薬局で貰ったセルシン21錠を握って、スキップしながら自宅に戻り、万全の体制で連休を迎えることができました。

2020年5月9日

私は、早朝覚醒型の不眠対策として、精神安定剤(セルシン)を、会社の診療所で処方して貰ってきました。

I have been prescribed a tranquilizer (Celsin) at the office of the company as a countermeasure for insomnia of the early morning awakening type.

2mgセルシン錠の基本情報(作用・副作用・飲み合わせ・添付文書 ...

しかし、この「新型コロナ禍」で、診療所がクローズし、さらに、出社そのものができなくなり、連休前に、クスリが尽きることが確定し、かなりヤバい状況になりました。

However, at this “Coronal disaster", the clinic is closed and I could not come to the office, so it was confirmed that the medicine was exhausted before the consecutive holidays, and I was in a very dangerous situation.

「常備薬が手元にない」という状況は、今まで体験したことがありません。

I have never experienced the situation of “I don’t have my regular medicine at hand".

これは、結構な恐怖です。

This is a pretty fear.

—–

以前、「極黒のブリュンヒルデ」というアニメを視聴していました。

Previously, I was watching an animation called “Brynhildr in the Darkness".

そのアニメで登場する少女達は、「鎮死剤」と呼ばれる延命薬を毎日飲まないと、身体を維持することができずに死んでしまうという運命でした。

The girls who appeared in the anime, are unable to maintain their body and die, unless they do not take a life-prolonging drug called a “killer" every day,

―― クスリが無くなった日に死ぬ

“Death on the day the medicine disappears"

というのは、想像を絶する恐怖だっただろうと、その少女達に深くシンパシーを感じています。

I feel the sympathy deeply in the girls, because it was an unimaginable fear.

—–

そのプロセスから分かったことは、

What I learned from that process was

―― オンライン診療が、まったく普及、定着していない

“Online medical care is not widespread and established"

という事実です(現時点ではですが)。

at the present.

そもそも、オンライン診療を受けつけられる医院が、もの凄く少ない上に、『初診は受けつけられない』という条件が付くところがほとんどでした。

In the first place, there were very few clinics that could accept online medical treatment, and in most cases, there was a condition that “the first medical examination cannot be accepted."

しかし、これからは、オンライン診療も主流になっていく ―― のかな?

However, online medical care will become mainstream in the future ?

医師を職業としている人は、ITリテラシー高そうです。

Those who work as doctors seem to have high IT literacy.

(介護の世界が絶望的であるという話は、こちら)

(Click here for a story that the world of care is hopeless)

しかし、多分、制度(法律)の方が邪魔をするような気がします。

However, I think that the system (law) may interfere with online medical treatment.

医師の世界も、なんとなく現状維持バイアスが高そう、という偏見があります。

I have a prejudice that “tatus quo bias of doctors" is also stronger.

—–

ともあれ、今回は、懇意にして頂いている医師の方から、たくさんのアドバイスを頂きました。

Anyway, this time, I got a lot of advice from the doctors friendly.

近くの内科で処方して貰えることになった時は、本当に安堵しました。

I was really relieved when I was able to get a prescription from a nearby internal medicine department.

薬局で貰ったセルシン21錠を握って、スキップしながら自宅に戻り、万全の体制で連休を迎えることができました。

I was able to hold the 21 tablets of tranquilizer (Celsin), I got at the pharmacy, skipped over and returned to my home, and I was able to complete my consecutive holidays.

2020年5月9日2020/05,江端さんの忘備録

Posted by ebata