―― とは言え、AWSの自習の為に、月数千円を持っていかれるのは、なんとも悔しいな

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

―― とは言え、AWSの自習の為に、月数千円を持っていかれるのは、なんとも悔しいな

“However, it is regrettable to bring thousands of yen a month for AWS self-study."

と思っていたところ、見つけたのが、Amazon Lightsailです。

When I was thinking, I found Amazon Lightsail.

3.5ドル(500円)/月のサーバであり、これなら、自腹を切っても、耐えられる範囲です。

It is a server of 3.5 dollars (500 yen) / month, which is a range that can withstand even if I run out of my own stomach.

うん、これ、いい。

Yeah, this is good.

そもそも、私は、サーバを外部からのサイバー攻撃から守る気がない。

In the first place, I have no intention of protecting the server from external cyber attacks.

システム破られたって、困るような情報なんぞ最初から入れないし、ソースコードに至ってはgithubで公開しているくらいです。

Even if the system is broken, I can’t enter any information that would be a problem from the beginning, and the source code is published on github.

仮想サーバのコア(EC2相当)なんぞ1つあれば十分だし、DBはコアの中に作りこんでしまえばいい。

One core (equivalent to EC2) of the virtual server is enough, and the DB can be built in the core.

なにより、ファイアウォールとして使っているロードバランサの設定も、Route53の設定もやりたくありません。

Above all, I don’t want to configure the load balancer used as a firewall or Route53.

—–

という訳で、この11月始めの連休は、Amazon Lightsail上に、試作したサーバを搭載して、数千のオブジェクトのデータで攻撃し続けるという、「えげつない」テストを繰り返していました。

So, this weekend in early November, I was repeating a “bad" test of installing a prototype server on Amazon Lightsail and continuing to attack with data of thousands of objects.

当然、通信障害は発生した(させた)のですが、サーバがダウンするようなことはありませんでした。正直『凄いな』と、感心しています。

Of course, a communication failure occurred (caused), but the server did not go down. To be honest, I’m impressed with how amazing it is.

—–

で、ここで、冒頭の話に戻ります。

So, let’s get back to the beginning.

「ラズパイを使った自宅サーバの方に、開発方向をシフトさせる」を、さらに再度逆転し「クラウドを使う」がスコープに入ってきました。

“Shifting the development direction to the home server using Raspberry Pi" is coming into scope of “using the cloud".

500円/月で、プライベートなインターネットサーバで遊べ・・・もとい、運用できるのであれば、私には十分です。

For 500 yen / month, I can play on a private internet server … If I can operate it, it’s enough for me.

2020/11,江端さんの忘備録

Posted by ebata