『人生をどう生きたところで、大して変わりはない。ただ、狂えるものがあれば、ちょっとだけ"おトク"かもしれない』

昨日、

Yesterday, I wrote again,

―― 努力は才能を越えない

"Ability counts for more than effort."

という話を、再度致しましたが、これも合わせてお話すべきでした。

However, I noticed that I had to add the following.

―― 狂気だけが才能を越える

"Only madness surpasses talent"

-----

これについても、何度もお話してきましたが、

I also wrote the story again and again.

『自分の視点でのみで世界が完結し、そこに他者の思惑や常識は介在しない』 ―― というレベルの狂気は、無敵なのです。

"The level of insanity where the world is complete only from my point of view, and the thoughts and common sense of others do not intervene" is invincible.

以前、私は、この狂気を「おたく」という概念を使って論じていました。

I used to discuss this madness using the concept of "otaku".

私は『アニメおたく』ではないようですが、長く生きているからこそ得られる感動が、アニメにもあります。

-----

ちょっと調べてみたら、私は、

I did a little digging and found that I seemed to be saying,

―― 天才とは狂気のことである

Genius is equal to be madness.

とまで言い切っていたようです。

そういう挑戦をしている人間を、私達、多くの凡人は『黙って看過する』ことすらできないのです ―― 自分に、1mmも不利益がないにもかかわらず。

-----

今日の日記は、ちょっと纏まりがありません。

Today's diary is a little less organized.

I just tried to reconfirm my policy of

『人生をどう生きたところで、大して変わりはない。ただ、狂えるものがあれば、ちょっとだけ"おトク"かもしれない』

"No matter how you live your life, it doesn't make much difference. However, if you have something to be crazy about, it might be a little bit "good" for you"

という、私のポリシーの再確認をしただけです。

2022/09,江端さんの忘備録

Posted by ebata