ですが、見て見ぬふりをしてはいけません ―― 私たちは、相対評価の世の中で生きているんです。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

上記の私の検討に基づけば、

Based on my considerations above,

「自分を、自分の望むような自分として製造してくれなかった、親が嫌い」と同じようにも思えます。

It seems like the same thing as “I hate my parents for not manufacturing me as the person I want to be.

しかし、ネットで調べてみると『自分が嫌い』を、親に転嫁しているようなケースは、あまり見られません。

However, if I look online, I have not found many cases of people shifting the blame of “I hate myself" to their parents.

まあ、そりゃそうです。

Well, that’s true.

その場合は「親が嫌い」と言えば、それで足りるのですから。

In that case, you can say “I hate my parents" and that will be enough.

—–

『自分が嫌い』のロジックは、

The logic behind “I hate myself", to be represented by an inequality.

■ (自分が理想とする自分 – 自分が自認している自分) > (自分の許容できるしきい値)

“My ideal self" – “Self-identified self" > “My acceptable threshold."

しかし、この不等式は「自己目標が高い」とも言える訳で、一概には悪いこととは言えません。

However, this inequality can be described as “high self-goals," which is not generally a bad thing.

ただ、この「自己目標」というのは、自分以外の他人との「比較」で作られていることが多いようです。

However, this “self-goal" is often created by “comparison" with others.

要するに「相対評価」の結果ということです。

In short, it’s the result of a “relative assessment".

「相対評価」を、悪いことのように言う人は多いです。

Many people talk about “relative evaluation" like it’s a bad thing.

ですが、見て見ぬふりをしてはいけません ―― 私たちは、相対評価の世の中で生きているんです。

But we can’t turn a blind eye to it – we live in a world of relative evaluation.

それを「気にするな」とかいっている奴は、はっきり言って、『現実世界を認識できないバカ』でしょう。

Anyone who says that’s “never mind" is, to put it bluntly, 'an idiot who can’t recognize the real world’.

経験上、「自分は自分自身だけで価値があるんだよ」という『優しい言葉』が大量に散まかれているWebサイトのページは、

In my experience, a page on a website that is littered with a large amount of 'kind words’ that say 'You’ are worthy of your own alone" has been based on, I think

■ピンク色の背景で、

“Pink Background"

■花びらが舞っていて、

“The petals were dancing"

■ページの中には、"スピリチュアル"とか"神さま"とかいう単語が顕在している

“In the pages, the words “spiritual" and “God" are apparent"

ように思えます(この2つの言葉を濫用する奴が、私は嫌いなんです)

I don’t like people who abuse these two words.

(続く)

(To be continued)

2020/09,江端さんの忘備録

Posted by ebata