「孫子の兵法」を引用して、新型コロナ対策を論じているブログとか見ると、笑ってしまいます ―― 大爆笑です。

私、「孫子の兵法」という本、いくつかの翻訳書や解説書で何度か読みました。

I’ve read the book “Sun Tzu’s Art of War" several times in several translations and commentaries.

―― つまり原文は読んでいない、ということです。

“I mean, I haven’t read the original text."

抜ける手があるなら、その手を尽す、というのが私のモットーです。

My motto is that I’m willing to make the effort to cut corners.

それはさておき。

Aside from that.

「孫子の兵法」は、色々と学ぶべきことが多い本ですが、それを、仕事や人生に活用しよう、などということは考えたことがありません。

Sun Tzu’s Art of War is a book with a lot to learn, but I’ve never thought of applying it to my work or my life.

何故か。

Why?

この本、徹底的に「経営者視点」だから。

Because this book, thoroughly “management perspective".

下っ端を、徹頭徹尾「道具」として取り扱い、その「道具」に示す愛情すらも勝つための戦略の一つである、という割り切りが、不愉快です。

The book treats our underlings as “tools" all the way through, and even the love they show for that “tool" is one of your winning strategies. I am uncomfortable with the ideas.

特に、「兵士を窮地に陥れて、その力を最大限発揮させよ」という下りは、とてもムカつきます。

In particular, the phrase “put the soldiers in a corner and let them use their strength to the best of his ability" pisses me off.

—–

「孫子の兵法」を引用して、新型コロナ対策を論じているブログとか見ると、笑ってしまいます ―― 大爆笑です。

When I see a blog or something like that, quoting “Sun Tzu’s Art of War" and discussing new corona countermeasures, I laugh — it’s a huge laugh.

『彼を知り己を知らば、百戦殆うからず。彼を知らずして己を知らば、一勝一負す。彼を知らず己を知らざれば、戦う毎に必ず殆うし』

“If you know your enemies and allies well, you’ll have little to worry about breaking into any battle"

を引用して、国民や政府がどうあるべきか、を、偉そうに語っています。

He quotes this phrase and talks about how the people and the government should be, arrogantly.

「本当におめでたい」と思っています。

I think that “he is really happy".

(続く)

(To be continued)

2020/06,江端さんの忘備録

Posted by ebata