なぜ、その「好き」と「楽しい」に論理付けして、一般化までして、他人に「簡単」を押しつけてくるのか?

数学が好きな人間は、数学が得意であり、

People who like math are good at math, and

英語が好きな人間は、英語が得意であり、

People who likes English, is good at English, and

歴史が好きな人間は、歴史が得意であり、

People who like history, are good at history, and

コンピュータが好きな人間は、コンピュータが得意である。

People who like computers are good at computers.

うん、それは良かった、と思う。

Yeah, it was good, I think.

心の底から「おめでとう」と言いましょう。

I can say “Congratulations" from the bottom of my heart.

—–

だが ――

However,

数学が好きな人間が、数学はコツに過ぎない、といい、

People who likes math, says that math is just a trick, and

英語が好きな人間が、英語は81文だけ覚えれば足る、といい、

People who like English say that it’s enough to remember only 81 sentences in English, and

歴史が好きな人間が、歴史は流れを捕むだけのことだ、といい、

People who like history say that history is just a matter of figuring out the flow, and

コンピュータが好きな人間が、コンピュータなどは、本気になれば誰だって扱えるようになるという。

People who like computers say that anyone can handle computers.

私はこういう奴等を、私は許さない。

I will not tolerate these people.

運よく何かを好きになれた奴が、自分の幸運を、他人にまで拡張し

Whoever is lucky enough to like something, extends their good fortune to others, and say

「簡単だ」

“It’s easy."

と言い放つ奴らの傲慢にまで、私は寛容になる気はない。

I’m not going to tolerate the arrogance of anyone who says these things.

—–

『彼らを・・・責めているんじゃない・・・ むしろお祝いを言うよ』(*)

“I don’t blame them… but I congratulate them."(*)

(*)はみだしっ子5 奴等が消えた夜 P.155

(*)Hamidashikko 5 The Night they Disappeared p.155

なぜ、「私は好きだ」「私は楽しい」までで、止めることができないのか?

Why can’t they stop at “I like it" or “I’m fun"?

なぜ、その「好き」と「楽しい」に論理付けして、一般化までして、他人に「簡単」を押しつけてくるのか?

Why are they going to force others to be “easy" by attaching logic to that “like" and “fun" and even generalizing it?

いい加減、ほっといてくれ ――

“Come on, just leave me alone… “

—–

情けないことに、このことに気がついたの、結構最近なんです、私。

The shameful thing is that I have only recently realized this.

『特許明細書の執筆なんて、コツさえ分かれば簡単』

“Writing a patent specification is easy once you get the hang of it."

と言い放っていた頃の私を許せない人は ―― 私を"刺し"に来てもいいです。

Anyone who can’t forgive me for saying that — can come and “stab" me to death.

私は、『刺されるだけのことをしてきた』という自覚があります。

I’m aware that 'I have done nothing but get stabbed to death’.

(刑事では無理でしょうが)、民事では提訴しない方向です。

I’m not going to file a civil lawsuit (although you can’t escape from criminal case).

但し、理由は「特許明細書」だけです。

However, the only reason is the “patent specification".

他のことについては、いつも通り「報復モード」に入ります。

I will go into “Retaliation Mode" as usual, expect of them.

2020/11,江端さんの忘備録

Posted by ebata