―― ラクに金が手に入ると思うなよ

最近、本格的に電子書籍を購入することが多くなりました。

I’ve been buying e-books in earnest a lot lately.

いくつか理由はあるのですが、家中が本で溢れかえって本気で鬱陶しくなってきたことと、「すぐに読みたい」というニーズに応じられることです。

There are a couple of reasons, but one is that my whole house is overflowing with books and I’m getting seriously depressed, and the other is that it meets my need to read quickly.

特に、専門書の購入が、多くなってきました。

In particular, I’ve been buying a lot of specialized books.

私は、マルチディスプレイ環境(正確には、4つのディスプレイ)で仕事をしています。

I work in a multi-display environment (four displays, to be exact).

コラムを執筆する時に、パソコン画面の右側に電子書籍を表示しながら、左側のディスプレイで執筆をすると、とても便利です。

When I’m writing a column, I find it very useful to have the e-book on the right side of my computer screen while I’m writing on the left side display.

コピペを使えば、引用もラクです。

It’s also easier to quote if I use copypes.

特にプログラムの教本は、そのままソースコードをコピペしてコンパイルとビルドに持ち込めるので、助かります。

Especially for program textbooks, it’s helpful to be able to copy and paste the source code to compile and build.

(コピペできない書籍もあります。こういう書籍は面倒です)

(Some books can’t be copied and pasted. They annoy me)

——

Amazonでも電子書籍で購入できないものもあります。その場合、版元からPDFを購入しなければなりません。

Some of them are not even available as ebooks on Amazon. In that case, I have to buy the PDF from the publisher.

その場合、面倒なのが「支払い」です。

In that case, it is the “payment" that is troublesome.

素直に「カード払い」にしてくれれば簡単なのですが、「電子マネー」を絡ませるところが厄介です。

It’s easy if I just make it a “card payment", but it’s awkward to get “electronic money" involved.

電子マネーの種類を増やすことは、面倒くさいのです。

Having more types of e-money is a hassle.

電子マネー毎に、カード番号の入力や、住所や氏名、電話番号の登録情報するのには、抵抗がありますし、特にパスワードの管理が、うっとうしくてかないません。

There is a psychological resistance to the input of the card number, address, name, and phone number registration information, and especially the management of the password is annoying.

そもそも、電子マネーの殆どは、個人間でお金のやりとりができません。

In the first place, most of the electronic money cannot be exchanged between individuals.

—–

そんな中、最近、便利だなーと思うのが、Amazonギフト券(チャージタイプ)です。

In such a situation, recently, I think it’s convenient, Amazon gift certificate (charge type).

1円単位でギフト券を作り、送付先の電子メールで送付すれば、処理は完了です。

Simply create a gift certificate in increments of one yen and send it to the recipient via email, and the process is complete.

もっとも、Amazonでしか使えないギフト券なので、高額送金には向いていませんが、少額なら使い勝手が良いです。

However, because it is a gift certificate that can only be used on Amazon, it is not suitable for a high amount of money transfer, but if it is a small amount, it is convenient to use.

これからは、子どもの小遣いや、お年玉も、このようなネットサービスのギフト券で渡されるようになるかもしれません。

In the future, children’s pocket money and even new year’s gift may be given in gift certificates for such online services.

—–

となれば、お年玉のパラダイムも変わるかもしれません。

If so, the paradigm of “new year’s gift" may change.

例えば、

For example,

1月1日に、子どもが、KPI(Key Performance Indicator)の内容を発表し、翌年の1月1日に、私達大人が、そのKPIの目標達成度を判断して、お年玉の金額を決定する、というものです。

On January 1, the children presented the contents of KPI (Key Performance Indicator) and on January 1 of the following year, we adults will determine the amount of the New Year’s gift by judging how well we have achieved the KPI goal.

KPIとしては、

As a KPI, the

■逆上がりをできるようになる

going to be able to do the “back-hip circle"

■縄跳びの二重跳びが連続10回ができるようになる

going to do the “double jump" of jumping rope 10 times in a row

などから、

■部活のレギュラーの獲得

Getting regulars in club activities

■予備校の模試の偏差値

Prep school examinations deviations

■受験の志望校の合否

Passing or failing the school of your choice for the examination

まで、色々あると思います。

I think there are a lot of things we can do.

成果を金額に反映するのは、子どもに酷に過ぎるというのであれば、「ギフト券」から「商品」に変えて贈るという手もあります。

If it’s too hard for your child to show the results reflected in a monetary value, we can change them from a “gift certificate" to a “product".

例えば、小学生の子どもに、「缶詰セット」とか「カニ鍋用の冷凍カニ」とか贈ることで、ペナルティとするのも一つの手です。

For example, one way to penalize an elementary school child is to give them a “canned set" or “frozen crabs for the crab pot".

—–

―― ラクに金が手に入ると思うなよ

“Don’t think you’re going to get your money easy"

「正月最大の楽しいイベント」を、「初年度最初の最悪最低のイベント」にしてしまう、というのは、なかなかよくできた「大人の嫌がらせ」だと思います。

I think it’s a very good “adult harassment" to turn “the biggest fun event of the New Year" into “the first worst and worst event of the first year".

2020/05,江端さんの忘備録

Posted by ebata