実際に、歴史の教師は「歴史が重要だ」と言い続けていますが、はっきり言います―― 「古代エジプトのファラオが誰であろうか、その国が滅びようが、それが何だと言うのか」

米澤穂信さんの氷菓シリーズ外伝(?)「ふたりの距離の概算」より抜粋

Excerpts from Honobu Yonezawa’s “hyouka" series outside story “Estimating the Distance Between Us"

======

「黒い猫でも白い猫でも菓子をくれるのはいい猫だ」

“Black cat or white cat, it’s a good cat to give me candy."

大日向はきょとんとした顔になった。

Ohinata frowned.

「えっと、周恩来」

“Let’s see, Zhou Enlai"

「李登輝だろ」

“It’s Li Teng-hui"

横から伊原が口を挟む。

Ihara speaks from the side.

「蒋介石じゃなかったけ」

“It wasn’t Chiang Kai-shek, was it?"

やりとりを聞いて、千反田が無理に笑うようなひきつった表情になった。

Hearing the exchange, Chitanda got a twitchy look that made her laugh unreasonably.

「ええと、その、ホー・チ・ミンですよね」

“Um, it’s, uh, you know, Ho Chi Minh."

なんとかボケようとしている。悪いことをした。ちなみに俺は本当に忘れていたのだが、話をしているうちに思い出した。トウ小平だ。(“トウ"は、登におおざと)

Somehow she’s trying to blur. I did something wrong for her. Incidentally, I had really forgotten about it, but as we were talking, I remembered it. This is To Kohei.

======

という話に登場してくる歴史上の人物について、次女(高校3年生)が全く知らなかったので、正直、青冷めました。

My second daughter, a senior in high school, had no idea about the historical figures featured in the above story. I went out of the blue, to be honest.

江端:「おい、『氷菓』の登場人物は、全員、高校2年生だぞ」

Ebata: “Hey, the characters in Hyouka are all 2nd year high school students.

次女:「『氷菓』の登場人物はフィクションだよ。あんな知識を日常的に持っている高校生はいない」

Second daughter: “The characters in “Hyouka" are fiction. No high school student has that kind of knowledge on a daily basis.

江端:「当時の私は、全部答えられたぞ」

Ebata: “I could have answered all of those questions back then!

次女:「それは、パパが偏った知識を持っていたからだ」

Second daughter: “That’s because you had biased knowledge.

江端:「そんなことはない。ママだってちゃんと答えられる」

Ebata: “It’s not like that. Even your mom can answer that question properly.

と、この話題を、嫁さんに振ったら、

And when I mentioned the subject to my wife, she said

嫁さん:「もちろん、それらの名前は全部知っている。ただ、その人が、何をした人かを忘れただけ」

Wife: “Of course, I know all those names. I just forgot who and what they did.

江端:「それを『答えられない』というんだ」

Ebata: “It’s “I cannot answer".

と、ツッコんだところに、さらに、次女がツッコんできました。

In addition, the second daughter interrupted me.

次女:「というか、パパ、その人物の名前を知っていたからといって、何だというの?」

Second daughter: “Well, Dad, just because I knew the person’s name, doesn’t make it any less important.

江端:「何だか、それくらいのことを知っていないと、めちゃくちゃヤバい気がするんだが」

Ebata: “Somehow, I feel like I’m in deep serious if you don’t know that much about it.

次女:「それは、パパの思い込みだ。そんなことより、『お菓子のレシピ』の内容を知らない方が、私達の世界では遥かにヤバい。パパは、お菓子について論じることができる?」

Second daughter: “That’s what you think. It’s far worse in our world to not know the contents of the “cake recipe". Dad, can you argue about sweets?"

江端:「1mmも論じることができないな」

Ebata: “I can’t argue it at all"

次女:「歴史上の人物よりも、お菓子のレシピの方が有用性があり、有用性があるものが正解でしょう」

Second daughter: “There’s more utility and usefulness in a cake recipe than in a historical figure, and something useful would be the right thing to do.

江端:「確かに、私は、これまで、そう主張してきたと思う」

Ebata: “Certainly, I think I’ve been arguing that

—–

どの教師も、『自分の教えている教科こそが重要だ』と言います。

Any teacher says, “It’s the subject I am teaching that’s important."

それは、教師たちの自分の存在意義と尊厳を守る為の、「矮小な自己防衛」とも言えます。

It can also be described as “petty self-defense" to protect the teachers’ sense of existence and dignity.

実際に、歴史の教師は「歴史が重要だ」と言い続けていますが、はっきり言います―― 「古代エジプトのファラオが誰であろうか、その国が滅びようが、それが何だと言うのか」

In fact, history teachers keep saying “history is important," but let’s be clear “Whoever the pharaohs of ancient Egypt were, whether their country perished or not, what does it matter?

つまるところ、嫁さんの名言「リトマス試験紙が何色になろうが、それがどうだと言うの」と同じ話です。

In short, it’s the same story as my wife’s famous quote, “It doesn’t matter what color the litmus test paper is.

知識に有用性を求めるのであれば、「実学に基づく利益回収モデル」が唯一の正解です。

If you want usefulness in knowledge, a “profit-recovery model based on actual learning" is the only correct answer.

長女:「自分の知っていることを、世の中の基準のように論じることは、"暴力"なんでしょう?」

Eldest: “It’s violence to argue what you know as if it’s the world’s standard, isn’t it?

と、纏められてしまいました。

—–

この話のことも、思い出していましたが ――

I was thinking about this story…

『間違っているのは、私なのか?』

“Am I wrong?

と、暫くの間、深い懐疑の闇に沈んでいました。

For a while, I sank into a deep darkness of skepticism.

2020/05,江端さんの忘備録

Posted by ebata