そう考えると、私の婚活のスタートは「15歳」とも言えるかもしれません。

婚活の広告を見てみると、「意識高い系男」と「高収入男を目指す女」の話が多いです。

If I look at marriage ads, I see a lot of talk about “conscious men" and “women who want to be high-income men".

まあ、そういう人もいるかと思いますが、私は、それは少数と、と思っています。

Well, I’m sure there are some people who do, but I think it’s a small number.

私がこれまでの人生で見てきた限りでは、圧倒的多数が「なんとかなる系」だと思っています。

From what I’ve seen in my life, the overwhelming majority of people are of the “manageable" variety.

—–

これとは逆に、私は、「他の人は上手くいっても、私だけは『なんとかならない』だろう」という悲観と共に生きてきました。

Contrary to this, I have lived with the pessimism that, even if If everyone else does well, I’ll not “manage",

15歳の時に。

When I was 15 years old.

話すことは苦痛ではありませんでした。

I didn’t find the conversation painful.

話術もそこそこできたと思いますし、女子にも嫌われている感じはしませんでした。

I think my speaking skills were pretty good there, and I didn’t feel like the girls didn’t like me either.

生徒会という(当時としては)華やかな立ち位置にもいました。

I was also in the (then) glamorous position of student council.

—-

しかし、体全体で感じる、直感的な「結婚への不向きの性格とインターフェース」を自分の中に感じていました。

But I had an intuitive “personality and interface of unsuitability for marriage" inside me that I felt throughout my body.

具体的に言うのが難しいのですが、「話題がすべる」「共感できるポイトが違う」「現実から乖離した理想」など、「全体から漂う自分への不信感」があったのです。

It’s hard to be specific. However, there was a “distrust of myself that drifted from the whole thing for examples, “off topic", “different kind of empathetic poit", and “ideals divorced from reality".

どうやら、それは、私の主観だけでなく、客観的にもそうだったようです。

Apparently, that was not only my subjective view, but also my objective view.

私に結婚を思い留まらせる為に、合宿まで企画された件は、こちらです。

Here’s the case that they even organized a camp to discourage me from getting married.

—–

私は、その時から『なんとかしなければ』と思っていたように思います。

I think I was thinking from then on, 'I have to do something about it.

そう考えると、私の婚活のスタートは「15歳」とも言えるかもしれません。

With that in mind, it may be said that my marriage activity started at the age of 15.

2020/07,江端さんの忘備録

Posted by ebata