ただ、私が見ている限り、「寡黙な男のほとんどは『低能』」 ―― とまで言わないものの、インプットされている知識量が圧倒的に少ない様に見えました。

「奥方の作った料理に対して、美味しい時には黙っていて、不味い時だけ文句を言う男」が、公に批判されるようになったのは、昭和の終わりころだったように思います。

“A man who keeps quiet about his wife’s cooking when it’s good and only complains about it when it’s bad". It seems to me that it was around the end of the Showa era that such a man began to be publicly criticized.

男は寡黙であるべきである ―― という価値観が、まだ残存していた時代であり、少年期から青年期にかけて、私は辛い目にあってきました。

It was a time when the sense of value that “a man should be silent" still remained. From boyhood to adolescence, I had a hard time.

『口から先に産まれた男』

“A man born before the mouth"

という蔑称で、大人から揶揄(やゆ)されていたものです。

I was scorned by an adult with such a derogatory name.

ただ、私が見ている限り、「寡黙な男のほとんどは『低能』」 ―― とまで言わないものの、インプットされている知識量が圧倒的に少ない様に、見えました。

However, as far as I can see, “most of the silent men are “incompetent"". Even if it was overstated, it seemed that the amount of input knowledge was overwhelmingly small.

つまるところ、私には「勉学や好奇心に決定的に欠けているだけの男」に見えました。

After all, it seemed to me “a man who was decisively lacking in study and curiosity".

—–

「部下の優れた成果に対しては黙っていて、失敗した時にだけ文句を言う上司」は、私が見ている限り、我が国ではデフォルトのようです。

“A boss who is silent about his excellent work and complains only when he fails" seems to be the default in our country, as far as I can see.

日本人は、「優れた成果を褒める」という能力に決定的に欠けている、または、我が国には、「褒め方」の教育プロセスがない様にも思えます。

Japanese people are decisively lacking in the ability to “praise excellent results", or it seems that our country does not have an educational process of “praise".

(続く)

(To be continued)

2020/07,江端さんの忘備録

Posted by ebata