「ヤンキー君と白杖ガール」というコミックが、たまたま私の側に来た「巡り逢わせ」に感謝しています。

大学を卒業するまでの時間、本屋に行くと、本の方から私に『私を読んで』という声が聴こえてきたものです。

When I was young, I would go to the bookstore and I would hear a voice from the book saying to me, “Read me".

そうして購入した本には、「"外れ"が少なかった」ような気がします。

I feel like there were a lot of “hits" in the books I bought that way.

ただ、この『本から呼びかけられた』という話を、他の人にすると、結構ウケは良いです。結構な頻度で、共感して貰えます。

However, when I tell others about this 'call from the book’, it’s quite popular. It’s quite common to get people to agree with me.

—–

最近は、そのような「本の声」が聴こえません。

I have not heard the “voice of the book" as such these days.

本屋に行かなくなった、本屋がなくなっている、そして、Amazonで注文するのがラク、など色々な要因がありますが、一番の理由は、

There are many factors, including, “I don’t go to bookstores anymore", “The bookstores come to disappear", and “easy to order from Amazon", however the main reason is

―― 冒険しなくなった

“I stopped the adventure"

と言えます。

新しい考え方や、すでに私の中で凝り固まった考え方に反する意見は、「疲れる」のです。

I get “tired" of new ideas and opinions that go against my ideas already entrenched in my mind.

こういう現象を、きれいな言葉で「保守」といい、汚い言葉で「老化」といい、身も蓋もない言葉では「退化」と言います。

This phenomenon is called “conservatism" in a clean word, “aging" in a dirty word, or “degeneration" in a blunt word.

私も、そういうフェーズに入っているということです。

It means I’m in that phase, too.

—–

Webの広告から「ヤンキー君と白杖ガール」というコミックを見つけて、そのサンプル版を読んでみたのですが、久々に、『本から呼びかけられた』気がして、早速Amazonに注文しました。

I found a comic called “Yankee and the White walking stick Girl" through an ad on the web, and I read a sample version. It’s been a long time since I felt “called out of the book" and I ordered it from Amazon as soon as possible.

本日、そのコミックが到着し、一通り読んで、衝撃を受けました。

The comic arrived today, and after reading it in full, I was shocked.

視覚が不自由な方に対する、自分の絶望的な知識不足に「ぶん殴られた」思いです。

I feel “punched" by my own desperate lack of knowledge about the visually impaired.

(“障害"改め)障がいを理解するのに、データや計算では足りない。

Data and calculations are not enough to understand “persons with disabilities"

「配慮」や「善意」や「親切心」でも足りない。

Even “consideration" and “goodness" and “kindness" aren’t enough.

障がいを理解する為には、障がいと共にある日常の中に生きることで、ようやく、その一歩が踏みだせるのだと、痛感しました

In order to understand “persons with disabilities", I was keenly aware that by living in the everyday life with the persons, I can finally take the first step.

様々な「不自由」を持っている人が、社会に不自由に感じる主な理由は、

The main reasons why people with various “inconveniences" feel inconvenienced by society are

――「社会の不自由」に対する、我々の「勉強不足」と「実践不足」

“Our “lack of study" and “lack of practice" in dealing with “social inconvenience"

にあり、

and

―― その「勉強不足」と「実践不足」を、自分の環境の責任にしている

“We am shifting the blame for that “lack of study" and “lack of practice" to my environment."

ということです。

—–

とは言え、私は、世界の全ての不自由(や不合理や不条理)について責任を持つことはできませんし、そんなことは(少なくとも私には)無理だと思っています。

However, I can’t be responsible for all the inconveniences (and absurdities) in the world, and I don’t think that’s possible.

それに、自分の環境に"ないもの"について、自発的に勉強や実践を始めることも、絶望的に難しいと思っています。

I also find it hopelessly difficult to spontaneously start studying and practicing what is “not" in my environment.

ですから、それらを自分にも他人にも強要するつもりはありません。

Therefore, I don’t intend to force them on myself or others.

しかしながら、偶然であれ、マグレであれ、私の側に近づいてきた"モノ"があれば、私はそれを見逃がさないように心掛けてはいます。

However, if there is a “thing" approaching me, whether by chance or by luck, I try to keep an eye on it.

そして、それを見つけた時には、直ぐに実践できるように、と、自分に言い聞かせています。

And when I find it, I tell myself to put it into practice right away.

「知る」「理解する」「勉強する」「実践する」という志(こころざし)の前では、専門書も、論文も、アニメも、少女コミックも、すべて等価です。

In the face of the aspiration to “know," “understand," “study," and “practice," technical books, articles, anime, and manga-comics are all equal.

—–

「ヤンキー君と白杖ガール」というコミックが、たまたま私の側に来た「巡り逢わせ」に感謝しています。

I’m grateful for the “encounter" that the comic “Yankee and the White walking stick Girl" just happened to have on my side.

2020/08,江端さんの忘備録

Posted by ebata