―― 「哲学的取引 (Philosophical Transaction)」

3年前にリリースした国際学会のカンファペーパーに関して、論文化のオファを受けました。

I received an offer to make a paper on the international conference paper I released three years ago.

調べてみたところ、身元もしっかりしていて、SPAMでも広告詐欺でもないようです。

I looked it up and it appears to be a solid identity and not SPAM or an ad scam.

しかし、一つ疑問なのが、オファされた論文のフィールドです。

One question, however, is the field of the offered paper.

―― 「哲学的取引 (Philosophical Transaction)」

“Philosophical Transaction"

—–

哲学とは、「人生・世界、事物の根源のあり方・原理を、理性によって求めようとする学問、あるいは経験からつくりあげた人生観」であるので、これも「技術」の一態様であるとは思っています。

Philosophy is, “the study of life, the world, and the principles of the origin of things, or a view of life created from experience", so I believe this is another form of “technology".

ですので、私は、哲学に高尚なイメージは持っていませんが、この件については、凄い違和感を感じています。

So I don’t have a lofty image of philosophy, but I do feel a terrific sense of discomfort about this offer.

まあ、最近の私の研究「人間の不満(怒り)を数値化して、システム運用に取り込む」という独自アプローチは、「哲学の分野」と言えなくはないのかもしれません。

Well, my recent work on my original approach to “quantifying human dissatisfaction (anger) and incorporating it into system operations" may be a “field of philosophy".

—–

ともあれ、意外なところからの、意外なオファでした。

Anyway, it was an unexpected offer, from an unexpected office.

『なかなか面白いイベントが飛んできたなぁ』と、ちょっと笑いました。

“That’s quite an interesting event to fly in"

I was laughing a bit.

2020/08,江端さんの忘備録

Posted by ebata