ただ、他の場所と比較して、「相当に悲惨な苦痛」と「耐え難い苦難」と「非人道的な死」の可能性が、相当に高い場所に立っているんだ ――

現在、記録的豪雨で九州全域が大変なことになっております。

At present, the entire Kyushu area is suffering from record-breaking downpours.

私も不安になってきて、先日テレビで紹介されていた「重ねるハザードマップ」を試してみました。

I was getting anxious too, so I tried the “stackable hazard map" that was introduced on TV the other day.

運よく、我が家は、洪水、土砂災害、津波の被害のエリアには入っていませんでした。

Luckily, our house was not in the flood, mudslide or tsunami damage area.

とは言え、地震による倒壊、火災など、災害の脅威から逃がれられる訳ではありませんが。

That doesn’t mean, though, that I can’t escape the threat of earthquake-induced collapses, fires, and other disasters.

—–

私の両親は、伊勢湾台風で、家屋水没の被害を受けた被災者です。

My parents were victims of Typhoon Ise Bay, which submerged their house.

それ以来、江端家の家訓は「水場より高い場所に居所を構える」となっております。

Since then, the Ebata family motto has been “Build up our residence higher than the watering hole".

現在の私の自宅も、高台にあります。

My current home is also on higher ground.

今、GPSロガーとGoogle Earthで測定したら、海抜72メートルの地点にあることが分かりました。

I just measured the place with a GPS logger and Google Earth and found it to be at 72 meters above sea level.

—–

「重ねるハザードマップ」を眺めていたら、なんか、赤いところが帯状に広がっているところがあることに気がつきました。

I was looking at the “stackable hazard map" and I noticed that there was something about a band of red areas that spread out in a band.

ちょっと拡大したら、多摩川付近は、ほぼ全部、洪水警戒エリアとなっていてビックリしました。

When I zoomed in a bit, I was surprised to see that almost all of the area around the Tama River is a flood warning area.

東京全体で調べてみたら、入間川、荒川、江戸川の流域も、ほとんど真っ赤。

I checked the entire Tokyo area and found that the basins of the Iruma River, Arakawa River, and Edogawa River are almost completely red.

東京の23区の多くが、赤色で塗り潰されていて、その赤色の面積の広さは、九州とは比較にもなりません。

Much of Tokyo’s 23 wards are painted in red, and the size of that red area is not even comparable to Kyushu.

まあ考えてみれば、1000万年以上も前から、延々と続いてきたこの「河川の氾濫」こそが、広大な関東平野を作ってきた訳ですから、当然と言えます。

It’s no wonder that this “flood of rivers," which has been endless for over 10 million years, has created the vast Kanto Plain.

関東平野に限らず、人口の集まる平野を有する国内主要都市は、全て、超一級の洪水指定地域になっています。

Not only the Kanto plains, but all the major cities in Japan that have plains where the population is concentrated are all designated as first-class flood designated areas.

—–

単にハザードマップの面積を目視しただけでも、

Just by visually observing the area of the hazard map,

―― 今回のような弩級の豪雨が、首都圏を直撃したら、その被災範囲は軽く100倍は越えるだろう

“If a heavy rain like this one hits the Tokyo metropolitan area, the damage area will be lightly over 100 times"

という、イヤな予測ができてしまいました。

I could make an unforeseen prediction.

そもそも、

In the first place, I am afraid that

■戦争が始まったら、開戦後数分以内で、複数のミサイル(弾頭が付いたやつ)が降り注ぐのも、

– Once the war begins, within a few minutes after the war begins, multiple missiles (those with warheads) will fall

■大地震で数百万人のオーダで被災者を出すのも、

– A large earthquake leaves victims in the order of millions of people

■ウイルス感染症が最短時間で感染が広がるのも、

– a viral infection spreads in the shortest time,

全部、首都圏になると思います。

into the metropolitan area.

—–

だからといって、「どうしろ」だの、「どうすべき」だのとは言いませんが、

However, I have no intention to say “What you should do", “what I should do"

ただ、他の場所と比較して、「相当に悲惨な苦痛」と「耐え難い苦難」と「非人道的な死」の可能性が、相当に高い場所に立っているんだ ――

Now I’m standing in a place where the chances of “substantially distressing", “intolerable suffering" and “inhuman death" are much higher than in other places. –

という覚悟は、しておいた方がいいかな、と思いました。

I thought it would be better to be prepared for that.

2020/07,江端さんの忘備録

Posted by ebata