『体罰は教師の愛だ』などと言いだすような子どもとして完成してしまう世界

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

なんか、条例にひっかかりそうなタイトルの気もしますが、シュタインズゲートのギークである私が、自信を持って勧める、タイムトラベル系のコミックです。

I feel like that’s a title that might get you in trouble with the ordinance. As a Stein’s Gate geek, I’m proud to recommend this time travel comic to you.

異世界もののような多世界解釈論とは異なり、同一時間軸上での時間遡行をするものです。

Unlike “multi-world interpretation theory" such as “another world story", this is a story that goes back in time on the same time axis.

「見た目は子供、頭脳は大人」の定番テーマでもあるのですが、シンプルで、読後に爽快感のある一冊(合計2冊)です。

It’s a classic theme of “looks like a kid, however, the brain like an adult", but it’s a simple, exhilarating book to read (two books total).

著者が、この時間遡行の理論解釈に「ミンコフスキー空間」を使っている理由も気になっています。

I’m also curious as to why the author uses “Minkowski space" for this theoretical interpretation of time retrogression.

ですので、今、

I am reading and studying it with the following book.

ミンコフスキー幾何 – 海城中学高等学校

Minkowski Geometry-Kaijo Junior and Senior High School

を読んで、勉強しています。

多分、

Maybe,

『光速を超えた空間的領域にある事象は、適当な速度で移動する座標系に移ることによって、同時にしたり、前に起こったことにしたりもできる』

“Events in the spatial domain beyond the speed of light, occur at the same time, or even before, by moving to a coordinate system that moves at an appropriate speed"

の、「光速を超えた空間的領域」の部分を、「魂の混線」という現象で説明しているのかなぁ? とか、楽しく考えています。

I wonder if the “spatial realm beyond the speed of light" part is explained by the phenomenon of “soul mixing". Anyway, I am enjoying it.

—–

私としては、さらに、もう一歩進めたストーリーのコミックを読みたいです。

For me, I’d like to read a comic that takes the story a step further, even more so.

■「見た目は子供、頭脳は大人」をもってしても、ノイローゼになってしまうような、凄まじい子どもたちのイジメの実体

Even a child who “looks like a kid, however, the brain like an adult", the fact of the horrendous children’s bullying will make her/him feel nervous.

とか、

or

■世界が獲得してきた新しい常識(暴力の絶対的否定、パラハラ、セクハラの刑罰化、同性婚への理解)などが、

The new normal that the world has acquired (absolute denial of violence, para-harassment, penalization of sexual harassment, understanding of same-sex marriage, etc.)

過去の世界の常識で覆(くつがえ)されて、

will be overturned by the common sense of the past world, and

『体罰は教師の愛だ』などと言いだすような子どもとして完成してしまう世界

the child will be re-created to say “Corporal punishment is a teacher’s love"

—–

未来から来た奴が、上から目線で過去を批判するのでなく、

NOT “a guy from the future judging the past from a superior perspective"

未来から来た奴が、過去の常識で「洗脳」されていく、

BUT “the guy from the future, “brainwashed" with the wisdom of the past"

そういう、反動的(×進歩的)な、アイロニーに満ちた、不愉快な、時間遡行ストーリーも読んでみたいと思います。

I would also like to read such a reactionary (x progressive), ironic, unpleasant, time travel story.

—–

一定の需要層はあると思うんです。

I think there is a certain demand group.

■声ばかりが大きくて、論理的なコラム一つ書けない政治家とか、

– A politician who can’t write a single logical column, but just has a loud voice

■『体罰は必要悪』と公言する、保護者や教師とか、

– Parents and teachers who profess that “corporal punishment is a necessary evil"

■日本国という「サービスプロバイダ」を「愛せ」と言うような、教育(愛国教育)を主張する人

– A person who insists on patriotism education, such as saying “love" the “service provider" whose name is “Japan"

には、きっと気に入って貰えると思います。

I’m sure they will like it.

2020/11,江端さんの忘備録

Posted by ebata