「神なら、私に試練を与えるな」―― と。

「JIN -仁」―― これが、我が国、屈指の名作テレビドラマであることに、異義を唱える人は少ないでしょう。

Many people would agree that “JIN" is one of Japan’s greatest TV dramas.

本シリーズで貫かれている基本コンセプトは、このフレーズに集約されるでしょう。

The basic concept that runs through this series can be summed up in this phrase.

「神は乗り越えられる試練しか与えない」

“God only gives us trials that we can overcome"

人間の技術への飽くなき可能性を問い、人間の可能性と人間愛を描く、感動ドラマといっても過言ではないでしょう。

It is no exaggeration to say that this is a moving drama that shows the insatiable potential of human technology and depicts the potential of human beings and human love.

—–

これらを全て踏まえ上で、私の技術への適当な可能性とこだわり、ささいな可能性と、絶無に等しい人間愛しか持ちえない、私、江端から、一言申し上げたい。

Based on the background, with reasonable potential and commitment to technology, a trivial human being, almost nothing love, I, Ebata, would like to say a few words.

「神は乗り越えられる試練しか与えない」ではなく、

NOT “God only gives us trials that we can overcome"

「神なら、私に試練を与えるな」―― と。

BUT “If you’re God, don’t give me a trial"

ぬるま湯のような人生を、これといった野望もなく、ボンヤリと生きたいだけの私にとって、

I’ve had a lukewarm life, I had no ambitions and I just want to live my life easily.

“JIN"は、ただの「憧れの人」であれば良いのです。

“JIN" should just be a “person of admiration" for me.

2020/06,江端さんの忘備録

Posted by ebata