私は、デバイスの「完全な死」を見届けたいだけです。

私が愛用している時計は、こちらに記載したものです。

This is about my watch repair.

耐用年数をとうに越えており、すでに同じ時計は入手できませんが、電池交換を繰り返しながら、使い続けています。

It’s already past its service life and the same watch is no longer available. However I continue to use it, changing the batteries repeatedly.

リストバンドはジョイント部が欠けており、もはやリストバンドの交換もできない状況です。

The wristband is missing a joint and the wristband can no longer be replaced.

ですので

So,

―― Amazonで購入したリストバンドを、瞬間接着剤で、強制的にジョイント

“I buy a wristband from Amazon, with instant glue, to force a joint"

しています。

リストバンドが劣化して、切断した場合には、その接続の部分を無理矢理引き剥がして、固化した接着剤をドライバで削ぎ取っています。

If the wristband deteriorates and is cut, the connection part is forcibly peeled off and the solidified adhesive is scraped off with a screwdriver.

案外なんとかなるものです。

It’s surprisingly manageable.

時計に限らず、私は、"モノを直して使い続ける"のが好きです。

Besides watches, I like to “fix things and keep using them."

—–

デバイスを完全に停止するまで使い倒す ―― これは、あまり経済的な行為とは言えません。

“Use it until the device is completely shut down". This is not very economical.

国内消費にも、GDPにも貢献しません。

It does not contribute to domestic consumption or GDP.

私自身「既存システムの積極的な廃棄」をアジテーションしてきた、という自覚すらあります。

I even realize that I have agitated “active disposal of existing systems".

そんな私が『モノを大切にしましょう』などと、おこがましいことが言える立場ではありません。

I’m not in a position to say something, such as “Let’s take good care of things."

私は、デバイスの「完全な死」を見届けたいだけです。

I just want to see the “complete death" of the device.

私がいかなる手を尽しても、絶対的に救えない、究極の死を。

The ultimate death that I can never save no matter what I do.

(続く)

2020/10,江端さんの忘備録

Posted by ebata