長女:「男子はみんな、ロングヘヤーで大人しい女の子が好きなんでしょう?」

ふと、長女が高校生くらいの時の話を、思い出しました。

Suddenly, I remembered a story from when my oldest daughter was in high school.

-----

長女:「男子はみんな、ロングヘヤーで大人しい女の子が好きなんでしょう?」

Eldest: "All boys like mature girls with long hair, don't they?"

私:「私は、女子はショートヘアーこそが至高と思っているし、四六時中、走り回っているような女の子が好きだったぞ」

Me: "I think short hair is supreme for girls, and I've always liked girls who were running around at all hours of the day!"

長女:「可愛らしくコロコロ笑う娘がいいんでしょう?」

Eldest: "Boys want a girl with a cute little chuckle, don't they?"

私:「自分で会話のネタも出せないような娘は、いっしょにいることが『苦痛』ですらあったが」

Me: "It was even 'painful' to be with a girl who couldn't even come up with her own conversation topics."

長女:「パパが特別なのかもしれない」

Eldest: "Maybe you are just special."

私:「否定はしないが、男の異性に対する好みには、もうちょっと多様性はあると思うぞ」

Me: "I don't deny it, but I think there's a little more diversity in men's preferences for the opposite sex."

------

女子の思い込みの一つに「男は、河原で殴り合いをした後で、大の字になって笑い合う」という思い込みもあるようです。

There is one of the girls' assumptions that some boys laugh at each other after a fistfight on a riverbank.

―― 締切を守らないマンガ家は、いずれ捨てられます。

そんな奴は存在しませんし、もしいたとしても、脳の一部または全部を破損した気の毒な人だと思います。

Such a guy doesn't exist, and if existed, he is a sorry person who has damaged part or all of his brain.

未分類

Posted by ebata