の講師によるYouTubeの講義は、映像と併わせて説明をして貰える上に、分からないところでは止めることができ、何度も繰返して視聴できる点が、大変素晴しいです。

The lectures on YouTube, given by university professors and lecturers from prep schools, are excellent because the lectures are explained along with videos, I can stop and watch them over and over again if I cannot understand something,.

一般的に、分かりやすいコンテンツは、視聴者数が多いですので、視聴の前に、コンテンツの品質を評価できる点も良いです。

In general, content that is easy to understand has a larger audience, so it’s good to be able to assess the quality of the content before I watch it.

—–

その他としては、漫画コミックは、社会、行政、医療、福祉、障がい、法律、LBGT、科学技術など、情報の宝庫です。

Otherwise, comic books are a treasure trove of information on social, government, medical, welfare, handicap, law, LBGT, science and technology, and more.

また、ハードSF小説などは、先端技術のてんこ盛りです。

Also, hard science fiction novels, for example, are a pile of advanced technology.

—–

あと、「メールで連絡して頂いた方から、直接教えて頂く」ことや、「有識者の方のお宅まで行く」こともあります。

Also, I have “people who contacted us by email to tell him/her directly" and sometimes I go to the homes of experts.

これまで、LGBTの方から直接色々教えて頂きましたし、医療や法律や技術やコンテンツの創作者の方にインタビューに参上したこともあります。

I’ve learned a lot of things directly from LGBT people, and I’ve attended interviews about medicine, law, technology and content creators .

インタビューの前に『御礼はお支払いできないですけど、いいですか』と伺うのですが、これを理由に断わられたことは、今のところありません。

I ask before the interview, “I am sorry but I can’t pay you for your help", however I’ve never been rejected by this reason.

—–

これは情報収集ではありませんが、「コンピュータプログラミング & シミュレーション」は、私にとって、最強の味方でありますが、同時に、最悪の敵でもあります。

This isn’t information gathering, but “Computer Programming & Simulation" is my strongest ally, but also my worst enemy.

このシミュレーションの結果によって、却下を余儀なくされた私の仮説には、枚挙にいとまがありません。

A number of my hypotheses have been rejected by the results of this simulation.

==========

Q2:定期的に購読している雑誌やサイト、新聞はありますか?

Q2: Are there any magazines, websites or newspapers that you regularly subscribe to?

==========

私は、定期購読はしていません。

I do not have a subscription.

私が必要としている時に、必要な情報が入手できるわけではありませんし、必要な時にバックナンバーを入手すれば良いからです(ただし、バックナンバー入手できないケースも多いですが)。

I don’t have access to the information when I need them, and I can get back issues when I need them (although in many cases I can’t get back issues).

ただ、定期的にNHKスペシャルは見るようにしています。必要なら、NHKアーカイブスにお金を払って見ています。

However, I try to watch the NHK specials on a regular basis. If I have to, I pay for the NHK archives to watch them.

しかし、NHKスペシャルは、受信料を払っていても、NHKアーカイブズを使っても、過去の全てのコンテンツが見れる訳ではなく、正直、不満はあります。

However, even if I pay a subscription fee or use the NHK archives, I can’t watch all of the past content of the NHK Special. Honestly, I’m not happy with it.

新聞については、嫁さんが、契約用の米やら洗剤や遊園地にチケット欲しさに、定期的に新聞を換えてしまうので、「不定期購読」をしているという状況です。

As for the newspapers, I am in a situation where I have an “irregular subscription" because my wife changes newspapers regularly because she wants rice, detergent and tickets to the amusement park with the contracts.

故に、私は、こういう日記が書けます。

Hence, I can write this diary.

以上です。

That’s all.

—–

当方のコラムをご愛読頂き、誠にありがとうございます。

Thank you for reading my columns.

今後とも、引き続き、ご購読頂けましたら、幸甚と存じます。

I would be grateful if I could continue to subscribe to my works.

江端智一

Best regards,

Tomoichi Ebata.

2020/08,江端さんの忘備録

3年前にリリースした国際学会のカンファペーパーに関して、論文化のオファを受けました。

I received an offer to make a paper on the international conference paper I released three years ago.

調べてみたところ、身元もしっかりしていて、SPAMでも広告詐欺でもないようです。

I looked it up and it appears to be a solid identity and not SPAM or an ad scam.

しかし、一つ疑問なのが、オファされた論文のフィールドです。

One question, however, is the field of the offered paper.

―― 「哲学的取引 (Philosophical Transaction)」

“Philosophical Transaction"

—–

哲学とは、「人生・世界、事物の根源のあり方・原理を、理性によって求めようとする学問、あるいは経験からつくりあげた人生観」であるので、これも「技術」の一態様であるとは思っています。

Philosophy is, “the study of life, the world, and the principles of the origin of things, or a view of life created from experience", so I believe this is another form of “technology".

ですので、私は、哲学に高尚なイメージは持っていませんが、この件については、凄い違和感を感じています。

So I don’t have a lofty image of philosophy, but I do feel a terrific sense of discomfort about this offer.

まあ、最近の私の研究「人間の不満(怒り)を数値化して、システム運用に取り込む」という独自アプローチは、「哲学の分野」と言えなくはないのかもしれません。

Well, my recent work on my original approach to “quantifying human dissatisfaction (anger) and incorporating it into system operations" may be a “field of philosophy".

—–

ともあれ、意外なところからの、意外なオファでした。

Anyway, it was an unexpected offer, from an unexpected office.

『なかなか面白いイベントが飛んできたなぁ』と、ちょっと笑いました。

“That’s quite an interesting event to fly in"

I was laughing a bit.