まあ ―― この人のような「みっともない狂い方」をするくらいなら、死んだ方がマシだ ―― とは思っていますけど。

昨日の日記でも記載致しましたが、今、私はとある人物(政治家)についての、かなりの量の調査をしてきましたが、正直疲れてしまいました。

As I mentioned in yesterday’s diary, I’ve just done a fair amount of research on a certain person (a politician) and I have to admit, I’m tired of it.

結論から言うと、

In conclusion.

―― この人の狂い方の「ルール」が分からない

“I cannot understand what the “rules" of this person’s madness are"

——

私、これまで、結構な時間をかけて、人口問題、少子化問題、LGBT、生産性などについて、書籍や論文を読み捲り、仮説を立てて、計算モデルを設計した上で、コンピュータを使って計算し尽くしてきました。

I have spent quite a bit of time reading books and papers on population issues, fertility, LGBT, productivity, etc., making hypotheses, designing calculation models, and doing all kinds of calculations on computers.

■「LGBT」の関係者への直接の取材を行い、記事掲載後もFTMやMTFの方から相談を受け続けており、

– I interviewed the people involved in “LGBT" directly and continued to receive consultations from FTM and MTF even after the article was published.

■「人口問題」については1億2700万のエージェントを使った、数十時間におよぶ国民全数のコンピュータシミュレーションを行い、

– Regarding the “population problem", we conducted a computer simulation of all the people for dozens of hours using 127 million agents.

■「生産性」について徹底的な調査と考察を行い、「一義的に定義できる"生産性"なんぞは存在しない」と断言した

– After conducting a thorough investigation and consideration of “productivity", he asserted that “there is no" productivity “that can be uniquely defined."

当の本人です。

I am the person who have done them.

そんでもって、

In addition,

―― 朧げながらの蜃気楼のような全体像が見えてから、"何"かを語り出す

“After seeing the whole picture like a mirage while being hazy, I start talking about “something"

という、なんとも効率の悪いアプローチで、社会問題を見てきました。

I have seen social problems with an inefficient approach.

—–

私のアプローチは、「仮説とデータと計算」で、現在を調べ、そして、未来を予測する、というものです。

My approach is to look at the present and predict the future with “hypotheses, data and calculations"

私は、別に「他人を説得したい」などとは1mmも思っておらず、上記のアプローチは、「自分が自分に納得させれば足る」ものだからです。

I don’t think “I want to persuade others" at all, and the above approach is “it’s enough if I convince myself".

私は、自分を騙せれば、それで足るのです。

If I deceive myself, that’s enough.

—–

この人も、私と同じように、「他人を説得したい」などとは1mmも思っていないのかもしれません。

This person, like me, may not even think “I want to persuade others" at all.

違いがあるとすれば、「仮説とデータと計算」ではなく、「証拠なし、ロジック無視の、徹底した主観」であるという点です。

The only difference is that it’s not “hypothesis, data, and math," but “no evidence, logic-ignoring, thorough subjectivity."

―― ラクでいいな~

“It seems to be enjoyable"

と思いました。

I think deeply,

このくらい、「ロジックもなく、証拠もなく、自分を騙すころができるのであれば、どんなに人生がラクだろうか」と思うと、本当に、心の底から「羨しい」です。

When I think, “How easy is life if I can deceive myself without logic and evidence?", I really envy her from the bottom of my heart.

—–

私は、「人生狂ったものが勝ち」と思っています。

I think “Lunatics will win eventually".

しかし、私の狂い方には強い制約が伴っている(証拠・データ主義、弱者視点、ロジックの一貫性)分、"弱い"です。

However, my madness is “weak" because of the strong constraints (evidence / dataism, weak perspective, logic consistency).

私の狂い方は、この人の狂い方と比べると、大人と赤子くらいの差があります。

Compared to this person’s madness, my madness is about the difference between an adult and a baby.

まあ ―― この人のような「みっともない狂い方」をするくらいなら、死んだ方がマシだ ―― とは思っていますけど。

Well, I think it’s better to die than to go “crazy unsightly" like this person.

2020/10,江端さんの忘備録

Posted by ebata