2019,江端さんの忘備録

まだまだ少ないとは言え、職場にも色々な国の人が勤務するようになってきました。

Although there are still few, people from various countries are now working in the office.

さらに、職場だけではなく、一昨年前には、私の作っている研究用のソフトウェアの開発を支えてくれた2つの組織(委託外注)の人が、大陸(中国)の人と、半島(韓国)の人だったことがあります。

Furthermore, two years ago, not only in the workplace, persons who worked at the two organizations (contract subcontractors) that supported my software work come from the continent (China) and the peninsula (Korea).

今になって考えると『なかなか国際色豊かなチームだったなぁ』と思います。

I think that it was a very international team.

とにかく仕事が早くて、的確な上に、私の要求仕様を上まわるものを、納期までに納めてくれますので、『もの凄く助かった』という記憶があります。

Anyway, they were working fast and accurate, and they delivered the products that exceed my requirements by the delivery date. I remember "it was very helpful".

しかし、私が、『国際色豊かなチーム』であることに気がつかなかったのは、私が、「リベラル」だとか、「コスモポリタリズム(世界市民思想)」であるとか ―― そういうこととは関係ありません。

However, the reason why I didn't realize "international team" was, not that I am "Liberal" or "Cosmopolitalism (World Citizen Thought)", but it has nothing to do with that.

―― 普通に日本語を使っていて、コミュニケーションに問題が発生したことが一度もなかったから

"Because they used Japanese normally, and never had any communication problems"

です。

私にとって、「私とは、私と私の環境である」ということは、オルテガ(*)に言われるまでもなく、私の日常です。

For me, "I am both me and my environment" is my daily life, not to be told by Ortega(*).

(*)ホセ・オルテガ・イ・ガゼット(1883-1955)

(*)Jose Ortega i Gazette (1883-1955)

私にとって、私の環境の外のことは、どーでも良いし、興味もありません。

I am not interested in anything, and I don't care of anything beside my environment.

-----

ところで、太平洋戦争後、米国において、製品の品質の悪いことを表現する形容句が、

By the way, after the Pacific War, in the United States, an adjective that expresses poor product quality was

"Wouldn't it. It is made by Japan (仕方ない。日本製だからな)"

だったことを知っている人は少ないと思います(古い映画のフレーズに登場しています)。

I think few people know this fact (that appears in old movie phrases).

今でこそ、日本製品の品質は世界で評価されていますが、その当時は全く逆だったのです。

Now, the quality of Japanese products has been recognized around the world, but at that time it was exactly the opposite.

-----

さらに、話は変わります。

The story changes.

3年ほど前、新人を交えた打合せで、

About 3 years ago, in a meeting with newcomers, when he said,

『中国の製品の品質は悪くて、日本とは競争にならないと、ゼミの教授が言っていました』

"A seminar professor said that "the quality of Chinese products is bad, and we don't have to compete with Japanese products""

という発言をした時に ―― 私は珍しく怒気を含んだ言い方で、その新人を嗜めたことがあります。

I have reprimanded him with an unusual angry phrase.

「中国が製造大国になり、日本の製造業の多くが大陸に移転して20年。その期間、ずっと『品質を悪く維持しつづける』ということが、できると思うか?」

"Twenty years have passed since China became a manufacturing power, and many Japanese manufacturing industries moved to the continent. Do you think you can "keep quality bad" throughout that period?"

―― と。

(続く)

(To be continued)

2019,江端さんの忘備録

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

ところで、「そんな小さいことを気にするな」と語る主人公が登場する話は、低能系の少年/少女向けのマンガ誌(*)の連載に多いようです。

By the way, it seems that there are a lot of stories in which the main character who says "Don't worry about such a small thing" appears in the series of manga magazines (*) for little-brain boys / girls.

(*)河原で殴り合いをした後で、大の字になって笑い合うという、典型的な低能マンガ

(*) A typical little-brain manga in which people laugh at river side after fighting to each other.

しかし、そのマンガを作成している人(漫画家)は、決められた締切 ―― そんな小さいこと ―― を守る為に、不眠不休、死に物狂いで、それを描き上げています。

However, the person who is making the manga (manga artist) is drawing up with sleepless restless, and dying to go mad. "such a small thing".

―― 締切を守らないマンガ家は、いずれ捨てられます。

"Manga artists who do not keep their deadlines will eventually be abandoned.

そのコンテンツがどんなに素晴しいものであったとしても、締切を守らないことによる損害コスト(編集、印刷、流通コスト)や、読者の不満が、そのコンテンツの価値を越えてしまうからです

No matter how wonderful the content is, the cost of damage due to failure to meet deadlines (editing, printing, distribution costs) and readers' dissatisfaction is going to exceed the value of the content.

-----

私は、「小さいことを気にすること」は、とても大切なことだと私は思っています。

I think that "careing for small things" is very important.

「大きいこと」は、詰まるところ、沢山の「小さいこと」から構成されているからです。

After all, "big things" consist of many "little things".

「大きいこと」を「大きいこと」のまま実現できると勘違いしている人もいるようですが。

It seems that some people misunderstand that "big things" can be realized as "big things".

-----

もっとも、「小さいこと」を気にすることは大切ですが、その大半が無駄な努力となってしなうことについては、諦める必要があります。

However, it is important to care about "small things," but it is necessary to give up on the fact that most of them become useless efforts.

また、「小さいこと」を気にしすぎて、大切なもの(自分の心と体)を壊してしまっては、本末転倒です。

Also, if you are too concerned about "small things" and break something important (your own mind and body), it is a fall at the end of the day.

このバランスが難しいのです。

This balance is difficult.

2019,江端さんの忘備録

私は、かなりの小心者です。

I am a pretty coward.

■展示会の前日の日の夜には、現地入りをし、翌日は下見に行きます

- I will visit the site on the night of the day before the exhibition, and will go to preview the site the next day

■学会発表の前も、あたまが真っ白になってもしゃべれる程度に、練習を繰り返します

- Before the conference presentation, repeat the exercise in the hotel room even if I lose all lines with tension.

■朝早くにデモ発表を行う時は、前日にその荷物をもよりの駅のロッカーに入れておきます

- When I have to make a demonstration of test system early in the morning, I put the luggage in the locker of the train station the day before

という念の入れ方です。

I will check just in case.

これらの行為の99%は、考え過ぎであり、杞憂です。

I know, that 99% of these actions are over thought.

しかし、私は、

However,

―― 世間の善意や、自分の幸運を、信じない

"I do not believe in the goodness of the world or my fortune"

ので、仕方がありません。

So it cannot be helped.

-----

世の中には、「展示会や学会発表がどうなろうが、そんな小さいことを気にするな」と言い放つ人がいます。

Some people in the world say, "don't worry about such small things, like exhibitions and conference presentations"

なぜ、言い放つことができるのか。

Why can they say that?

他人事だからです。

It is because it is other personnel affairs.

人間、「他人事」は、どーだっていいのです。

Everyone is not interested in "others".

自分に関することで、「小さいことを気にするな」を本気で信じている人は ―― 基本的に、社会人としては、失格です ―― というか『単なるバカ』。

People who really believe in "do not worry about small things" is disqualified as a member of society --- honestly speaking, "just a stupid"

「小さいことを、キチンとやらない人」は、社会的に信用されず、仕事を任せては貰えません。

People who do not do small things are not trusted by society and cannot get a job.

(続く)

(To be continued)

2019,江端さんの忘備録

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

思想家や哲学者の名前くらいしか知らない私にとっては、それを判断する材料がありません。

For me who only knows the names of thinkers and philosophers, there is no way how to judge true or false.

相手を論破するには、その思想家や哲学者の原書について、徹底的に学習しなければなりません。

In order to refute the opponent, I must thoroughly learn about the original book of the thinker and philosopher.

が、そもそも、私は、そういうものには興味がありませんでした。

But in the first place, I was not interested in such things.

それに、その当時から、

Besides, from that time,

―― 社会を良くしようと志向する者(哲学者)が、大衆に理解できない本を書いてどうする

と思っていましたし、

"How does a person (philosopher) who intends to improve society write a book that the public can not understand?"

「そういうスタンスの哲学者の著書など、私が苦労して理解してやる必要はない」とさえ思っていました。

I thought "I don't have to work hard to understand such a philosopher's book on such a stance,"

-----

そこに行くと、技術(特に工学)の世界は、明快です。

On the other hand, the world of technology (especially engineering) is clear.

―― 当初の予定通り動いたモノだけが正解であり、動かすことができた人間だけが正義

"The only thing that moved as originally planned is the correct answer, and only the person who was able to move is justice"

という絶対的な価値基準があります。

This is an absolute value standard.

ですから、どんなに偉そうに技術を語ろうとも、(少くとも私は)、モノを動かせない人間は、1mmも信用しません。

So, no matter how well they speak technology, at least I can not trust anyone who can not move things.

特にコンセプトだけ語って、パワーポイントを量産するだけの奴は、私の記憶の中には残りません ―― で、人工知能技術の分野で、こういう手合いが多い。

Especially, a person who speak a concept only and mass-produce the power point, is out of my scope. there are many such people in the field of artificial intelligence technology.

私は、100枚のパワーポイントを量産する人間より、自分の手で100行の動くプログラムを書く人間を、信用します。

I trust people who write 100-line executive programs with their own hands, rather than those who mass-produce 100 power points.

実際にモノを作る人の声は、有無を言わせぬ説得力があり、かつ、そのようにして作られたモノは、暴力的なまでに強い。

The voice of those who actually make things is very persuasive, and things that are made in this way are strong enough to be violent.

私は、その動くモノを見て、その中身を検証し、そのモノに込められた技術力に驚嘆するのです。

I look at the moving things, examine their contents, and marvel at the technological powers put into them.

-----

もっとも、私は「コンセプト」を作る人間をバカにしている訳ではありません。

However, I am not a fool of the person who makes the "concept".

「コンセプト」は、それが、実行が状態直前と言えるほど、具体的で現実性のあるならば、それは「モノ作り」と同じと思っています。

The "concept" is, I think that is the same as "making things", If it is so concrete and realistic that it is an immediate execution possible state.

その「コンセプト」を、現実に実行可能状態にして見せて貰えれば、私は、その人に心酔し、盲従すると思います。

If they show the concept in a practical state, I think that I will be obsessed and obsessed with them.

それとは逆に、単なるパワーポイント作成者に留まっている人間を、私は「コンセプト屋」と呼んで、蔑んでいます。

On the contrary, I don't like a person who is just a PowerPoint maker with calling "concept shop".

残念ながら、私の人生においては、「コンセプト屋」(その他、「標準化屋」とか「ビジネルモデル屋」とか)を越える人に、出会ったことがありません。

Unfortunately, in my life, I have never met people beyond "concept shop" (others, "standardizing shop", "business model shop", etc.).

今のところ、「モノ作り」以外のことで、この私を、心酔、盲従させた人間は、一人もいないのです。

For now, other than "making things", there is no one who has made me insane, blind and obedient.

2019,江端さんの忘備録

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

しかし、私が、その自治寮で行われる勉強会で、本当に困ったことは、彼らの「文章能力のおそまつさ」でした。

However, what I felt really troubled at the study sessions held at the dormitory was their "sorry writing ability".

私は理系の学生でしたので、コンセプトを図や数字で表わすことの必要性は、よく分かっていたのですが、寮生のプレゼンの酷さは、もう、絶望的なほどでした。

Since I was a science student, I knew well the necessity of representing the concept with figures and numbers. The badness of the dormitory's presentation was hopeless.

私の、物事を図面入りでロジカルに説明する、レポート形式の総括文は、

A summary statement in my report form that explains things in a complete and logical way, was just criticized as

「安直な図式主義」

"Easy Schemeism"

と批判されたくらいです。

もっとも今の私ならば、

Now I can say

『自分の主張を、人に説明できる程度に纏めて、ロジカルに説明できない、お前の頭が悪すぎるんだ』

"Your head is too bad to summarize your claim and explain it to others"

と断言できますが、当時の私は『そういうものかな』と思ったりもしました。

However at the time, I could not know which one is correct.

今の私ば、奴らの知性の低さに、1mmの疑義もありませんが。

Now there is no doubt of their ignorance.

-----

で、当時の自治寮で、この「頭の悪い文章」がまかり通ったのは、いわゆる哲学者とか思想家とか言われる者たちの、「訳の分からん原書」の影響があったのではないか、と、私は考察する訳です。

I will consider that at the time of the self-governing dormitory, the reason of this "innocent writing" passed through, was the influence of "the translation of the original book" by philosophers and thinkers.

「訳の分からん文章」を書くことが正しい ―― のような、アホな考え方の根底には、

"Unreasonable writing" is right --- at the bottom of this foolish thought, I think there are two possibilities.

(1)テクニカルライティング(ロジカルライティング)の能力が絶無

(1)There is no technical writing (logical writing) ability at all

(2)もし、上記(1)の手法で記載すると、自分の考えの底の浅さが簡単に露呈してしまう

(2)If it is described in the above method (1), the shallowness of the bottom of their idea is easily exposed

のいずれかがあっただろうと思います。

いずれもしても、そういうものに付き合わされるアホらしさに気がついて、とっとと退寮した(しかも寮長在任中に)私は、実に賢明だったと思うのです。

Anyway, I think I was really wise. Because I noticed that I was being stunned with such things, and I left the room soon. even I was a leader of the dormitory.

私が上記の自治寮での議論の中で、彼らが濫用する思想家や哲学者の引用を聞く度に、

In the above discussion in the dormitory, whenever I heard a quote from a thinker or philosopher they abuse, I thought

―― おまえ、本当にこの原書の内容を理解した上で、話をしているのか?

"Are you really talking after understanding the contents of this original book?"

と思っていました。

(続く)

(To be continued)

2019,江端さんの忘備録

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

私、学生の頃、いわゆる自治寮というところに住んでいました。

When I was a student, I lived in a so-called autonomous dormitory.

10年前の、学生運動の残滓の念が残っただけの、学生に対してほとんど存在感をアピールできない寮でした。

The dormitory had only the remnants of the student movement ten years ago remained, and could hardly appeal to students.

しかし、寮生の一部には、その自治寮の理念を誇りに思っている者もいました。

However, some of the dormitory students were proud of the principles of the dormitory.

そして、小さな町工場の息子であって、零細企業の悲哀を思う存分味わってきた私は、哲学者やら思想家やらの言葉を引用して、議論をする彼らとは ―― とことん、相容れませんでした。

And I was the son of a small town factory, and I had tasted the sorrows of small businesses. So I could not agree with them whom quoted the words of philosophers, thinkers and others.

■資本家による搾取だぁ? バカいってんじゃねーよ。日本の97%の企業は中小または零細企業で、その社長の殆どは、大企業のサラリーマンよりはるかに貧乏だぞ

- Is it exploitation by a capitalist? Don't be stupid. 97% of companies in Japan are small companies, and most of their presidents are much poorer than business persons of large companies.

■大企業にしても、株主監視の元、アホな経営やっていたら忽ち解任されるし、生き残る為に、やむなく従業員を切りすてるという選択を行っているだけだ

- Even a large company, under the supervision of shareholders, under the supervision of shareholders, if management is doing bad management, they will be dismissed at the moment. In order to survive, they simply make the choice to lay off their employees.

とまあ、その当時にあって、不渡りの連鎖で、取引先の夫婦が首吊り自殺をして、父の会社も倒産直前まで至った、その社長の息子は ――

Well, at that time, the son of that president whose father's business partners were hanging suicide and father's company also reached just before bankruptcy in the chain of failure,

薄ら笑いを浮べながら、彼らのアホらしい空虚な議論を聞き流していました。

While making me laugh, he was listening to their ridiculously empty arguments.

(続く)

(To be continued)

2019,江端さんの忘備録

NHKテキストの「100分de名著」も、カント→オルテガ→スピノザと読み進んでおります。

The NHK text "100 minutes de masterpiece" is also read from Kant, Ortega to Spinoza.

テキストをトイレに持ち込み、湯船に落し、蛍光ペンで記入しまくり、わずか1日でボロボロにしています。

I brought the text to the bathroom, dropped it in the bathtub, filled it with a highlighter, and frayed it in just a day.

『このシリーズのテキスト、フルコンプしてもいいな』と思いましたが、良く見たら、読みたくない著者のテキストもあるので、多分、フルコンプはしないでしょう。

I thought "It's okay to collect the whole text of this series".But when I checked it closely, I noticed that there were some author texts that you do not want to read. So I will not collect the whole text.

ともあれ、一冊600円程度で、コスパも最高です。

Anyway, one book is about 600 yen, cost performance is also the best.

-----

ただ私が分からないのは、なんで、それらの哲学者は、自分自身で「100分de名著」のような本を書かなかったのだろうか、ということです。

The only thing I do not know is why those philosophers didn't write a book like the "100 Minutes de Masterpiece" by themselves,

本当に、哲学書の原書は、

Indeed, the original book of philosophy is like,

『おまえさあ、読者に読んで貰おうという気持ち、1mmでもある?』

"Oh, well, Do you have a feeling that you would like the reader to read your book? "

というくらい分かりにくいのです。

difficult to understand.

まあ、私は、日本語訳になったものを読むことになるので、「原書の分かりにくさ」というのは、正直良くわからないです。

Well, I read Japanese translation versions, so honestly I do not understand "how difficult the original book is"

とはいえ、日本語訳を書いた人は、それを理解した上で、そしてできるだけ原書に忠実に日本語翻訳しようとしていたはずです。

However, the person who wrote the Japanese translation should have tried to translate it as closely as possible to the original book after understanding it well.

従って、原書そのものが難解である、ということは間違いではないと思うのです。

Therefore, I think that it is not wrong that the original book itself is difficult.

(私が原書を読むのは、本当に、それ以外の一切の手段が尽きた時、泣く泣く購入する"英語"の"技術書"だけです)

(I am only reading the original English technical book when When all other means are exhausted.

―― 社会を良くしようと志向する者(哲学者)が、大衆に理解できない本を書いてどうする

―― How does a person (philosopher) who intends to improve society write a book that the public can not understand?

と思うのです。

I think so.

私は、『原書は原書として、そのサマリもキチンと書けよ』、『後世の人間に「100分de名著」などという仕事を任せるんじゃねえ』と言いたい。

I would like to say, "As same an original book, write the summary as well as a summary," "you will not leave the work of" 100 minutes de masterpiece "to later generations."

(続く)

(To be continued)

2018,江端さんの忘備録

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

まあ、ぶっちゃけて言うと、仏教の経典とは、

Well, quietly speaking, the Buddhist scriptures are,

■ゴーダマシッダルダさんの教えをベースとして、

based on the teachings of Mr. Goudama Siddhartha,

■加えて、ゴーダマさんを神格化して、ストーリーにぶっこみ、

to deify him, and to pull him into the scriptures,

■さらに死後の世界観にまで拡張した

further to extend to the world view after death

「二次創作物」

"Secondary creations"

です。

「二次創作」ですから、コミックマーケットのブース数だけ、二次創作物がある訳です。

They are "secondary creations" so, the numbers of them are as many booths as the comic market.

これが「宗派」です。

These are "sects".

企業ブースクラスだけを挙げても、三論宗・法相宗・華厳宗・律宗・倶舎宗・成実宗・天台宗・真言宗・融通念仏宗・浄土宗・臨済宗・曹洞宗・浄土真宗・日蓮宗・時宗・普化宗・黄檗宗・修験宗 があります。

Even if you mention only company booth classes, there are Sanronshu, Housoushu,Kegonshu, Ritsushu, kushashu, Zyouzyutsushu, TTendaishu, Shingonshu, Yuuzuunenbutsushu, Zyoudoshu, RInzaishu, Soutoushu, Zyoudoshinshu, Nichirenshu, Zishu, Fukeshu, Oubakushu, SHugenshu.

サークル参加(国、地域、地方に土着のもの、または原理主義等)を入れれば、数え切れないでしょう。

If you enter circle participation (national, regional, regionally indigenous, fundamentalist etc.), you will not be counted.

故に、仏教の経典というのは、

Therefore, the Buddhist scriptures, are

―― ゴーダマシュッダルダさん没後、2500年オーダの時間をかけて創作され続けた膨大な物量の「同人誌」

"Doujinshi(fan fiction)" which are huge amount of materials, and has been revising over the period of 2500 years, after Goudama Siddhartha's death.

という理解で、それほど間違っていないと思っています。

I believe that this my understanding is no bad.

ゴーダマシッダルダさんが、まったく想定すらしていなかった、死後の儀式 ―― 通夜、本葬、初七日、四十九日、N回忌(N=1,3,..50)は、「同人誌」の産物という訳です。

"Rite after death", for example, wake, main funeral, first seven days, nineteen days, N conclusion (N = 1, 3, .. 50), has been produced by Doujinshi

しかし、私は、「だから、この『同人誌』..,もとい、各宗派の経典には全く意味がない」などと言うつもりはないのです。

However, I do not intend to say, "This doujinshi .., correction, sectarian scriptures have no meaning at all".

------

例えば、

For example, I suppose

―― 私の娘が不幸な事故や病気で死去したら、その私は、何もせずにいられるだろうか?

"If my daughter dies from an unfortunate accident or illness, can I be without doing anything?"

と、考えます。

生き返らせることができない娘に対して、親である私がやりそうなことは、

To my daughter who can not be revived, I think that what I am going to do as a parent, are

■絶望的にゼロに近い可能性であっても、それに賭けて、幸せな来世や転生を、すがりつくように祈り、

even if the possibility of being close to zero despairably, I am praying to cling about daughter's happy afterlife and reincarnation, and I bet on that.

■毎日のように、世界中の全ての宗教の葬儀を試み、葬儀会場を花で埋めつくし、ありとあらゆる幸せな死後を祈願する言葉を、無限に唱え続け、

almost every day, trying funerals of all religions all over the world, filling the funeral hall with flowers, continuing to chant infinitely words to pray for every and every happy death,

■四十九日、一回忌、三回忌はもとより、五十回忌だって、『あの子を忘れないでくれ』と、出席者にすがりついてお願いをし続ける

keep asking attendees to cling to attendees, saying "Do not forget her" not only for the first day, 1st anniversary, 3rd anniversary, 50th anniversary

ということだろうと思えました。

逆に言えば、「葬儀」というシステムがなければ、子に先立たれて、残された親たちは、悲しみで狂ってしまうかもしれない ――

Conversely, without the system of "funeral", parents who preceded their children may be crazy with sorrow.

と。

-----

同人誌・・・ではなく、仏教の経典の教えは、それが、例え、二次創作物であったとしても、

Doujinshi... correction, the Buddhist scriptures, are, even if they are secondary creations,

■遠大な時間の中で、膨大な数の人間を観測し、

- during an enormous amount of time and observation of a huge number of people,

■生きている(×死んでいる)人間の心をラクにする為の、

- to ease the living (x dead) human heart,

■試行錯誤のユースケースの集大成である、

- the culmination of trial and error use case,

と考えれば、実にしっくりと理解できるのです。

If I think, I can really understand exactly.

仏教の説く「死後の世界」とは、「死者の為の世界」ではなく、「現世で生き続けなければならない人間の心をラクにする為の『バーチャルワールド』―― "夢と魔法の王国"みたいなもの」です。

Buddhism's preaching "the world after death" is not "the world for the dead", but "the virtual world to make the heart of human calm". They are not for dead, but for living human beings, like "the Kingdom of Dreams and Magic".

(Although "the world after death" is also used as a "threatening system" of religion (I think that this is the main thing))

(続く)

(To be continued)

江端さんの忘備録

昨日の日記を読み返しているんですが、

I am reading the diary yesterday,

―― 江端の禁酒って、改宗?

"Is Ebata's abstinence metanoia ?"

と思われると困ります。

I will be in trouble if such a rumor flows.

私は、学生時代から今に至るまでの、お巡りさんからの高い「職務質問」率が自慢です(他の人の意見と比較)。

From college to now, I have been proud of "high rate questioning from polic persons" ( compared to other's opinions)

「改宗」の情報は、公安が動く方向に働きかねません(そんな大層な人物ではない)。

A news of "Ebata's metanoia" might motive security police ( I am not somebody.)

ともあれ、『江端の禁酒は、改宗が理由ではない』と明言しておきます。

Anyway I state positively "Ebata's abstinence is not for metanoia".

-----

そもそも、「改宗」以前に、私、信じる「宗教」を持つ必要を感じていません。

To begin with, I don't feel that I should have any religion I can believe, before metanoia.

『自分に欲せざること、他人に施すことなかれ ―― 必要な場合を除き』

"Do not desire yourself, do not give it to others - except when necessary"

で、今のところは、なんとかやっていけそうです。

For now, I think that can do something.

宗教が必要になったら、その時に大手の宗教(3大宗教あたり)と、プロバイダ契約しようかと思っています。

When religion is needed, I am thinking to sign a provider with a major religion (for example, three major religions) at that time.

------

神の存在は信じていますけどね ―― ただし「人間の事など1mmも興味を持っていない神」ですが。

I believe in the existence of God. However, although it is "God who is not interested in human beings as much as 1 milimeter".

そいつは、信仰するに値しない、何の役に立たない神です。

It is a useless God, not worthy of faith.

江端さんの忘備録

先日、休憩用のコーナーで、グループ会社向けの情報誌を読んでいました。

Recently, I read an information magazine for group companies at the corner for coffee-breaks.

その雑誌には、結婚コンサルタントの人(女性)と、相談員(男性)の会話の様子が掲載されていました。

In that magazine, the dialogue between a marriage consultant(woman) and a consultant (man) was described.

-----

女性:「では、先ず、ダイエットをしましょうか」

Woman: "Well, let's first go on a diet"

-----

うん、これ正しい。

Yes, she is right.

If you lose weight, you can become beautiful.

拒食症を回避する限り、男女共に、ダイエットは、最高の美容方法です。

If you are careful about anorexia, diet is the best cosmetic method for both men and women.

外見については、どんな高価な化粧品も比較できないほど、(暴力的な)効果があります。

For appearance, there are (violent) effects that can not compare any expensive cosmetics.

-----

「知性を高める」「教養を身につける」「自分に自信を持つ」「他人から頼られる行動を行う」 ―― は、もちろん大切なことです。

I can agree that that it is important, of course, to "increase intelligence," "acquire cultural knowledge," "have confidence in yourself," "active something others depend on you".

しかし、こと「恋愛」「結婚」戦略については ―― 残念ですが ―― アクションリストのトップは「ダイエット」です。

But for "romance" "marriage" strategy, -- Unfortunately -- the top of the action list is "diet".