『天才とそうでない者を分けるものは何か?』

『天才とそうでない者を分けるものは何か?』

“What separates the geniuses from the non-geniuses?"

私、このネタについては、何度も記載してきました。

I have described this story many times.

■「天才は、自分の天賦の才(天才)に無自覚である」というのが、私の観察結果です。

My observation result is that “Genius is unaware of their genius".

■故に、彼らは、平気で「毎日の練習」だの「継続は力」だの「努力は報われる」だのと言い放ちます。

Therefore, they are confident that they are “everyday practice", “continuation is power" and “effort is rewarded".

■ですので、私は、人に説教垂れる「こと」が嫌いですし、人に説教垂れる「奴」はもっと嫌いです。

So I don’t like to give a sermon to others, and don’t like a person who give a sermon to me more.

■『致死率"100%"だけど、伝染率"0%"のインフルエンザ病症』

“Influenza disease with a lethal rate of" 100% “and a transmission rate of" 0% “"

—–

基本的には、この考え方、

Basically, this thoght is coming from the topic of

■それは、彼らの一人一人が「狂っている」からです。

Each member of them becomes crazy.

がベースですが、今回は、さらにこの「狂い方」についてお話したいと思います。

Today, I would talk about the “crazy".

—–

(1)原子爆弾は、かなり早い段階で、その基本方式については分っていました。

(1) The basic method of the atomic bomb was known very early on.

(2)しかし、それが実現されるのは、「マンハッタン計画」を待たなければなりませんでした。

(2) However, it had to wait for the “Manhattan Project" to be realized.

(3)そして、広島、長崎への原爆投下後、各国は続々と開発に成功していきました。

(3) After the atomic bombs were dropped on Hiroshima and Nagasaki, each country succeeded in development one after another.

この(1)~(2)の期間と、(2)~(3)の期間に、メチャクチャな差があるのです。

There is a messy difference between this period (1)-(2) and the period (2)-(3).

感じとしては、1/10~1/20の期間です。

As my feeling, it was a period from 1/10 to 1/20.

これは、各国スパイの暗躍や、内通者の存在は確かに大きかったのですが、一番大きいかったことは、

It was true that the spy of each country’s spies and the presence of insiders were big reasons, howeer, the biggest thing was

―― 原子爆弾を「作ることができる」という事実

“The fact that we can “make" an atomic bomb"

です。

(続く)

(To be continued)

2020/07,江端さんの忘備録

Posted by ebata