「子どもに便利に利用されるのが親の役目」ではあります。

社内報のエッセイ枠の執筆者を探しているのですが、なかなか該当者が見つかりません。

I’m looking for an author for an essay slot in my company’s newsletter, but I can’t seem to find a suitable candidate.

公募かけたって立候補が出るとは思えないし、推薦なんてやろうものなら、人間関係がギクシャクするに決まっています。

I don’t think I will get any candidates even if I put out a public call for nominations, and if I try to make a recommendation, it’s bound to lead to strained relationships.

『人間は、「数字」ほどではないものの、「文章」を書くのも嫌いである』

“Humans also hate writing, though not as much as “numbers""

と、いうことも、私は知っています。

I know it well.

という訳で、今、私は、人選に頭を抱えています。

So now I’m having a headache in selecting people.

私が「ゴーストライター」をしてもいいというなら、この話は、3秒で完了する話なのですが ―― バレたら後が怖い。

If they don’t mind me playing “ghostwriter, this story will take three seconds to complete. However if they find out, it will be scary.

—–

最近、娘たちの、入社や入学の志望動機書の作成に、巻き込まれています(概ね完了したようですが)

Lately, I’ve been caught up in writing my daughters’ motivational letters of interest to join or enter the school (although they seem to have largely completed them).

“マインドマップ"ツール(*)、フル稼動でした。

“Mind mapping" tool (*), was in full operation.

(*)FreeMind、MindManager等

(*)FreeMind, MindManager, e.t.c

私の駄文作成能力が、娘たちの将来に1mmでも寄与するのであれば、親としては、当然にサポートしますが ――

If my “crappy writing skills" will contribute to my daughters’ future, as a parent, I will obviously support them. However,

私が就寝しようとするタイミングで、自分の人生を左右しかねないドキュメント作成の相談を持ち込むのは、ちょっとご遠慮願いたいんですよ。

I’d appreciate it if you would refrain from bringing in a document creation consultation that could affect your life, when I’m about to go to bed.

あなたたちは、父親の持病を知っていますね ―― 「早朝覚醒タイプの不眠症」です。

You all know your father’s preexisting condition — “early morning wakeup type insomnia".

「子どもに便利に利用されるのが親の役目」ではあります。

I know that it is a parent’s role to be used conveniently by the child.

しかし、「親を壊すまで利用したら、そのうち再起動しなくなるぞ」 ―― とは言っておきましょう。

But let’s just say, “If you use your parents until you break them, then you won’t be able to reboot them"

2020/09,江端さんの忘備録

Posted by ebata