その全てが「下手くそ」です。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

私は、コラムを書くのが好きで、イラストを描くのが好きで、コーディングをするのが好きで、そして ――

I like to write columns, I like to illustrate, I like to code, and

その全てが「下手くそ」です。

I am not good at all of them.

だから、これらを他人に任せるのが、もっとも効率的であり、いわゆる『生産性が上がる』のは間違いないでしょう。

So, I think it’s most efficient to leave these things to others, and there is no doubt that it will increase so-called “productivity".

だが、それは「楽しいのか?」

But is it “fun"?

自分の作り出したモノ、自分でやった仕事は、他人のモノや仕事より「愛おしくはないか?」

Do you love what you created and worked, more than other people’s creations and works ?

と考えると、私には分からなくなるのです。

I don’t know that.

それ故に、私は「私を幸せにするアプローチ」として、

Therefore my “approach to making me happy

(1)ひとりでやる

(1) Do it alone.

(2)ずっとやる

(2) Do it for a long time.

(3)会議に出ない(ここはGoogleと同じで、これまでも、これからも)

(3) Don’t attend meetings.(It’s the same as Google here, from now and to now)

を続けていくことになると思います。

I think I’ll continue to do them.

—–

つまるところ、これは人間のスケール感の問題かもしれないなぁ、とも思います。

As a result, I think that this is about a matter of human scale.

私は「技術」が好きで、特に「小技」が好きですが、その技の集大成である「サービス」や「ビジネス」が好きな人にとっては、「Google式仕事術」は正しいアプローチだと思います。

While I like “technology" and especially the “little tricks, for people who like “service" and “business", the “Google Method of Working" is the right approach.

私は、「他の人」を喜ばせることに幸せを感じられます。

I feel happy to please other people.

しかし、私は、「"多く"の他の人」を喜ばせることが、"多くの幸せ"になるとは、感じることはありません。

However I can’t feel many happiness to please many other people.

つまるところ、

In conclusion,

『私は、人間としての器が小さい』

“I don’t have what it takes"

この結論で、私は異義ありません。

I have no objection to this conclusion.

2020/08,江端さんの忘備録

Posted by ebata