後輩:「江端さん、もう何年もコラム書き続けているのに、全然メジャーになっていないじゃないですか」

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, new my column is released, so I take a day off.

踊るバズワード ~Behind the Buzzword(6)量子コンピュータ(6):

ひねくれボッチのエンジニアも感動で震えた「量子コンピュータ至高の技術」

Dancing Buzzword-Behind the Buzzword (6) Quantum Computer (6)

Even a cynical lonely engineer was moved to tears by the “supreme technology of the quantum computer"

—–

今回、量子コンピュータの最終回です。

This is the final installment of the “Quantum Computer" series.

最終回なので、監修をして頂いた、ご自称「量子コンピュータオタクのTさん」に、コメントの寄稿をお願いしたのですが、

As this is the last episode, I asked the self-proclaimed “quantum computer geek, Mr. T", who supervised the article, to contribute a comment.

『少し考えてみましたが、いい文章が浮かばなかった』

“I gave it some thought, but I couldn’t come up with a good sentence"

との理由でご辞退されました。

He declined to do so because of the reason.

まあ、突然寄稿を依頼されて、ホイホイ応じる人間は、私の知る限り、私だけです。

Well, as far as I know, I’m the only person who is suddenly asked to contribute and responds immediately.

—–

長い間、「無礼な後輩シリーズ」として、レビューをして貰っている後輩にも、コメントの寄稿について訊ねてみたのですが、

For a long time, I asked the juniors who have been reviewing it as a “rude junior series" about contributing comments. However he said to me.

「メリットがない」

“No merit"

と一蹴されました。

I was kicked off by him.

後輩:「江端さん、もう何年もコラム書き続けているのに、全然メジャーになっていないじゃないですか」

“Ebata-san, you’ve been writing a column for years now, but you haven’t become a major player at all.

後輩:「江端さんにフリーライド(ただ乗り)しても、私にメリットがないですよ」

“There’s no benefit to me in free-riding with Ebata-san"

—–

確かに ―― その通り。

Certainly — that’s right.

コラム執筆に、こんなに膨大な時間と労力を注いでいるのに、「日の当たるところにいる」という感覚が ―― “ゼロ"

I’ve put such an enormous amount of time and effort into writing the column, however, the sense of “being in the sun" is “zero"

何故だろう。おかしい。なぜ、私の努力はこんなにも空回りしてしまうのだろう。

I don’t know why. It’s funny. Why are my efforts so spinning out of control?

―― というような話を、嫁さんにしたところ、

I told my wife about the story, and she said

嫁さん:「そもそも『メジャーになりたい』と思っているの?」

Wife: “Do you want to 'be a major player’ in the first place?

と、言われました。

—–

あ、どんどん、嫌なことを思い出してきた。

Oh, I’m starting to remember more and more of the bad stuff.

そういえば、大学院の入試勉強の際にも、

Come to think of it, when I was studying for my graduate school entrance exam.

―― エバちゃんってさぁ、「入試の目的(合格)」を忘れて、「勉強の為に勉強する」ようになるから、心配だよ

I’m worried about you, Eba-chan, because you’re going to forget the purpose of the entrance exam (passing) and start “studying for the sake of studying".

と、下宿に閉じ籠って勉強している私に、手紙を送ってくれたゼミの友人(女性)のメッセージを思い出してしまいました。

It reminded me of a message from a seminar friend (a woman) who sent me a letter, when I was studying in the boarding house.

# 電子メールを使うだけで、オタク呼ばわりされた時代でした(BBS(nifty)経由のみ)

# It was an era when people were called nerds just by using e-mail (only via BBS (nifty))

—–

そういえば、私、"メジャー"というものも、よく分からないんですよ。

By the way, I don’t really understand what the “major" is.

どのくらい分からないかと言えば、「東京に出てきて、一旗上げる」という、その「旗」の内容が分からない程度に、分からないです。

I don’t know it like the contents of a “flag" of “raising in Tokyo".

2020/09,江端さんの忘備録

Posted by ebata