『江端さん、嫌がらせですか』

私は、一人で仕事をするのが好きです。

I like to work alone.

ですから、コラムの執筆は、私の性癖にあっているようです。

So, writing the column seems to be in my nature.

しかし、現在のコラムの執筆に関しては ――

But as for writing the current column,

編集担当者のMさん、量子コンピュータの監修者のTさん、そして、いわゆる「無礼な後輩」の御三方の支援なくしては、成立しません。

It wouldn’t be possible without the support of Ms. M. as the editor, Mr. T as the supervisor of quantum computer, and the three so-called “rude junior".

ところが、Mさんを除いては、無償でご協力頂いている(クレジットの表示もご辞退されています)ので、大変心苦しいと思っています。

However, with the exception of Mr. M., I am very distressed by the fact that they has cooperated with me free of charge (and have declined to show credit).

だから、監修や査読のお願いに対して、締切等を申し上げられない立場です。

So it is hard for me ask them for deadline about supervision and peer review

—–

今回、「無礼な後輩」に対して、3回ほど、立て続けにフォローメールをしたところ、

This time, I sent three follow-up emails in a row to the “rude junior, and the call came back and

開口一番、

His first words are

『江端さん、嫌がらせですか』

“Ebata-san, are you harassing me?"

と、電話がかかってきました。

—–

そんな、ボランティアでご協力頂いている恩人に、事もあろうに『嫌がらせ』なんて、そんな不遜な気持ち ――

I don’t like the idea of “harassment" for a benefactor who has volunteered to help me. Such irreverence is

「半分くらい」

“only the half".

しか、ありません。

2020/08,江端さんの忘備録

Posted by ebata