『安全性を完全に担保した、究極の覚醒剤の開発です』

市役所から肝炎ウイルス検診の案内が来まして、現在、市の指定の診療所に来ています。

The city hall has sent me a guide to hepatitis virus screening, and I am currently at a clinic.

背景は良く分かっていませんが、「生涯1度だけの検診 + 無料」ということなので、受診してきました。

I don’t know the background well, but I went to see it because it means “one-time examination + free of charge".

それに、セルシン(精神安定剤)の処方もして貰うことにしました。

I also decided to get a prescription for celsine (tranquilizer).

—–

私、結構長いこと、人間ドッグで「脂肪肝」を指摘されて続けていました。

I have been pointing out “fatty liver" in human dogs for quite a long time.

ダイエット(のコラム執筆)と、断酒によって、ようやく、これから逃れることができるようになりました。

By dieting (writing a column) and abstaining from alcohol, I was finally able to escape from this.

断酒の効果であるかかどうかは、はっきりと分からないのですが、「肩コリ」「腰痛」が、劇的に改善されました。

I’m not sure if it’s the effect of abstinence, but “shoulder stiffness" and “backache" have improved dramatically.

「不眠」は、"アルコール"が"セルシン"に代わっただけ、という見方もできますが、大きな改善点は、『うたたね』ができるようになったことです。

It can be said that “insomnia" is just a replacement of “alcohol" with “selcin", but the major improvement is the ability to take a “nap".

これによって、仕事(特に連続10数時間のコラム執筆)中に、10分間程度の仮眠できるようになったことは、大きいです。

It is great that I was able to take a nap for about 10 minutes during work (especially writing a column for more than 10 hours in a row).

まあ、「アルコールを摂取することで睡眠時間を確保していた」という事実は、「アルコールに依存することで、無理矢理、眠りを得ていた」と言える訳で、つまるところ

Well, the fact that “I was able to secure sleep time by consuming alcohol" can be said to be “I was forced to sleep by depending on alcohol", after all, I can’t deny

『アルコール依存症』

“Alcoholism"

を、否定することはできないでしょう。

—–

以前もお話しましたが、アルコール依存症であった私にとって、コンビニのお酒の棚の列は、今なお結構な「地獄ロード」です。

As I said before, for me, who was an alcoholic, the rows of liquor shelves at convenience stores are still quite a “hell road".

あれ、マジでキツイです。

That is really hard.

あのロードを止まらずに突っ切るのは、相当な精神力や胆力を必要とします。

It takes a great deal of mental strength and courage to pass through that road without stopping.

「酒が飲めないことは、人生の半分を損している」と言われますが ―― 全く同感です。

It is said that “No drink, no life". I totally agree.

お酒というのは、人類が生み出した至宝の飲料です。

Alcohol is a treasure drink produced by humankind.

それでも、私が酒を断っているのは、

Still, the reason I refuse to drink is

―― まだまだ、書きたい物(コラムとプログラム)が沢山残っているから

“There are still a lot of things I want to write (columns and programs)"

です。

—–

とは言え、始終、頭がクリアで居続けるのは、なかなか辛いものです。

However, it’s hard to stay clear from beginning to end.

コラムを書き上げた時とか、プログラムが動いた時は「ご褒美に、一杯やりたい」です。

When I finish writing the column, or when the program works well, I want to give a drink as a reward.

それ故、私は、安全性が担保され、習慣性がなく、依存性もなく、一定時間後には完全に正気に戻る(合法であることは言うまでもない)という ―― そういう、薬や嗜好品の開発をやりたい。

Therefore, I I want to do development of kind of medicine or luxury item, with safe, non-addictive, non-dependent, and completely going back to sane after a period of time (not to mention legal).

——

リタイア後に、再度大学受験をして、化学科に入学するのもいいな、と考えています。

After retirement, I think it would be good to take the university entrance exam again and enroll in the Department of Chemistry.

志望動機を問われたら

If I am asked about my motive, I will answer

『安全性を完全に担保した、究極の覚醒剤の開発です』

“Development of the ultimate stimulant that completely guarantees safety"

と答える予定です。

2020/09,江端さんの忘備録

Posted by ebata