長女:「パパは、そういうことが『嬉しい』んだ」

以前、マグカップの代替として、計量カップを購入する話をしました。

I’ve talked before about buying a measuring cup as a mug.

この計量カップ、絶好調です。

This measuring cup is really great.

例えば、カフェオレを作る場合、計量カップに、インスタントコーヒーを投入した後、100ccの牛乳を入れ、300ccの水を加え、電子レンジに放り込むだけで、

For example, to make a cafe au lait, simply pour the instant coffee into a measuring cup, add 100cc of milk, 300cc of water, and toss it into the microwave.

―― いつでも、一定品質のカフェオレが飲める

“constant quality cafe au lait at all times."

ということは、とても素晴しいことです。

So that’s wonderful.

—–

嫁さん:「それが『素晴しい』と思える感性が理解できない」

Wife: “I don’t understand the sensitivity of thinking that’s 'wonderful'"

江端:「家族全員分、購入しようかと思っているくらいだが・・・」

Ebata: “I’m even thinking of buying one for the whole family…"

嫁さん:「絶対やめてね」

Wife: “Absolutely not"

長女:「そんなものより、お洒落な食器を購入してよ」

Senior daughter: “Don’t worry about that, buy me some fancy dishes"

江端:「いいよ。私も食器は好きだ」

Ebata: “Okay. I like the dishes too"

私は観光に行くと、その地方の特産の陶器を、自分用のお土産として購入しています。

Whenever I go sightseeing, I buy local pottery for myself as a souvenir.

—–

江端:「しかし、陶器の内側に、目盛が付いているものが、見あたらなくてな」

Ebata: “But I can’t find anything with a scale on the inside of the pottery"

嫁さん:「なんで、そんなもの・・・」

Wife: “Why is that…?"

江端:「いや、これを使えば、『どれくらいのシチューを皿に投入したか』、そして『現在、どれくらいの速度でシチューを食べているか』が、一目瞭然だろう?」

Ebata: “Well, it will tell me at a glance 'how much stew I’ve thrown into your plate’ and 'how fast I’re currently eating the stew’, won’t it?"

嫁さん:「・・・」

Wife: “…

長女:「パパは、そういうことが『嬉しい』んだ」

Senior daughter: “Daddy, that’s what makes you 'happy'"

江端:「嬉しい」

Ebata:"It makes me happy"

長女:「そうか・・・。パパが『嬉しい』なら、私も『嬉しい』よ」

Senior daughter: “Well… If Daddy’s 'happy’, then I’m 'happy’ too"

2020/10,江端さんの忘備録

Posted by ebata