―― 「教育現場というシステム」は「性犯罪発生装置」として機能する

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

一方、「一般社会の犯罪率と比較して犯罪率は低い」という論文もあります。

On the other hand, the paper says that “crime rates are low compared to the crime rates of the general public".

しかし、逃げられない子どもたちを閉じこめた空間での犯罪を、一般社会の犯罪率と比較して論じても意味はありません。

But crime in spaces that confine children who cannot escape. It makes no sense to discuss this in comparison to the crime rate in the general public.

「教師」に限っていえば、社会の一般的な犯罪に対するスタンスと、同様に取り扱われる訳がないのです。

When it comes to 'teachers’, there is no reason why it should be treated in the same way as society’s general stance on crime.

この論文の表1に記載されている、教員による犯罪者が、2008年~12年の4年間に2685人もいた、という絶対値だけでも、驚愕の事実です(最近のデータは、もっと凄いはずですが)。

The absolute figure alone, listed in Table 1 of this paper, of 2,685 offenders by teachers in the four-year period 2008-12, is astounding (although the more recent data should be even more impressive).

「教師による性犯罪が一般社会と比較して半分程度である」という事実は、「少ない」のではなく、驚愕的に「多い」のです。

The fact that “sexual crimes committed by teachers are about half as high as those committed by the general public" is not “low", but shockingly “large".

そもそも、教師は、基本的には大学出身者からなる高学歴者の集団です。

To begin with, teachers are essentially a group of highly educated people made up of college graduates.

集団で比較するのであれば、「従業員数万人の上場企業の従業員」と比較するのが妥当です。

If you want to make a comparison, it’s reasonable to compare it to “employees of a publicly traded company with tens of thousands of employees".

調査していませんが、断言します ―― この上記2つの集団を比較すれば、教師の性犯罪率の方が圧倒的に高いはずです。

I haven’t studied it, but I assure you — if you compare these two populations above, the sex offense rate for teachers should be significantly higher.

さらに言えば、「自己評価のできない馬鹿な大人と、性被害を告発できない子ども」のペアからなる性犯罪のかなりの多くが明みに出ていない、という確信が私にはあります。

According to the pair of “Stupid adults who can’t evaluate themselves and children who can’t accuse them of sexual assault", I am convinced that a significant number of sex crimes consisting of this pair have not come to light.

もし、ご要望があれば、私が、この連載シリーズで取り上げて、各種の解析手法で調べ上げます。

If you request, I will cover the subject in this series of articles and examine it with various analysis methods.

—–

―― 「教育現場というシステム」は「性犯罪発生装置」として機能する

“The “educational system" functions as a “sex crime generator"

これは、私たち全ての大人にとって辛い現実ではありますが、それでも、この事実の認定から始めなければなりません。

This is a painful reality for all of us adults, but we must begin with an acknowledgement of this fact.

そして、そのような装置の機能を破壊するために、あらゆる手を尽さなければなりません。

And we must do everything in our power to destroy the functioning of such a device.

とりあえず今日のところは、

Anyway, for today, I propose the perspective of

―― 「将来、教師になりたい」という夢を語る若者を「気持ち悪い奴」という目で見る

“Young people who talk about their dreams of being a teacher in the future to be “creepy""

という視点を提案します。

もちろん、酷すぎる暴論であり、恐しいまでの偏見であり、職業差別の極(きわみ)と言えます。

Of course, this is an outrageous argument, a horrible prejudice, and the ultimate in professional discrimination.

—–

ただ、

However, based on the facts of

『そういう目線でお前を見ている奴(江端)が、少なくとも、ここに一人いる』

“There’s at least one person here who’s looking at you like that. That is “Ebata""

という事実を踏まえた上で、教職を希望する全ての若者が、

All young people who want to teach ask themselves,

―― 『自分は、人を教え導く人間である』という「肥大した自我」を持っているのではないか?

“Do I have a 'bloated ego’ that says 'I can be a person who teaches and leads others’?"

と、自分に問いかける「きっかけ」になってくれれば、先ずは良いと思います。

If this is a “trigger" for them to ask themselves, it might be good.

—–

少なくとも、私は「全ての生徒を、平等に取り扱うことができる様な人間ではない」という自己評価を行い、「教職」を候補から外した人間です。

At least, I made a self-assessment that “I’m not the kind of person who can treat all students equally." and has excluded “teaching profession" from by candidates.

そして、その時の私の評価が『恐しく正確であったこと』を、今、心底から実感しています。

And now, from the bottom of my heart, I realize that my evaluation at that time was “terrifyingly accurate".

2020/10,江端さんの忘備録

Posted by ebata