―― 全てが終った後で、安全なところから、闘ってきた人の背中を撃つ

最近、新型感染ウイルスに対する、具体的な対応を提唱し実施した人物を、結果から批判する記事やコメントが目立ちます。

Recently, there have been a number of articles and comments criticizing those who have advocated and implemented a specific response to the new virus.

これらの記事やコメントは ――

In response to these articles and comments,

『燃えさかる家屋の前から逃げ去った奴が、その後、現場検証の時、消火の手順に難癖を付けるような』 ―― すさまじい下品さを感じます。

A person who ran away from a burning house, says “difficulty with firefighting procedures" during a subsequent site inspection. I feel that it’s tremendously vulgar.

―― 全てが終った後で、安全なところから、闘ってきた人の背中を撃つ

“Shooting someone who has fought back from a safe distance, after everything is done"

まさに、これです。

This is exactly it.

—–

まあ、私も、自分で言うのもなんですが、「燃えさかる家屋の前に、無理矢理押し出されたこと」があり、同じように「何とか鎮火した挙句に、難癖を付けられた」という経験があります。

Well, in my experiments, I was once forced out in front of a burning house. And I’ve had the same experience of “I’ve managed to put out the fire, and after that I’ve had a difficult time with it".

私は、こういう「後ろから背中を撃ってきた」人物を、生涯、絶対に許さないことに決めています。

I am determined to never forgive these “shoot me in the back" people for the rest of my life.

もちろん、私は、社会人ですから(そして、若いころは劇団員でしたから)、日常生活での「外面似菩薩、内心如夜叉(げめんじぼさつ、ないしんにょやしゃ)」は、徹底しています。

Of course, I’m a working man (and I was a theatergoer in my youth),so in daily life, “Fair face, foul heart" is a thoroughgoing practice.

—–

ただ、これらが、「背中を撃つ」行為であるとしても、全ての批判を全て止めてしまっては、物事を良くしてくことができないことは事実です。

However, it’s also true that even if these are “shots in the back" acts, you can’t make things better if you stop all the criticism.

私のコラムなんぞ、他者への批判が全体の半分を占めていると思います。

According to my columns, I think criticism of others makes up half of the content.

つまり「闘ってきた人の背中を撃つ」ことをしてきたのは、他の誰でもないこの私です。

In other words, it is me who “shoots people in the back who have been fighting".

しかし、私は「他者の批判を行っている者(私)は、他者からの批判を甘受しなければならない」 などとは、1mmも思っていないのですよ。

But I don’t believe at all that “those who are criticizing others (me) must indulge in criticism from others".

(続く)

(To be continued)

2020/06,江端さんの忘備録

Posted by ebata