―― そんな大人が、あるいは、そんな大人の存在を許している大人が、一体、誰に、何を、偉そうに語っていやがるんだ?

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

この、新型コロナ感染感染対策の真っ只中にあって、行政からの命令にも応じずに営業を続けるパチンコ屋と、遠方からパチンコ店に来訪する大人がいます。

In the midst of this new type of corona infection control, there are pachinko parlors that continue to operate without any orders from the government, and adults who visit pachinko parlors from afar.

しかし ―― いいですか、ここが重要ですが ―― パチンコ店が営業を続けていること(*)、あるいは、パチンコに興じることは、完全に、100%、どこのだれからも文句のつけようがない、完全無欠の「合法」行為なのです。

But — Listen to me, this is an important point — Keeping a pachinko parlor open(*) or playing with a pachinko parlor is a 100%, uncompromising, “legal" act that nobody can blame.

(*)要請から命令になったら別

(*)"Request" and “command" are different

私が見るに、もう確定的といっていい、アルコール中毒者の量産システムである「缶チューハイ」について、数量制限を行う法令または条令の提案は、見つけられていません。

As I can see, no proposal has been found for a law or regulation that limits the quantity of “Can Chu-Hi", which is a mass production system for alcoholics.

屋外の喫煙は、屋外の立ち小便と同じ行為です。歩きタバコは、小便を撒き散らしながら歩いているのと同義です。小便を便所でするのと同様に、煙草は喫煙所か自室でするのが当たりまえです。

Smoking outdoors is the same as standing pissing outdoors. Tobacco with walking is synonymous while sprinkling urine. It’s common to smoke in the smoking area or in your own room, just as you piss in the toilet.

—–

私が、子どもであれば、

If I were a child,

―― そんな大人が、あるいは、そんな大人の存在を許している大人が、一体、誰に、何を、偉そうに語っていやがるんだ?

“What can do such adults, or adults who allows such adult, say for what, who, acting the great man ?"

と思うだろうし、さぞ不快だろうなぁ、ということくらいは、分かります。

I would think that, and I understand that children would feel uncomfortable.

—–

大人としての私は、「大人とは、そういう理不尽を、子どもに強いる不愉快な存在として存在している」ということも知っています。

As an adult, I also know that “adults exist as an unpleasant entity that forces children to do this".

大人とは『子どもにとって良いと信じる(一定の客観性のある)こと』を、その是非に関係なく押しつける強権があるのです。

Adults have the power to impose “believing that they are good for children (having a certain objectivity)" regardless of whether they are right or wrong.

比して、子どもには、それに対抗しうる能力も手段もコストも持ち合わせていません。

In comparison, children do not have the ability, means, or cost to counter it.

—–

前述した通り、私には、この条文を、科学的にも論理的にも、論じるだけの資質がありません。

As I said, I am not qualified to discuss this article scientifically or logically.

私は、ゲームも60分も90分も、髪の毛ほどの興味もなく、これからも興味を持つ予定もありません。

I’m not interested in “games" or “60 minutes" or “90 minutes" at all, and I have no plans to be interested.

ただ、沈黙するのみです。

I’m just silent.

それでも、「子どもたちの、腹から込み上げるような不快さ」だけは、理解できる大人でいたいとは思っています。

Even so, I would like to be an adult who can understand only the “children’s upset discomfort."

2020/05,江端さんの忘備録

Posted by ebata