2021/01,江端さんの忘備録

2階の自分の部屋でDockerのポーティングに四苦八苦しているところに、1階のリビングの長女から電話がかかってきました。

While I was struggling with porting Docker in my room on the second floor, I received a call from my senior daughter in the living room on the first floor.

『NetFlixでパパのお勧めのコンテンツは何?』

"What's your favorite content on NetFlix?"

内容が簡単で、感動系で、短いもの、という注文をつけられました。

I was given an order that the content should be simple, touching, and short.

-----

江端家では、NetFlixの1月だけ契約というのを繰り返しています。

In the Ebata household, we have repeatedly signed up for NetFlix for only one month.

連休などの期間のある月だけ契約するのです。

I only sign up for months that have a period of time, such as consecutive holidays.

で、今月の契約期限があと数日になっており、現在、「NetFlixの駆け込み需要」が発生しております。

So, with this month's contract expiring in a few days, we are currently experiencing a "NetFlix rush".

-----

―― それでは 、アニメ『宇宙よりも遠い場所』を勧める

"Then I recommend a anime "A Place Farther Than the Universe""

内容について問われたので、"高校生"、"女の子"、"南極"、などのキーワードを挙げたら、嫁さんが渋い顔をしていました。

When asked about the contents of the book, I mentioned keywords such as "high school students," "girls," and "Antarctica," and my wife looked at me with a reluctant expression.

しかし、

However, I said to them,

『特に、第12話は、バイオレットエバーガーデンの"7話"と"10話"に匹敵する内容であることを保証する』

"In particular, I can assure you that episode 12 is comparable to episodes 7 and 10 of Violet Evergarden"

『もし、時間の無駄だったと思ったら、5万円支払ってもいい』

"If you think it was a waste of time, I'll pay you 50,000 yen.

と私が言い切ったこともあって、しぶしぶ見出したようです。

My wife reluctantly started watching it, because I assured her that I would do so.

-----

この賭け、私が勝つことは、もう分かっています。

I already know that I will win this bet.

2021/01,江端さんの忘備録

「働く細胞」というマンガが、これほど流行っているのに、

With a manga called "Working Cell" being so popular,

「働くコンピュータ」というマンガが登場してこないのは何故だろう ―― と考えています。

I've been wondering why there hasn't been a "Working Computer" manga.

-----

『コンピュータが働くのは、当たり前だろう』というのであれば、『細胞が働くのだって、当たり前だ』と反論します。

If you say, "It's natural for computers to work," then I would argue, "It's natural for cells to work, too.

しかし、細胞の擬人化に、これほどの魅力を感じるのは、

But what makes anthropomorphic cells so appealing,

言うまでもなく、原作者の方の才能と努力のたまものですが ―――

Needless to say, it is the result of the talent and efforts of the original author

細胞の持つ多様な能力や、他の細胞との関係性に、無数のバラエティがあるからで、その中にドラマを見い出せるからでしょう。

there are countless varieties in the various abilities of cells and their relationships with other cells, and I think this is because we can find drama in them.

-----

比して、コンピュータは、基本的にプログラムに命じられたことを、実施するだけの機械です。

A computer, on the other hand, is basically just a machine that does what the program tells it to do.

その動作には、原則として例外がありません(エラービットが発生しても、自己修正されます)。

In principle, there are no exceptions to its behavior (even if error bits occur, they are self-correcting).

プログラムの指示通りにしか動かない機械に「知能が発生する」という考え方が ―― やっぱり私には理解できないのです。

I still don't understand the idea of "intelligence" occurring in a machine that only works according to the instructions of a program.

-----

ですので ――

So...

だれか「働くコンピュータ」というマンガを描いて、私を納得させてくれないかなぁ、と思っています。

I'm wondering if someone could draw a manga called "Working Computers" to convince me to do so.

2021/01,江端さんの忘備録

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

新型コロナ感染のリスクは、量子論を持ち出すまでもなく、中学校で学んだ(ことになっているはず)の確率論で計算ができます。

The risk of new coronary infections can be calculated using probability theory, which you learned in middle school (or should have), without having to bring up quantum theory.

会食の人数による、感染確率の変動の計算方法は、こちらにも記載しています。

How to calculate the variation in the probability of infection depending on the number of people at a dinner can be found here.

そもそも、

To begin with.

■昼のランチが安全で、夜の会食が危険

- Lunch is safe, dinner is dangerous.

とか、

or

■緊急事態宣言前なら安全で、宣言後なら危険

- Safe before a state of emergency is declared, dangerous after.

とか、

―― なんの冗談だ、それ?

"What a joke, that? "

と思われるようなことを信じていた人がいる(らしい)、という事実に、私は心底驚いています(*)。

I was really surprised to find out that there were people who believed in such things (*).

(*)新型コロナウイルス感染症対策担当大臣が「昼間でも感染リスクは変わりません。夜だけでなく昼の外出も控えてください」との緊急メッセージを出した

(*)The Minister in charge of countermeasures against the new coronavirus infection has issued an urgent message saying, "The risk of infection remains the same even during the daytime. Please refrain from going out not only at night but also during the day.

-----

私のメッセージは、一貫して同じです。

My message has been consistently the same.

『外食しても良い。深夜まで酒を飲んでもいい。一晩中語っていても、騒いでいても一向に構わん ――

"It's okay to eat out. You can drink until midnight. You can stay up all night talking, making noise, it doesn't matter.

ただし、それを一人でやれ』

However, do it alone."

これだけです。

That's all.

一人の状態で、ウイルス感染させることなんか、神様にだってできません。

Even God can't infect you with a virus when you are alone.

-----

時代は、「Boys, Be ぼっち」

The time has come to "Boys, Be Alone"!

です。

======

少年よ、孤立を抱け。

Boys be alone!

しかし、独善を求める孤立であってはならない。

Be alone not for your egoism

自己満を満たす孤立であってはならない。

not for your self-satisfaction

他人を批判するという浮ついたものを求める孤立であってはならない

not for that evanescent thing which men call criticism for others.

人間としてあるべき全ての物を求める孤立を抱きたまえ

Be alone for the attainment of all that a man ought to be.

======

上記が、何のパロディであるか分からない人は、スルーして下さい。

If you don't know what the above is a parody of, please go through it.

2021/01,江端さんの忘備録

「シュレーディンガーの猫」について、私は、半端でない時間を費して勉強してきた、という自負があります。

I am proud to say that I have spent a considerable amount of time studying Schrodinger's cat.

そんでもって、多くの人が、勉強前の私と同様に、「シュレーディンガーの猫」の解釈を「知らない」か「誤解している」ということも分かりました。

I also found out that many people either don't "know" or misunderstand the interpretation of "Schrodinger's Cat" as I did before my study.

この話(「シュレーディンガーの猫」)の解説を、家族にしたところ、

When I explained this story ("Schrodinger's Cat") to my family...

次女:「なるほど。『"そういう猫"の存在を"仮定"すると、量子論が理解できる』ということね」

Junior daughter: "I see. "So you're saying that if we 'assume' the existence of such a cat, we can understand quantum theory.

ほら、やっぱり、誤解している。

See, I knew she misunderstood it.

-----

江端:「違う。『"そういう猫"は実在』しているし、『量子状態(例:絶対零度付近)の物質は、すべて"そういう猫"』なんだ」

Ebata: "No, it's not. Such cats do exist, and all matter in the quantum state (e.g., near absolute zero) is such a cat."

という私の言葉に対して、家族の反応は、予想した通りのものでした。

My family's reaction to my words was exactly what I expected.

「半分死んでいて、半分生きている猫」が実在するということを理解しろ、というのが無理なのかもしれません。

Maybe it's impossible for us to understand that "half-dead, half-alive cats" do exist.

実際に、嫁さんも次女も『分からん』の一言で終了しました。

In fact, both my wife and second daughter ended up saying, 'I don't know.

私も、それ以上の説明をしませんでした。

I didn't offer any further explanation either.

少なくとも、5種類の知覚センサしか有さない人間に対して、量子状態を、現時点の地球上の言語で説明するのは不可能だと思っているからです。

This is because I believe that it is impossible to explain quantum states to humans, who only have at least five types of perception sensors, using the current language on earth.

確率を使った数式と数値で、ギリギリ理解可能なレベルになりますが、そもそも、人類は「数字と数式が嫌い」な生き物です。

Quantum theory is just barely understandable with formulas and numbers using probability. However, the human race is a creature that "hates numbers and formulas" to begin with.

-----

今朝、ふと

This morning, I noticed that

―― 今回の新型コロナの感染拡大(爆発)の理由は、「シュレーディンガーの猫」で説明できる

"The reason for the spread (explosion) of this new corona infection can be explained by "Schrodinger's cat""

ことに気がつきました。

「シュレーディンガーのコロナ」

It is "Schrodinger's Corona.

です。

PRC検査の結果が「感染の有無」ではなく「感染の陽性/陰性」という、なんともはっきりしない物言いで語られるのは、

The reason why the results of the PRC test are referred to in such an unclear manner as "positive/negative for infection" rather than "presence of infection" is as follows.

「半分感染していて、半分感染していない私」

The "half-infected, half-uninfected me" is real.

が、現実に存在しているからです。

つまり、感染の有無は、発病するまで確定しないものであり、発病までの間、感染は確率的に、しかも、年齢や環境や体調や行動によって、常に変動しつづけるものなのです。

In other words, the presence or absence of infection is not determined until the onset of the disease, and until the onset of the disease, infection is probabilistic and constantly changing depending on age, environment, physical condition, and behavior.

と、ここで思い出したのですが、

And here I remembered...

「量子論から見たコロナ感染」については、すでに、「轢断のシバタ」医師が論じておられます。

"Dr. Shibata of the Run Over" has already discussed "Corona infection from the viewpoint of quantum theory".

(続く)

(To be continued)

2021/01,江端さんの忘備録

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

それはさておき。

Aside from that.

私(たち?)は、今回の『愚か者として描かれた米国大統領』のおかげで、米国の政治システムを深く知ることができました。

I (we?) thanks to "The U.S. President Portrayed as a stupid", I was able to learn more about the U.S. political system.

特に、米国の二大政党である民主党と共和党について、その違いだけでなく、その政党の支持者の「生々しい顔」を見ることもできました。

In particular, I was able to see not only the differences between the two major political parties in the U.S., the Democratic Party and the Republican Party, but also the "real faces" of the supporters of those parties.

同時に、私は、「自分自身にいい聞かせておかなければならないことがある」とも思いました。

At the same time, I thought to myself, "There are things I need to tell myself.

それは、例えば、

For examples,

■イスラム過激派と、イスラム教の教えを、混同してはならないこと

- Do not confuse Islamic extremism with Islam.

あるいは、

or

■天皇陛下と、天皇制を、混同してはならないこと

- Do not confuse His Majesty the Emperor with the emperor system.

と同様に、

■現職大統領の人格と、米国大統領制度を、混同してはならないこと

- Do not confuse the personality of the current president with the U.S. presidential system.

であり、なにより、

and above all,

■米国共和党の党員と、連邦議会議事堂を襲撃したデモ参加者を、混同してはならないこと

- Do not confuse members of the U.S. Republican Party with the protesters who attacked the U.S. Capitol.

です。

この混同によって、私も含めた多くの人が、政治やマスコミの情宣に「つけこまれやすい」ことを知っているからです。

I know that this confusion makes it easy for many people, including myself, to be "taken advantage of" by political and media sentiments.

私、経験者です。

I'm experienced.

「混同する側」としてだけでなく、「混同される側」としても、です。

not only as a "confuser" but also as a "confused".

-----

ところで ―― 我が国でも「国会襲撃事件」があったのをご存知ですか?

By the way -- did you know that there was an attack on the Diet building in Japan?

日米安全保障条約調印阻止闘争、いわゆる、安保闘争です。

It was the struggle to prevent the signing of the Japan-U.S. Security Treaty, the so-called Security Treaty Struggle.

1959年11月27日、全国で200万人がデモや集会に参加し、全学連主流派を中心とした国会襲撃事件が起こりました。

On November 27, 1959, two million people participated in demonstrations and rallies across the country, and the attacj on the Diet took place, led by the mainstream faction of the All-Japan Federation of Student Self-Government Associations.

ここで私が問題としているのは、

The problem I have here is that my feeling of

―― 「国会襲撃」ではなく、「国会突入」という言葉を使いたい

"I want not to use the term "attack on the Diet" but "rush on the Diet."

という、私の気持ちです。

もちろん、当時は、政府与党は勿論、日本共産党すらも、彼らを『左翼暴力集団』とテッレルを貼って、非難(蔑視)していました。

Of course, at that time, not only the ruling party but even the Japanese Communist Party condemned (scorned) them, labeling them as a "leftist violent group.

つまり、私は、当時の全共闘(学生を中心とした反安保運動)について比較的良く知っていて(まだ、生まれていませんが)、国会突入した当時の学生達に「共感」できるのです。

That is to say, I know relatively well (though I was not born yet) about the Zenkyoto (student-centered anti-Apartheid movement) of that time, and I can sympathize with the students of that time who rushed into the Diet.

-----

つまり、私は、「全共闘の国会突入」には共感して、「連邦議会議事堂を襲撃したデモ参加者」を非難しているのです。

In other words, I sympathize with the "students who rushed into the parliament" and condemn the "protesters who attacked the U.S. Capitol".

この両者に違いはあるのでしょうか?

Is there a difference between the two?

もちろん、あるでしょう。

Of course there is.

それでも、私の「エンジニアリングアプローチ」の視点から見れば ―― 私は、自分がとても「不公平な人間である」と感じてしまうのです。

Still, from the perspective of my "engineering approach" -- I feel that I am being very "unfair".

2021/01,江端さんの忘備録

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

私の知る限り、このような描かれ方は、「ゴルゴ13」では非常に珍しいのです。

As far as I know, this kind of depiction is very rare in "Golgo 13".

「ゴルゴ13」の中で登場する米国大統領は、社会通念上の正義に反することを行ったとしても、そのストーリーの中に、それなりの正当化されうるだけの理由があることになっています。

The U.S. presidents in "Golgo 13" have been supposed to have a justifiable reason in their story, even if they have to do something that is against socially accepted justice.

ところが、現職の米国大統領だけは、このような「知性」を感じさせる描写が見あたらないのです。

The current president of the United States, however, is the only one who has not been portrayed as having this kind of "intelligence.

粗野で、頭が悪く、自我をコントロールできない ―― はっきり言って「三下のギャング」と同程度の取り扱いをされているように感じました。

He is crude, dim-witted, and unable to control his ego -- to put it bluntly, I felt like he has been treated on par with a "low-life gangster".

私が、今回たまたま、そのようなストーリーを読んだだけかもしれません。

Maybe I just happened to read such a story this time.

それでも、私が知る限り『愚か者として描かれた米国大統領』の話を思い出すことができません。

Still, as far as I know, I can't recall a story about a 'US President portrayed as a stupid'.

-----

「ゴルゴ13」は、連載期間50年間、シリーズ総発行部数は2億8000万部という、我が国で最も著名なコンテンツの一つです。

Golgo 13" is one of the most famous contents in Japan with 50 years of serialization and 280 million copies sold.

ここまで支持を受けてきた理由として、「ゴルゴ13」が、我が国の読者の想いや感情に、丁寧に寄り沿ってきたからだ、と思っています。

I believe that the reason why "Golgo 13" has received so much support is because it has carefully followed the thoughts and feelings of readers in our country.

ここから導かれる私の仮説は、

My hypothesis, derived from the above, is that

―― 「我が国の国民の現職米国大統領に対する評価」は、「ゴルゴ13の中で描かれている内容と同じ」

"Our people's assessment of the current U.S. president is about the same as that portrayed in Golgo 13.

です。

(続く)

(To be continued)

2021/01,江端さんの忘備録

私、現在進行中の国際紛争についての知識は、ほぼ「ゴルゴ13」から習得しています。

I have acquired most of my knowledge about ongoing international conflicts from "Golgo 13".

もちろん、「ゴルゴ13」はフィクションストーリーですので、それらを全てを丸ごと信じることはできません。

Of course, "Golgo 13" is a fictional story, so I cannot believe them all in their entirety.

国際情勢の専門家から見れば、「ゴルゴ13」の描く国際舞台の裏表には、噴飯ものの内容もあると思います。

From the point of view of an expert on international affairs, some of the ins and outs of the international arena as depicted in "Golgo 13" are frothing at the mouth.

加えて、私個人は、国際情勢を正しく判断するだけの、情報や人脈、そしてインテリジェンスがありません。

In addition, I personally do not have the information, connections, or intelligence to correctly judge the international situation.

-----

しかし、技術分野、その中でも、コンピュータ、ネットワーク、その他のIT分野に限って言えば、それらに実際に関わっている人間として、判断できることもあります。

However, when it comes to technical fields, especially computers, networks, and other IT fields, as an engineer who has actually been involved in these fields, I can make judgments.

「ゴルゴ13」には、科学技術の解釈について、正確ではない記載が散見されます。

There are a number of inaccurate descriptions of the interpretation of science and technology in the "Golgo 13" story.

しかし、私は、それらに目くじらを立てるようなことはしません。

But I am not going to be blindsided by them.

私たち、科学技術の世界の住人は、こういうことに慣れています。

We, the inhabitants of the world of science and technology, are used to this kind of thing.

むしろ逆に、『ああ、この技術は、世の中からは、こういう風に見えているんだ』ということを知る機会を得ていると言えます。

Rather, on the contrary, I can say that I am getting an opportunity to know, 'Oh, this is how the world sees this technology.

-----

「ゴルゴ13」というのは、基本的には、「良い奴」と「悪い奴」と「愚かな奴」を分けて、その3人を対立構造で描くストーリとして構成されています。

Golgo 13 is basically a story that divides the good guys, the bad guys, and the stupid guys, and portrays the three of them in an opposing structure.

ここで「良い」「悪い」「愚か」というのは、社会通念上の「正義」「悪」「無知」とは違うものです。

Here, "good", "bad", and "stupid" are different from the socially accepted "righteous", "evil", and "ignorant".

ストーリーの中での「善意の者」と「悪意の者」と、そして「愚かな者」というスタイルで描かれます。

In the story, it is depicted in the style of "the benevolent", "the malevolent", and "the foolish".

「良い奴」は「善人顔」で描かれていて、「悪い奴」は「悪人顔」で描かれていて、「愚かな奴」は「愚かな顔」で描かれていますので、すぐに判断することができます。

The "good guys" are depicted with a "good face," the "bad guys" with a "bad face," and the "stupid guys" with a "stupid face," so I can easily judge them.

-----

で、先日、コンビニで「ゴルゴ13」の新刊にざっと目を通していたのですが、ちょっとした違和感を感じました。

So, the other day, I was skimming through the new issue of "Golgo 13" at a convenience store, and I felt something strange.

―― 現時点の現職の米国大統領が「愚かな奴」として描かれている

"The current sitting President of the United States is portrayed as a 'stupid guy'"

(続く)

(To be continued)

2021/01,江端さんの忘備録

現在、私は、ビットコイン(正確にはブロックチェーン)をテーマに、連載を担当しています。

I am currently working on a series of articles on the topic of Bitcoin (Blockchain, to be precise).

この連載の第一回目で、私は『ビットコインの購入と利用の体験をする』と宣言しました。

In the first article of this series, I declared that I would 'experience the purchase and use of Bitcoin'.

この公約を果たすべく、先週の金曜日の深夜に、bitFlyerという仮想通貨取引所にアカウントの作る手続を実施しました。

In order to fulfill this commitment, I went through the process of creating an account with bitFlyer, a virtual currency exchange, late last Friday.

(このプロセスについては、後日の連載でご紹介します)。

(This process will be described in a later series of articles).

日曜日の夜に、メールで住所の記載ミスを指摘されて、現在、再提出中なのですが、その後、全く連絡が来ません。

On Sunday night, I received an email pointing out a mistake in my address, and I was in the process of resubmitting it, but I haven't heard from them at all since then.

―― アンチビットコイン派として、パージされたのかな?

"As an anti-Bitcoin group, have I been purged?"

などと邪推しています。

I'm guessing evil.

まあ、そんなことはないでしょうが。

Well, I don't think so.

-----

そんなこともあって、私、今週末、ビットコインの法定通貨との換金レートをずっと監視し続けていました。

That's why I, this weekend, kept monitoring the exchange rate of Bitcoin to legal tender.

なんだか、今、凄いことになっているようです。

It seems to be a big deal right now.

これを、言語化するのであれば

If you want to put this into words...

『観測史上最大級の台風の接近を、自宅の居間の窓から見ている』

"Watching the approach of one of the largest typhoons in recorded history from the window of my living room"

ような、感じです ―― 他人事のように。

As if it were someone else's problem.

2021/01,江端さんの忘備録

新型コロナウイルスの「集団免疫獲得」戦略は成立しません。

The "herd immunity" strategy for the new coronavirus does not hold.

これは、すでに「轢断のシバタ」先生にご解説して頂いております。

This has already been explained by Dr. Shibata of the "Run Over"

小学生でも分かる方法で理解可能です(台形の面積を導けるのであれば)。

Even elementary school students can understand it (if you can calculate the area of the trapezoid).

----

上記のコラムに記載していますが、「集団免疫獲得」戦略を成立させる為には、

As mentioned in the column above, in order to establish a "herd immunity acquisition" strategy,

―― 毎年196万人以上の感染が必要

"More than 1.96 million people need to be infected every year"

です。

これは、政府が、積極的かつ計画的に感染を広げていなかければ成立しない数値です。

This is a number that cannot be achieved unless the government actively and systematically spreads the infection.

-----

本日までの我が国の新型コロナ感染者数は28.9万人で、死亡者は3850人です。

As of today, the number of people infected with the new coronavirus in Japan is 289,000, and the death toll is 3,850.

この数値を単純に、そのまま当てはめれば、「集団免疫獲得」戦略を成立させる為には、

If this number is simply applied as it is, in order to establish a "herd immunity acquisition" strategy,

―― 年間、2万6110人の死亡者

"26,110 deaths annually"

を前提としなければなりません。

will be needed.

さらに、この「集団免疫獲得」戦略は、中断が許されません。

Moreover, this "herd immunity" strategy is uninterrupted.

これから毎年確実に、196万人に感染して貰って、毎年、2万6110人に死んで貰わなればなりません。

From now on, we must ensure that 1.96 million people are infected every year and 26,110 people die every year.

-----

寿命死亡以外の死亡数について、私の頭の中に書き込まれている数値は、交通事故死亡者4000人/年、自殺者2万人/年です。

Regarding the number of deaths other than lifespan deaths, the numbers written in my head are 4,000 traffic fatalities / year and 20,000 suicides / year.

『この合計とほぼ同数じゃないか』と考える方は、「集団免疫獲得」戦略を主張しても良いでしょう。

Those who think that "the number is about the same as this total" may insist on a "herd immunity acquisition" strategy.

ただ、

However, they must remember

(1)新型コロナとの闘病は(闘病後も)猛烈な苦痛を伴うことと、

(1) The fight against the new corona is extremely painful (even after the fight), and

(2)ウイルスが開発されれば、「集団免疫獲得」戦略で死んでいった人は、「ただ無駄に死んだ」だけ、ということ

(2) If a virus is developed, the only person who died in the "herd immunity acquisition" strategy is "just dead in vain".

は、覚えておいて下さい。

-----

それでも、「集団免疫獲得」戦略を主張する方は、御自由にどうぞ。

Feel free to insist on a "herd immunity" strategy, even if if you know the above facts.

2021/01,江端さんの忘備録

江端家でも、新型コロナウイルスの家庭内感染には注意するようにしていますが、それでもやはり限界を感じます。

In the Ebata family, we try to be careful about household infection with the new coronavirus, but I still feel that there is a limit to what we can do.

家族で会話をしない訳にはいかないし、家の中で始終マスクをしているというのも難しいです。

We can't avoid talking to each other as a family, and it's difficult to wear a mask all the time in the house.

という訳で、現在、政府が「飲食時の会話を集中的に注力する」という方針と同じように、江端家もメインの対策は「飲食時」になっています。

So, just like the government's current policy to focus intensively on conversations during eating and drinking, the Ebata family has also concentrate the time of "eating and drinking".

-----

『医療崩壊直前の今』と言われていますが、『医療崩壊後の今』とは、言われていません。

It's been called "the time just before the collapse of healthcare", but not "the time after the collapse of healthcare".

やっぱり、『医療崩壊』を最初に宣言するのは、誰であっても嫌なのだろうな、と思います。

After all, I guess anyone would not want to be the first to declare the 'collapse of healthcare'.

それは、ギリシャの経済危機に乱発された言葉『デフォルト』と同じ意味だから ―― と思っています。

I think that it is the same meaning as the word "default," which was wildly used during the Greek economic crisis.

『デフォルト』とは、「国家が借金の支払い放り投げる」ということで、つまるところ「国家が国債による支払いをしないと宣言する」ことです。

"Default" means "a nation throws away its debt payments". In other words, "a nation declares that it will not make payments on its bonds".

これに準ずるとすれば、『医療崩壊』とは、「医療による人命救助ができない」ということで ―― なるほど、こんな事実は誰も受け入れたくなく、そして宣言したくないでしょう。

If we were to conform to this (default), 'medical collapse' would mean 'medical inability to save lives'. Well, no one would want to accept and declare such a fact.

だから、いつまでも『医療崩壊直前』という言葉が発せられ続いているんだろうなぁ、と思っています。

I think that is why the phrase "just before the collapse of healthcare" is still being used.

-----

江端:「とにかく、今はしのげ! 家庭内感染は避けられないかもしれないが、『今』はなんとか逃れろ! 来月か再来月なら、余裕をもって治療して貰える可能性がある!!」

Ebata: "Anyway, just keep enduring for now! Household infections may be inevitable, but for now, we've got to get away! If it's next month or the month after that, there's a chance we'll have enough time to get medic!"

というと、次女に思わぬ事を言われました。

When I said that, my junior daughter told me something I didn't expect.

次女:「あのね、私たち(ティーンエイジャ)は、自分たちの感染なんて、ほとんど恐れていないよ」

Junior: "You know, we (teenagers) are hardly afraid of our own infection.

江端:「・・・え?」

Ebata: "...What?"

次女:「私たちは、感染しても、自覚症状がないか、あるいは普通の風邪程度の症状で収まることは、もう分かっているからね」

Junior: "We already know that even if we are infected, we will either have no symptoms or we will be symptoms of a common cold"

江端:「・・・」

Ebata: "..."

次女:「私たちが、普段の日常で話題としていることは、『親に感染させない』『親を殺さない』―― これだけだよ」

Junior: "What we usually talk about is 'not infecting our parents' and 'not killing our parents' - that's all"

-----

つまり、

In short,

―― お前たち(親、高齢者)は、人(子どもたち)の感染を心配している場合か?

"Do you (parents, elderly) have time to worry about infecting others (children)?"

―― 私たち(子ども)から感染を受けないように、お前たち(親、高齢者)が自力で防衛対策を執れ

"You (parents, elderly) should come up with your own defense measures so that you don't get infected from us (children)."

ということのようです。

-----

「被保護者」から「保護者」が心配されている、という奇妙な(人類史上にも稀な)社会現象が、今、進行中です。

There is a strange (and rare in the history of mankind) social phenomenon going on right now, where the "protected" are worried about the "guardians".

今、子どもたちから心配されているのは、私たち(中年と高齢者)なのです。

It is us (the middle-aged and elderly) who are worried about children, now.