『体育祭で、応援団長をやったことがある』

体育祭の季節です。

It’s the season of athletic festival.

もっとも、今年は、コロナ禍によって中止されているようです。

This year, however, the athletic festival seems to have been cancelled due to the corona disaster.

そういう意味では、ごく稀な事例ではありますが、コロナ禍も有効に機能することがある、とも言えるでしょう。

In that sense, it could be argued that corona disasters can also be effective, in if it’s a very rare case.

体育祭なるイベントが、

The events called “athletic festival" are

■本人の許諾を得ない、成績の強制公開イベントであり、

– compulsory release of the results without the person’s permission, and

■誰も異議申し立てができない、究極の「いじめ」であり、

– the ultimate “bullying" that no one can dispute.

■どれほど「憎悪」していたか

– How much I had hated it

については、すでに山ほど述べてきたので、今回は、割愛します。

I have already mentioned a lot about this, so I will omit it this time.

—–

ところで ――

By the way —

次女は、あいかわらず、私が「中学校で生徒会長をやっていた」ことを、ガンとして信じていないようですが、

My junior daughter still doesn’t seem to believe that I was the student council president in junior high school, however,

先日、私が中学二年生の時に

The other day, I said that when I was in the second year of junior high school

『体育祭で、応援団長をやったことがある』

“I was a cheerleader in athletic festival once.

という話をしたら ―― 次女に、もの凄い目で見られました。

she looked at me in a very cold way.

まあ、分からなくもありません。

Well, I could understand her feeling.

私は、学級対抗リレーの選手どころか、徒競走で一番後ろを走っていて、

I was not just a class relay athlete, but running last in a sprint.

組体操にしても、メインのブリッジから、もっとも遠いところに配置されていたような人間です。

and I was placed farthest away from the main bridge in gymnastics.

まあ、"応援団長"という概念から、もっとも遠いところにいたのは確かです。

Well, I was certainly the furthest thing from the concept of a “cheerleader".

理由は色々あるのですが、当時、生徒会長に就任していたことが、最大の要因だったように記憶しております。

There were various reasons, but I remember that being the student president at that time was the biggest factor.

—–

学ランにたすき姿で、グランドの真ん中で大声を出して応援団を統率し、相手側の応援団とエールの交換をする ―― そういうことをやったのです。

I did that in a school uniform, loudly leading the cheering squad in the middle of the ground, and exchanging ale with the enemy cheering party.

本当です。

It’s true.

調べてもらっても大丈夫ですし、証人もまだ存命だと思います。

It’s okay to have them checked, and I think the witnesses are still alive.

それが、どうして、今の私のように、ここまで捻くれた孤独な・・・もとい、誇り高き孤高のエンジニアになったかというと ―― それはそれは、長い長い物語が必要となります。

How did that make me so twisted and lonely as I am now… I mean “a proud, lone engineer", it will take a long, long story to do that.

本当に、うんざりするほどに、長い話が。

Really, it takes a long story to be disgusting.

2020/10,江端さんの忘備録

Posted by ebata