『1から、いえ、0から始めましょう』

『1から、いえ、0から始めましょう』

“Let us go back to square one …. no, bring it back to zero"

というのは、某人気アニメの超有名なフレーズですが、

This is one of the famouse phrase in the most popular animation.

もし、それを知らなければ、私は、

If I have’t known it, I came to think

「ああ、C言語の配列に関する、一番最初に指導される注意だな」

“It means the first attention from a mentor about an array descrition of C language

と思っただろうな ―― などと、ぼんやりと考えたりしていました。

so I thought vaguely.

int a[100]

int a[100]

という配列宣言をして、

After calling array declaration, and inputting

a[100」= 123;

a[100」= 123;

と入力して、エラーに気がつかずに、システムダウンさせてしまう、とか。

I don’t notice the error and let the system go down, and so on.

—–

文部科学省(というか政府)が力を入れている、プログラミング教育が、今、上手く行っているのは知りません。

I don’t know that programming education, which the Ministry of Education (or rather the government) is focusing on, is now doing well.

一つのチェック方法として、こんな方法があります。

One way to check is the following.

子ども達に、『10数えて下さい』という教師の言葉に対して、

In response to the teacher’s words to the children, “Please count to ten"

「ゼーロ、イーチ, …. キュウ」と数える子どもの数が、クラスの半数以上を越えれば、

If the number of children counting like, “Zero, One, Two….". exceedes half of the class,

我が国における、プログラミング教育は、「概ね成功」との判断ができると思います。

I believe that programming education in Japan can be judged as a “general success".

逆に、「いーち、にーい、・・・」で始まるようであれば、「まだまだ」である、と言えます。

On the other hand, if they start with “One, Two, …", then I can say that they are not ready now.

2020/08,江端さんの忘備録

Posted by ebata