私たちは、”COVID-19″を、一つ残らず、この地球上から抹殺するのです。

2020年5月9日

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, new my column is released, so I take a day off.

世界を「数字」で回してみよう(63) 番外編:

1ミリでいいからコロナに反撃したいエンジニアのための“仮想特効薬”の作り方

Let’s turn over the world by number (63). Extra:

How to make a “virtual silver bullet" for engineers who want to counterattack Corona, even kicking against the pricks

—–

前回のコラムのテーマは、「絶望」と「諦観」でした。

The theme of the previous column was “despair" and “resignation."

現在、各国政府が行っている「封じ込め戦略」は、なかなか出口の見えない闘いです。

Currently, the “containment strategy" that is being implemented by the governments of each country is a battle that we cannot see the exit easily.

見えない敵が暴れ回り、悔しくても、辛くても、できることは「雌伏」だけ。

Invisible enemies rampage, and even if we are frustrated or painful, the only thing we can do is “endure".

このような、専守防衛に徹するだけの闘いは、個人にとっても社会にとっても、大きな不安とストレスになります。

This kind of struggle to dedicate to exclusive defense causes great anxiety and stress for both individuals and society.

経済をたった1日止めるだけでも、簡単に金融不安になりかねない現代社会で、実質2ヶ月以上の停滞が続いています。

In today’s society, even if the economy is stopped for only one day, financial instability can easily occur. However it has been stagnant for more than 2 months.

これで不安にならない人間がいるとすれば、それはもう「人間」ではない何かでしょう。

If there are people who aren’t anxious about this, it’s something that is no longer “human".

—–

比して、今回のコラムのテーマは、「反撃」と「希望」です。

In contrast, the theme of this column is “Counterattack" and “Hope".

専守防衛でなく、具体的な反攻の実施例を提示しました。

We presented specific examples of counterattacks, not dedicated defense.

―― 新型コロナウイスルを、ズタズタに切り裂く"siRNA"の塩基配列は、もう分かっている

“The base sequence of the “siRNA" that cuts the new coronavirus into pieces is already known"

―― やつら(COVID-19)を、殲滅する設計図は、私たちの手の中にある

“The blueprint for destroying them (COVID-19) is in our hands"

これは、私にとって大きな希望です。

This is a great hope for me.

—–

SF作家の故小松左京先生の最高傑作「さよならジュピター」は、

The masterpiece “Bye bye Jupiter" by the late science fiction writer Sakyo Komatsu-sensei, is that

太陽に突進してくるブラックホールに対して、人類の一部が ―― 正確に言うと、宇宙開発に携わる現場のエンジニアが ―― 驚くべきアイデアで対峙する

Part of the human race ――To be precise, the field engineers involved in space development ―― confronts the black hole rushing to the sun with an amazing idea

という、壮大なSF小説です。

a magnificent science fiction novel.

当初、200億人の人類に対して、最大1億人の脱出計画(しかも「とりあえず脱出のみ」という計画)しかなかったところに、あるエンジニアから、「ブラックホールとの闘い方」が提示されます。

At first, there was a plan to escape up to 100 million people to 20 billion human beings (and a plan to “exit only for the time being"), but one engineer presents “how to fight against black holes" .

それによって、現場に活気が戻り、その「闘い」が、人類の最後の切り札となります。

As a result, vitality returns to the field, and the “fight" becomes the last trump card of humankind.

―― 今までは、何しろ、逃げる以外に手の打ちようがなくて、誰と誰がどれだけ逃げ出せるか、誰を逃がして誰が残るかという問題だけだったが、

Until now, I had no choice but to escape, and t was just a problem that “Who and who can escape" and “Who will escape and who will remain"

―― ただ、受け身の立場としで右往左往するだけではなく、あの"黒い怪物"にたとえ一太刀でもきりつける事ができそうだとなったら、またはりきる奴も出てくるだろう

However, as a passive person, going right and left, If we can use a single sword that cut against that “black monster", someone will stand-up again.

―― たとえ無駄でも、"X"野郎に一矢むくい、横っつらの一つでもはりとばしてやれるとなるとな・・・

Even if it’s in vain, if we can get a blow in the “X" bastard, and knock him.

—–

まだ、我々は負けていません。

We haven’t lost yet.

専守防衛だけではない、積極的攻撃の闘いは、これからです。

The battle for aggressive attacks, not just defense, will start now.

「たとえ無駄でも」 ―― ではありません。

“Even if it’s in vain" is NOT

私たちは、"COVID-19″を、一つ残らず、この地球上から抹殺するのです。

We will wipe out all “COVID-19" from this planet.

2020年5月9日2020/05,江端さんの忘備録

Posted by ebata