私にとっての「遊ぶ金」は、窃盗、強盗の金額より、かなり低めのようです。

「遊ぶ金欲しさ」の、金額は一体いくらくらいんだんろう?

I wonder how much of that money was spent on “greed for money to play"?

とか考えています。

I think it.

これは「遊ぶ」の内容によっても変わってくると思います。

This will depend on what they “play" with.

しかし、「遊ぶ金欲しさ」のフレーズと一緒に登場してくる人間は、大抵の場合、窃盗、強盗などの犯罪と紐付いています。

However, people who appear with the phrase “greed for money to play" are usually tied to theft, robbery and other crimes.

I have not able to hear the following phrases.

「遊ぶ金欲しさ」で「サラリーマン」やっているとか、

I am “salaryman" for a greed for money to play.

「遊ぶ金欲しさ」で「会社経営」やっているとか、

I am a management of the company for a greed for money to play.

―― という文脈では見たことがありません。

—–

私にとっての「遊ぶ金」は、窃盗、強盗の金額より、かなり低めのようです。

The “greed for money to play" seems to be much lower than the amount of money for theft and robbery.

大抵の技術書より安く、下手すると、吉野家の牛丼より安いです。

It’s cheaper than most technical books and, sometimes cheaper than a beef bowl at Yoshinoya.

—–

そんなものより、私は、「新しい目」が欲しい。

I’d rather have “new eyes" than such things.

裸眼で、電子キットの半田付けができるくらいの、生れて40年間不動の"2.0″であった、あの視力の「目」が。

That sight “eye", that are, with the naked eye, I could solder an electronic kit, and I’ve been a steadfast “2.0" for 40 years of my life.

2020/06,江端さんの忘備録

Posted by ebata