―― “知らないままでいる”という選択肢もある

家族での夕食の時、Amazon Primeで見ていた番組で、「部落問題」という言葉が出てきました。

During a family dinner, we was watching a show on Amazon Prime and the term “Buraku discrimination" came up in a show.

二人の娘に、「ざっくりとは知っているよな」と尋ねたところ、長女は"Yes"といい、次女は"No"といいました。

I asked two daughters “You know this issue don’t you?" and the senior daughter said “Yes" and the junior daughter said “No".

この問題の取り扱いは、学校の方針や現場の教師の意識によっても変わるところがあります。

The way this issue is addressed depends in part on school policies and the attitudes of teachers in the field.

私の場合も、"No"でした。

In my case, it was “No" too.

ただ私の場合、大学のころ学生寮に入っている時に、差別闘争の運動を続けている方から話を伺うというレアな機会を得ていまsした。

But in my case, when I was in the dormitory in college, I had the rare opportunity to hear from a person who was continuing to campaign for discrimination.

会社でも、社内で実際に行った事件を使った教育がありました(今はどうなっているか知りませんが)。

There was some education at the company using actual incidents that took place within the company (I don’t know what’s going on now).

この問題は、「個人情報保護法」にも繋がっています。

This issue is also linked to the Privacy Act.

—–

―― “知らないままでいる"という選択肢もある

“She can choose to remain ignorant"

と、私は思っていたので、次女には、

So I thought and asked her

『もし聞きたければ、10分程度で纏めるけど、どうする?』

“If you want to hear it, I can wrap it up in 10 minutes or so. Which one do you want?"

と尋ねました。 次女が希望したので、私はこの問題の歴史から話しを始めました。

My second daughter wanted to, so I started the story from the history.

私が語り始めると、嫁さんは、テレビのスイッチを切りました。

As I began to speak, my wife switched off the TV.

2020/06,江端さんの忘備録

Posted by ebata