tile38のdockerの環境を作る

2020年6月1日

[tile38のdockerのインストール]

docker pull tile38/tile38
(これは1回で良い)

[tile38サーバのdockerの起動]
Windows10のコマンドプロンプト立ち上げて
docker run -p 9851:9851 tile38/tile38

で、サーバ起動

C:\Users\ebata>docker run -p 9851:9851 tile38/tile38


てな表示が出てきて、表示がロックされる

[tile38クライアントのdockerの起動]

F:\tile38-master>docker run –net=host -it tile38/tile38 tile38-cli
127.0.0.1:9851>

(ちなみに、"docker run -it tile38/tile38 tile38-cli"だと、"Could not connect to Tile38 at 127.0.0.1:9851: Connection refused"が連続で出てくる)

なんだかよく分からないが、https://tile38.com/topics/command-line-interface/ に記載されている内容を入力すると、こうなった。

127.0.0.1:9851> SET fleet truck1 POINT 33.5123 -112.2693
{“ok":true,"elapsed":"45.7μs"}
127.0.0.1:9851> SET fleet truck2 POINT 33.4626 -112.1695
{“ok":true,"elapsed":"8.9μs"}
127.0.0.1:9851> SCAN fleet
{“ok":true,"objects":[{“id":"truck1″,"object":{“type":"Point","coordinates":[-112.2693,33.5123]}},{“id":"truck2″,"object":{“type":"Point","coordinates":[-112.1695,33.4626]}}],"count":2,"cursor":0,"elapsed":"56.7μs"}
127.0.0.1:9851> NEARBY fleet POINT 33.462 -112.268 6000
{“ok":true,"objects":[{“id":"truck1″,"object":{“type":"Point","coordinates":[-112.2693,33.5123]}}],"count":1,"cursor":0,"elapsed":"37.2μs"}
127.0.0.1:9851> GET fleet truck1
{“ok":true,"object":{“type":"Point","coordinates":[-112.2693,33.5123]},"elapsed":"8.8μs"}
127.0.0.1:9851> DEL fleet truck2
{“ok":true,"elapsed":"5.5μs"}
127.0.0.1:9851> DROP fleet
{“ok":true,"elapsed":"1.9μs"}
127.0.0.1:9851> q
(error) unknown command 'q’
127.0.0.1:9851> quit

というように、とりあえずDockerのtile38サーバの起動を確認。

========

ちなみに、ダウンロードしてきた"tile38-master.zip"からDockerを作ろうとしましたが、上手くいきませんでした。
(Docker使うなら、上記の手順と同じことになります)

ただ、手順は間違っていないと思うので、書き残しておきます。

tile38-master.zipを解凍して、tile38-masterの中で、makeを実施(Goのインストールは前提)。

すると、tile38-masterの中に、
tile38-benchmark
tile38-cli
tile38-server

ができる。

あとは、docker build .
で、Docker Imageができる。

が、このImageの中に上記の3つが入らなくて、頭を抱えて週末が終わった。

(結局、"docker pull tile38/tile38″ ,"docker run -p 9851:9851 tile38/tile38″だけで足ることが分かったのは、日曜日の夜だった)

2020年6月1日2020/05,江端さんの技術メモ

Posted by ebata