―― 本にアンダーラインを山ほど引き、私以外の人間には解読できない文字を書き込み、本を風呂の中に水没させるため

最近は電子書籍の購入が多くなったとは言え、まだまだ紙の本も購入しています。

Although I buy more and more e-books these days, we still buy paper books as well.

仮に図書館で同じ本を読むことができる場合でも、紙の本も購入することがあります。

Even if I can read the same book in the library, I may also buy a paper book.

なぜか?

Why?

理由は簡単です。

The reason is simple.

―― 本にアンダーラインを山ほど引き、私以外の人間には解読できない文字を書き込み、本を風呂の中に水没させるため

“To draw a pile of underlines in the book, to write characters that cannot be deciphered by anyone other than me, and to submerge the book in the bath"

です。

私は、この本に対する虐待の限りを尽す権利を、「それが3000円の本なら、3000円で購入している」と認識しています。

I recognize that the right to the full extent of abuse for this book, “if it’s a 3,000-yen book, I buy it for 3,000-yen".

本の機能の一つに「共有」があると思うのですが、そんなものには目もくれていません。

I think one of the features of the book is “sharing," but I don’t care about that.

本に対する私の敬意は、有体物に対するものではなく、その本に含まれれる知識だけです。

My respect for the book is not for tangible objects, but only for the knowledge contained in that book.

特に、私の場合「理解する」では足りなくて、「自分で理解した上で、自分の言葉で他人に語る」という業務が入ることが多いので、通常の本の読み込みでは、全然足りないのです。

In particular, in my case, “understanding" is not enough, but the task of “understanding and then telling others in your own words" is needed. Hence, normal book reading is not enough for me at all.

「本の中から沸き上がってくる、新しいコンセプト」―― これを獲得する為には、通常の本の取り扱いでは全然足りないのです。

To get “a new concept coming out of the book", in order to get this, it is not enough to handle a normal book.

もちろん、この本の取り扱い方を、他人に押しつけるつもりはありません。

Of course, I do not mean to impose on you, how to handle this book.

むしろ、このような本の取り扱いは止めた方が良い、とすら思っています。

In fact, I even think it’s better to stop handling such books.

それはさておき。

Aside from that.

—–

最近、風呂の中での読書がしやすいように、ブックスタンドも購入しました。

Recently, I also purchased a book stand to facilitate reading in the bath.

風呂の中で、ノンアルコールビールを飲み、キムチを食しながら、このブックスタンドで本を読んでいます。

In the bath, while drinking non-alcoholic beer and eating kimchi, I am reading a book on this bookstand.

「プチ極楽」といったとこです ―― 安い極楽ですが。

It’s like “petit paradise" — a cheap paradise.

但し、家族の中で、一番最後に風呂に入ることが義務付けられています(長女から、風呂の中に充満するキムチ臭で、クレームを受けました)。

However, I am required to take a bath last in the family (my senior daughter complained about the smell of kimchi filling the bath).

2020/11,江端さんの忘備録

Posted by ebata