―― 止めようと思えば、いつでも止められる

「薬物依存症」という言葉から考えると、さしずめ私は「セルシン(*)依存症」と称されても良いのかもしれません。

The term “drug addiction" is used, but I suppose I could be called a “cslsin(*) addiction" for now.

(*)精神安定剤の一種で、20錠で700円程度で処方して貰えます。

(*)It is a kind of tranquilizer, and you can get a prescription for 20 tablets for about 700 yen.

ただ、2~3日に1度くらい、早朝に目が覚めた時に摂取している程度なので、「依存症」と呼べるものかどうかは分かりません。

However, I don’t know if I can call it an “addiction" because I only take it every couple of days or so when I wake up early in the morning.

ちなみに、厚生労働省の定義によれば、依存症とは「特定の何かに心を奪われ、「やめたくても、やめられない」状態になること」と記載されています。

Incidentally, according to the FHLB’s definition, addiction is described as “a state of mind that is so fascinated by something in particular that even if you want to stop, you can’t.

私は、枕元にセルシンがあると「安心します」。

I “feel safer" when I have cslsin under my pillow.

しかし「心が奪われている」とまでは言えないような気もします。

However, I don’t think it’s quite as “mind-blowing" as it sounds.

—–

ただ一つ確かなことは、依存症の人間は、共通してこう言うのだそうです

One thing is for sure, people with addictions commonly say

―― 止めようと思えば、いつでも止められる

“If I want to stop it, I can stop it soon."

と。

—–

私は、

For me,

「止めたら不眠で死ぬ。故に止められない」

“If I stop it, I will die of insomnia. Therefore, I can’t stop it.

と思っているので、逆説的に

I say paradoxically,

「私は依存症ではない」

“I’m not an addict"

と、言い張ります。

2020/06,江端さんの忘備録

Posted by ebata