逆に、コミックなどが、”BOOK OFF”と同程度の古本価格で入手できないのが、なんとも残念です。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

しかし、Amazonレベルの"Japazon(ジャパゾン)(日本国政府)"の(行政)サービスを実現するには、ユーザ側(日本国民)にも、それなりのリテラシーが必要になります。

However, in order to realize “Japazon" (Japanese government) services at the level of Amazon, the users (Japanese citizens) need to have a certain level of literacy.

Amazonは、フロント業務を完全に撤廃することで、サービスを維持しています。

Amazon is maintaining its services by eliminating front-of-house operations altogether.

Japazonが、Amazonと同程度のサービスを提供する為には、日本国民全員が、IT機器(PCとスマホ)を普通に使えなければなりません。

In order for Japazon to provide the same level of service as Amazon, all Japanese citizens should be able to use IT devices (PCs and smartphones) as normal.

加えて、Japazonも、現状の人間が行っている窓口業務と同程度のインターフェースが必要ですが ―― いつになったら、"AI"なるものによる窓口業務が開始されるのでしょうか?

In addition, Japazon needs to have the same level of interface as the current human counter service, however, I want to know when the “AI" front service starts?

それはさておき。

Aside from that.

—–

私、電子書籍も慣れてきました。便利ですよね。

I’m getting used to ebooks. It’s convenient.

私の場合、Kindleをスマホやタブレットに入れていますが、「本を持ち歩かなくてもいい」というのは、大きなアドバンテージです。

In my case, I have a Kindle on my phone or tablet, and the fact that I don’t have to “carry around a book" is a huge advantage.

無料で入手できる本(太宰や鴎外、漱石などの本)もあります。

Some books are available for free (books on Dazai, Ogai, Soseki, etc.).

駅の待ち時間などを使って、一日1~2ページくらいづつ読んでいますので、死ぬまでに1度くらいは読み通せるかもしれません(もう、ストーリーも知っていますし)

I read about a page or two a day while waiting at the train station, etc., so I might be able to read through it at least once before I die (and I already know the story).

逆に、コミックなどが、"BOOK OFF"と同程度の古本価格で入手できないのが、なんとも残念です。

On the other hand, it’s a shame that I can’t get comics like used book prices of “Book-Off".

—–

私、電子書籍のコミックの購入はあまりしないのですが、それでも何冊かは購入しています。

I don’t buy a lot of ebook comics, but I still buy some of them.

今日、私がお勧めするのは、

Today, I’m going to recommend

「おっさんが小学生」

“An old man becomes a junior school girl".

です。

(続く)

(To be continued)

2020/11,江端さんの忘備録

Posted by ebata