私は、「自分の意志で目指す成功」であるならともかく、「他人の目に映る成功」なんぞの為に、自分が振り回されることなど、ゴメンです。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

江端:「まあ、それはさておき、『一旗』って何だ?」

Ebata: “Well, aside from that, what’s a 'the flag’ ?"

嫁さん:「『故郷に錦を飾る』とも言うね」

Wife: “It’s also called 'return to their hometown in glory'"

江端:「『一旗』から想起されるイメージって、ミュージシャン、アイドル、役者、くらいしか思い付かないんだけど」

Ebata: “The only images that 'the flag’ reminds me of are musicians, idols and actors"

嫁さん「あるいは、政治家とか野球選手・・・いずれにしても、この程度が私達のイメージが限界かな」

Wife: “Or a politician or a baseball player… Anyway, I guess this is the limit of our image.

江端:「自分の望みのことが達成できれば、それは、『一旗上がった』ということにならないのかな? 自分なりの目標に対して、それを達成すれば、足るというような」

Ebata: “If they can achieve what they want, is that 'they could raise the flag’ ? I suppose it’s good enough for my own goals, if I achieve them."

嫁さん「・・・いや、それはちょっと違うかな」

Wife:"…no, that’s not enough.

江端:「?」

Ebata:"?"

嫁さん:「『故郷に錦を飾る』と合わせて考えれば、それは、第三者にとって ―― 特に出身地の ―― 多くの人間が、共通して、"成功"と認識できる何かでなければ、成立しない」

Wife: “If they use the phrase of “return to their hometown in glory", the flag should be something that could be perceived as a “success." for many people, especially in their hometown."

江端:「・・・多くの人が共通して価値のあると認められるもの ―― つまり"金"か」

Ebata: “…what most people consider to be of common value — 'money'"

嫁さん「あるいは、有名になること ―― “名声"も含まれるかな」

Wife: “Or to be famous — I guess that includes 'fame'"

江端:「第三者から観測可能な"金"と"名声"というとになると ―― ああ、なるほど、『ミュージシャン』などは、分かりやすい」

Ebata: “When it comes to 'money’ and 'fame’ that can be observed by a third party – ah, I see, 'musicians’ is easy to understand.

嫁さん「そうだねえ。そこに至るプロセスが、努力と能力だけでなく、運も必要であり、加えて"その可能性が恐しく小さい"という要件も必要だね」

Wife: “Yes, you’re right. The process of getting there requires not only effort and ability, but also luck, and in addition, 'the possibility should be terribly small’.

—–

正直、私は、

Honestly, I thought that

―― 面倒くさいな

“It’s troublesome"

と思いました。

私は、「自分の意志で目指す成功」であるならともかく、「他人の目に映る成功」なんぞの為に、自分が振り回されることなど、ゴメンです。

I don’t want to be at the mercy of “success in the eyes of others", but “success of my own volition.

—–

最後にいらんことを書き残します。

Finally, I’ll leave you with something unnecessary.

こういう、他人視点の"一旗"幻想を持っている方は、このページの一読をお勧めします。

If you have an illusion of the flag in the eyes of others, let you read this article.

文字を読むのが面倒であるなら

If you can’t be bothered to read the words, it is O.K. to watch these figures.

この図と、この図と、この図、を見るだけでも、結構です。

参考くらいにはなると思います。

I think it’s at least a reference.

未分類

Posted by ebata