『私は、今、あんな風に子どもを助ける大人として、がんばっている』

よくアニメやドラマで登場する「教師」などを見て、

Looking at a “ideal teachers" in cartoons and dramas.

『あんな先生が、学校にいてくれたらなー』

“I wish I had a teacher like that at school"

とか、

or

『そんな先生と巡りあっていたら、私の人生も違っていただろうに』

“My life would have been different if I’d had a teacher like that"

という書き込みが散見されます。

I can read scattering of posts like the above on the Internet.

ちょっと調べてみたら、そういうページが沢山ありました。

I did a little research and found a lot of those pages.

ちょっと前なら、「暗殺教室」の「殺せんせー」、最近なら、「俺の青春ラブコメは間違っている」の「平塚先生」などなど。

Not so long ago, it would have been “Koro-Sensei" in “Assassination Classroom", and more recently, it would have been “Hiratsuka-sensei" in “My youth romantic comedy is wront as I expected".

—–

一方

The other side,

『将来、あんな先生になるんだ』

“I’m gonna be that teacher one day"

とか、

or

『私は、今、あんな風に子どもを助ける大人として、がんばっている』

“I’m trying my best to be an adult who helps kids like that now"

という書き込みは、

I could not find the phrases like the above

―― たったの一つも

“at all"

見付けることはできませんでした。

—–

結論:

Conclusion:

私達は、

We are creatures that

■自分の為に、他人に理想を押しつけ、

impose our ideals on others for your own sake,

■他人の為には、自分に努力を課さない、

don’t work hard for others.

そういう生き物です。

2020/10,江端さんの忘備録

Posted by ebata