江端さんの忘備録(2020/05/05分から)

2021/06,江端さんの忘備録

江端家では、コロナ禍発生前に、娘たちに個人用PCを買い与えていました(あるいは、自力で買い直していました)。

In the Ebata family, I had bought (or re-bought on my own) personal computers for my daughters before the Corona disaster occurred.

そのような幸運もあって、娘たちは、即座にリモート授業に対応することができました。

With such good fortune, my daughters were able to instantly adapt to remote classes.

ところが、次女の大学入学によって、状況が変わってきました。

However, the situation changed when my second daughter entered university.

―― PCの計算能力がショボすぎる

"PC's computing power is too poor"

という問題です。

次女は、これから、複雑な構造力学系の計算を、コンピュータ上で行う必要がありますので、ワープロや計算表、テレワークができる程度のパソコンではお話になりません。

My second daughter will now need to perform complex calculations of structural dynamics systems on a computer, so a computer that can do word processing, spreadsheets, and telework is not going to cut it.

私が学生時代に88万円のパソコンを個人で購入した理由も、パソコンを占有したかったから(当時、パソコンは高価であり、1人1台持つようなものではなかった)ことに加えて、計算機のパワーが貧弱だったからです。

The reason why I bought an 880,000 yen computer for personal use when I was a student was because I wanted to occupy a computer (at that time, computers were expensive and not something that each person could have) and also because the calculation power was poor.

(もっとも、今となっては、当時の大学の計算機センタのメインフレームより、今のラズパイの方が計算パワーがありますが、そのような比較は無意味です)

(At any rate, today's Rasberry PI has more computing power than the mainframe in the university computing center at the time, but such comparisons are meaningless.)

-----

今回、次女から依頼されたのは、パソコンの選定でした。

This time, my second daughter asked me to select a computer.

(1)複雑な構造力学系の計算を行えるスペックがあること

(1) Specifications to be able to calculate complex structural dynamic systems.

(2)ノートPCであること

(2) Must be a notebook PC

と、ここまで聞いた時に、これは「ゲーミングマシン」しかないな、と思って、選定結果を次女に伝えたところ、追加の要件を伝えられました。

When I heard this much, I thought that this was the only "gaming machine" that I could find, and when I told my second daughter the results of my selection, she told me of an additional requirement.

(3)大学の講義でも使うので、持ち歩ける程度に計量であること

(3) It should be small enough to carry around with you, as it will be used for lectures at the university.

この(3)の要件で、私の見積は破綻しました。

This (3) requirement broke my estimate.

計算パワーを得ようとするのであれば、デスクトップが一番安くて簡単です。

If she is trying to get computational power, desktops are the cheapest and easiest way to go.

しかし、ノートPCでは、計算パワーが貧弱なります。重いノートPC(ゲーミングマシン等)にならざる得ません。

However, Note PC have poor computing power. It has to be a heavy laptop (e.g. gaming machine).

これは完全にトレードオフの関係にあります。

This is a complete trade-off.

-----

私の出した結論は、

I've come to the conclusion that

(1)構造力学の計算が本格的に必要になった時に、購入するPCを考える

(1) Thinking about the PC you will buy when you need to calculate structural dynamics in earnest.

(2)複数の友人が所有して、評判のよかったPCを購入する

(2) Buying a PC that has been owned by several friends and has a good reputation.

という、後ろ向きの方針でした。

This was such a "backward-looking policy"

-----

付和雷同 ―― パソコンにしろ、OSにしろ、アプリにしろ、開発言語にしろ、これがもっとも大切な方針です。

Assentation -- Whether it is a PC, OS, application, or development language, this is the most important policy.

GAFAが、なぜ不動のプラットフォーマーとして君臨しているのか。

Why does GAFA reign as the unchallenged platformer?

簡単な話です。

It's simple.

利用者数が多いからです。

This is because of the large number of users.

2021/06,江端さんの忘備録

自宅に設置した監視カメラの映像が取れなくなって、暫く放置していました。

I couldn't get any video from the surveillance camera I had installed in my house and left it for a while.

先日、ようやく時間が取れて、修理することにしました。

The other day, I finally found the time to fix it.

我が家の場合、窓から窓へと、屋外でLANケーブルを渡しているので、当初、私はLANケーブルの断線を疑っていました。

In our house, I initially suspected a broken LAN cable, since I have passed LAN cables from window to window, outdoors.

ノートPCを抱えて、梯子をかけて、玄関の天井によじ登って、設置されているカメラのLANケーブルのモジュールを外し、ノートPCで接続テストをしてみたところ、接続を確認しました。

Holding my laptop, I climbed up a ladder to the ceiling of the entrance, disconnected the LAN cable module of the installed camera, and tested the connection with the laptop to confirm the connection.

『LANケーブルって凄いな』と感心してしまいました。

I was impressed with the durability of the LAN cable.

すでに10年以上、フラットLANケーブルを、ドアに挟んだ状態で屋外に野晒しにしているのに、まだケーブルは生きていたのです。

I had already left my flat LAN cable exposed outdoors, tucked in window frames for more than 10 years, and the cable was still alive.

これで、「監視カメラの故障」が確定したので、別のカメラに取り替えることにしました。

Now that the "failure of the surveillance camera" was confirmed, I decided to replace it with another camera.

このカメラは、10年間屋外で動き続けてくれたので、十分役目を果たしてくれたと思っています。

This camera has been working outdoors for 10 years, so I believe it has served its purpose well.

-----

調べてみたら、このカメラの最初の製造年は、2004年でした。

I did some research and found that the first year of production for this camera was 2004.

当然ながら、このカメラには、現在では常識である、セキュア通信対策のTLS(https)とか、SFTPとかが実装されていません。

Naturally, this camera does not implement TLS (https) or SFTP, which are now common sense measures for secure communication.

少々不安ではありますが、まあ、江端家LANに侵入されない限りは問題ありません。

I'm a little worried, but well, however, it's not a problem, as long as they don't break into Ebata's LAN.

江端家のサーバは、今、殆どクラウドに移行しており、踏み台にできるサーバもありません。

The Ebata family's PC server has now been moved to the cloud, and there is no server that can be used as a stepping stone.

-----

まあ、TLS対応でないサーバにアクセスすると、ブラウザから『保護されていない通信』と名指しで批判されるような未来が来るとは思いませんでした。

Well, I never thought I would see a future where browsers would criticize me by name for 'unprotected communication' when I access a server that is not TLS-enabled.

最近は、Windows10でもpingに応答してくれないので、自宅のPCのIPアドレスすら簡単に探れなくて、面倒になりました。

Recently, it has become troublesome to even find the IP address of my home PC easily because Windows 10 does not respond to pings.

Dockerなどの仮想環境や、AWSなどのクラウドパッケージ化も入ってきて、総じて、最近は、ネットワークシステムの構築やメンテの作業がやりにくいです。

Virtual environments such as Docker and cloud packaging such as AWS have also entered as network elements, and in general, it is difficult to work on building and maintaining network systems these days.

-----

最近、ある会社が、『ネットワークインテグレータをビジネスにする』という方針を打ち出したという話を聞きました。

Recently, I heard that a company has announced a policy of "making network integrators a business.

正直、最初、何のことやら分かりませんでした。

To be honest, I didn't know what it was at first.

少なくとも、IPネットワークの構築は、SIer(*)の範疇の話と思っていたからです。

At least, I thought that building IP networks was in the realm of SIers(*).

(*)ソフトウェアの設計や運用、コンサルティングに至るまで様々な仕事を請け負う会社のこと(SIer(エスアイヤー))

(*)A company that undertakes a variety of tasks ranging from software design and operation to consulting (SIer)

しかし、今や、IPネットワークの構築は、十分に面倒くさいものになっています。

But now, building an IP network has become a hassle.

これからは、"SIer"ならぬ、"NWer(エヌワイヤー:Network Integratorの略語?)"なる職種は、ソフトウェア開発と離れて、単独で存在する時代になるかもしれない、と思っています。

I believe that from now on, there will be a new type of job called "NWer" (an abbreviation of Network Integrator), not "SIer". I think it may be the time when "NWer" will exist independently from software development.

2021/06,江端さんの忘備録

―― テレワークって、我慢を強いる仕事なの?

"Teleworking needs a lot of patience?"

って思ってしまうのは、私の特殊な環境から生じる奢(おご)りだと思っています。

I think it's based on my own special environment, and my arrogance.

私は、19歳の時にパソコンを触ってから、3日以内には必ずキーボードを使ってきました。

I have always used a keyboard within three days until I was 19 years old.

もはやパソコンは体の一部です。

Computer is now a part of my body.

なので、テレワークそのものに苦痛はありません。

So, I don't feel pain in teleworking itself.

ただ、今回の『東京五輪期間中のテレワーク徹底方針に、多くの人が激怒している』のニュースが出ていますが、これは、ITリテラシーの話とは別論のようです。

This news of "Many people are furious about teleworking policy during the Tokyo Olympics" seems to be a different argument from a problem about IT literacy.

-----

世の中の仕事の大部分は、パソコン&リモートワークだけで完結する仕事ばかりではありません。

The majority of jobs in the world can't be completed only by computer & remote work.

データを見てみると、コンピュータを使用していない労働者は12.5%ですが、これは、100%コンピュータを使わない業務ということです。

Looking at the data, 12.5% of workers do not use computers, but this doesn't means that 100% of work is computer-based.

100%コンピュータを使わない人は、パートタイム労働者(33.7%)、販売・サービス職(25.2%)と高い水準です。

Those who do not use computers 100% of the time are high among part-time workers (33.7%) and sales and service workers (25.2%).

しかし、実際の業務は、パソコン業務と、非パソコン業務のハイブリッドとなっているはずですので、「テレワークだけでは仕事が成り立たない」という比率は、もっと高いはずです。

However, since actual work is a hybrid of computer and non-computer work, the ratio of "work cannot be accomplished by telework alone" should be much higher.

普通に考えても、清掃、接客、ライン製造、スーパーマーケット、警備、美容師、家事代行、検品、引越し業、介護、農業、漁業、建築業、店員一般は、テレワークが成立しません。

Even if you think about it normally, telework is not viable for cleaning, customer service, line manufacturing, supermarkets, security, hairdressers, housekeeping, inspection, moving businesses, nursing care, farming, fishing, construction, and sales clerks in general.

こちらのデータを見ている限り、「テレワークだけでは成立しない労働人口比率」は"70%"くらいで、多数派です。

As far as I can see from the data here, the "ratio of the working population that cannot be established by telework alone" is about "70%", which is the majority.

私は、たまたま、少数派に属していただけです。

I just happen to be in the minority.

-----

という訳で、

So...

『東京五輪期間中のテレワーク徹底方針に、多くの人が激怒している』の"多くの人"というのは、

"Many people are furious about teleworking policy during the Tokyo Olympics"

マスコミが煽っているのではなく、データから見ても、定量的に"多くの人"です。

is not a media demagogue, but a quantitative "many people" based on the data.

2021/06,江端さんの忘備録

アニメ「スーパーカブ 第10」話で、主人公が雪の中をノーマルタイヤでカブを走らせるシーンが登場します。

In the anime "Super Cub #10" episode, there is a scene where the main character drives the Cub through the snow with normal tires.

雪道の運転は、自動車でも危険です。しかし、バイクの場合、「転倒確定」の危険です。

Driving on snowy roads is dangerous even for cars. However, in the case of motorcycles, it is a "confirmed fall" hazard.

が、まあ、それが分かっていても、避けられない場合があります。

But, well, even if I know that, there are times when it is unavoidable.

例えば、

For example.

―― 午前中、晴天の天気の中に到着した大学の研究室から、深夜3時に豪雪となった京都の街を通過して下宿に帰る時

"From the college laboratory where I arrived in the morning in sunny weather, I have to pass through the city of Kyoto in heavy snowfall at 3 a.m. on my way back to my lodgings"

です。

京都の雪というのは、ライダーにとっては非常にやっかいな雪です。

Snow in Kyoto can be very troublesome for motorcycle riders.

一言で言えば、『簡単に凍けない雪』であって、非常に理想的な(ライダーにとっては最悪の)アイスバーンを、数日間維持し続ける雪です。

In a word, it's snow that doesn't freeze easily, and maintains a very ideal (and the worst for motorcycle riders ) ice burn for several days.

私の場合、従量9kgのラップトップコンピュータ「PC-9801LS」(定価88万6千円)を、ずた袋にいれて、毎日携行していたので(本当です)、バイクなしでの移動というのは、現実的に不可能だったのです。

In my case, I was carrying a 9kg laptop computer "PC-9801LS" (list price 886,000 yen) in a sack every day (it's true), so it was practically impossible for me to move around without a motorcycle.

-----

私、定価88万6千円のコンピュータを、バイトで稼いで、現金で購入しました ―― 学費と生活費を稼ぎながら、です。

I bought the computer with a list price of 886,000 yen in cash with a part-time job -- while earning money for school and living expenses.

私の大学生活は、いわゆる「陽キャ」イベント絶無の日々だったですが、(すでに、何度も記載していますが)別に『自分を不運な奴だ』と思ったことはなかったです。

My university life was filled with no romantic events, but (as I have already mentioned many times) I never thought of myself as an unlucky person.

『余計なことを考えずに済む、充実した激務の日々』 ―― この一言に尽きます。

"The days are full of hard work, and I don't have to think about anything else". That's all I could say.

私の「ボッチ」気質と、「技術大好き」気質が、驚くほど上手く噛み合った幸運だ、と思っています。

I consider myself lucky that my "alone" nature and my "technology-loving" nature mesh surprisingly well together.

それはさておき。

Aside from that.

-----

高校3年生の時、私、北海道大学の受験のついでに、3月の北海道を2週間近く、電車で放浪していました。

When I was a senior in high school, after taking the entrance exam for Hokkaido University, I wandered around Hokkaido by train for almost two weeks in March.

食パンを一斤購入して水で流し込む日々を繰返しながら、周遊券を使って、北海道の各地(というかほぼ全域)を回っていました。

I spent my days repeatedly buying a loaf of bread and pouring it down with water, while using a round trip ticket to visit various parts of Hokkaido (or rather, almost all parts of Hokkaido).

(なんか、この食事自体が、アニメ「スーパーカブ」の主人公と似ています)

(Somehow, this meal itself is similar to the main character in the anime "Super Cub".)

その旅の最中、電車の車窓から

During the journey, I saw

―― 猛吹雪の中、雪をかき散らしながら、爆走する一台のカブ

"a running motorcycle with blowing away snow in a blizzard"

を見ました。

from the train window.

そのライダーのテクニックは、本当に凄かった。

The technique of the rider of that bike was truly amazing.

■雪によって流されていくカブの動きを予測しながら、

- While anticipating the movement of the bike as it is swept away by the snow,

■スピードを落すことなく、

- Without slowing down,

■車体を左右にドラフトさせて、

- Drafting the bike from side to side,

■深雪の道路をラクラクと運転する

- Driving easily on roads with deep snow

■農作業姿のおじいさん

- An old man in farming clothes

実際に、電車と併走していたんだから、凄いスピードです。

In fact, he was running alongside the train, which was a great speed.

―― なんて、かっこいいんだ・・・

"Oh, my God, he is so cool"

私は、窓にしがみついて、カブを運転するおじいさんを、見続けていました。

I clung to the window and kept watching the old man driving the Cub.

-----

今でも、私はあの光景を思い出す度に、『カッコイイとは、こういうことさ』という、ポルコ・ロッソ(アニメ『紅の豚』)の台詞が思い浮びます。

Whenever I remember that scene, I still think of the line from Porco Rosso (the anime "The Red Pig"), "That's what cool is".

2021/06,江端さんの忘備録

国際学会に参加すると、その会期途中に「オプショナルツアー」とう観光ツアーが行われます。

When you participate in an international conference, there will be an "optional tour" or sightseeing tour during the conference.

まあ、大体、国際学会は有名な観光地で実施されることが多いので、学会前の発表準備で、死ぬほど忙しい目にあってきた発表者に対する、ある種の「ごほうび」のようなものです。

Well, international conferences are usually held in famous tourist spots, so it's a kind of "reward" for the presenters who have been busy to death preparing their presentations before the conference.

オリンピックやパラリンピックに、そのような「オプショナルツアー」があるか不明ですが、普通のオリパラであれば、選手達は、開催地の観光を楽しむことができたと思います。

I'm not sure if such "optional tours" exist in the Olympics or Paralympics, but normally the athletes could have enjoyed sightseeing in the host city.

もちろん今回は、日本国政府は、来日するアスリートやプレスに、国内を自由に濶歩させるようなことは、許すはずがありませんが ――

Of course, this time, the Japanese government will not allow athletes and the press to freely walk around the country, but...

私が思うに、「アスリート」や「プレス」というのは、基本的にヤンチャです。

In my opinion, an "athlete" or "press" is essentially a challenger.

多分、彼等は、出没すると思います ―― 浅草や、銀座や、新宿や、渋谷、そして秋葉原に。

Maybe they'll show up in Asakusa, Ginza, Shinjuku, Shibuya, and Akihabara.

数万人が来日したにも関わらず、これを"ゼロ"で終えることができたら、私は、それこそが、「オリパラの大成果」になるだろう、と思っています。

If they can end up with "zero" in spite of tens of thousands of visitors to Japan, I believe that will be the "great achievement of the OLYMPALA".

-----

たぶん"ゼロ"にはならない。

Maybe it will never be zero.

毎日のように、「アスリート」や「プレス」の脱走が、新聞や週刊誌の紙面を賑わらせることになる。

Every day, the escapades of "athletes" and "press" is going to make the pages of newspapers and weekly magazines.

(1)「アスリート」や「プレス」のルール違反が責められるのか

(1) Is the "athlete" or the "press" to blame for breaking the rules?

(2)オリンピック開催委員会のガバナンスコントロールが責められるのか

(2) Are the governance controls of the Olympic host committee to blame?

になるかが、問題です。

will be problems.

日本国政府が、違反した選手団を強制国外退去させる → その国との関係悪化 → 国交断絶 てなことになったら、嫌だなぁ、と危惧しています。

I'm afraid that the Japanese government will force the offending team to leave the country -> will worsen relations with that country -> will break off diplomatic relations.

-----

まあ、私の予想は外れますので、あまり心配していませんが。

Well, my predictions have been off, so I'm not too worried.

以前も、『大統領選挙の開票プロセスで、米国が内戦に突入する。有力州が独立を宣言する』という、ぶっとんだ予測をしていましたが、見事に外しました。

I once predicted that the US presidential election process would plunge the country into civil war. And I had made a wild prediction that the United States would plunge into civil war during the presidential election process, and that the leading states would declare independence.

でも、まあ、『敗北した大統領のシンパによる連邦議会議事堂の襲撃事件があった』ということでは、一部の予測は当たったかな、とは思っていますが。

But, well, I guess some of the predictions came true when 'there was an attack on the US Capitol by sympathizers of the defeated president.

2021/06,江端さんの忘備録

「Numbers 天才数学者の事件ファイル シーズン2、エピソード16」のラストで、FBIに勤める息子と、引退した建築家の父親が、こんな会話をするシーンが出てきます。

At the end of "Numbers: The Case Files of a Mathematical Genius, Season 2, Episode 16, "there is a scene where a son who works for the FBI and his father who is a retired architect have this conversation.

息子:「この過激派め」

Son: "You extremis"

父親:「政府の犬」

Father: "Government dog"

と、言葉を交したあと、お互いにニヤリと笑う。

After exchanging a few words, they grinned at each other.

―― あー、いいなぁ、こういう会話、憧れるなぁ

"Oh, I like it. I admire this kind of conversation"

と、思いながら見ていました。

I watched it with thinking that.

-----

もし、娘たちが、警察や自衛官になったら、こういう会話をしたいと思っていました。

If my daughters became police or self-defense officers, this is the kind of conversation I wanted to have with them.

娘:『転向者』

Daughter: "Convert to conservatism"

私:『権力の犬が』

Me: "This police spy"

といって、お互いに、ウイスキータンブラーを鳴らす ――

And then they clink their whiskey tumblers at each other --

残念ながら、我が家では、こういう会話をする可能性は絶無だと思います。

Unfortunately, I think the chances is not coming in the future.

2021/06,江端さんの忘備録

長女:「"飛び込み自殺"で検索すると、パパのコラムが、トップページの3つめに出てきて、驚いた」

Daughter: "I was surprised to see that when I searched for 'suicide by jumping into a train,' your column came up as the third one on the top page"

と言われたことを思い出して、ちょっと試してみました。

I remembered her telling me that, so I gave it a try.

本当に出てきました。

It's really coming out.

編集担当者の方によれば、このコラムは、飛び込み自殺の事件がある度に、PVカウントが上がるそうです。

According to the editorial staff, the PV count of this column goes up every time whenever "a suicide by jumping into a train" happened.

多分、今日も、PVカウントが上がっているのだと思います。

Maybe today, the PV count is still going up.

-----

私のやったことは、簡単な運動方程式を使った、パソコンによるシミュレーションです。

What I did was a computer simulation, using simple equations of motion.

所詮は、コンピュータの中での「飛び込み自殺」の実験に過ぎません。

After all, it is just a "jumping" experiment in a computer.

ここまで、このコラムのニーズがあるなら、いっそのこと、動物の死体(あるいは、同程度の構成からなる肉塊)を使った実証実験を、国土交通省、または、鉄道会社のコンソーシアムで実施して、そのデータを開示すれば、良いと思います。

If there is such a need for this column, I think it would be a good idea if the Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism or a consortium of railroad companies conducted a demonstration experiment using animal carcasses (or meat lumps of similar composition) and disclosed the data.

線路の側に、高速撮影用のカメラを20台くらい設置して、1/100~1/1000秒のコマで撮影して、飛び込み自殺のリアルを記録することも必要でしょう。

It would also be necessary to set up about 20 high-speed cameras on the side of the tracks, shooting at frames of 1/100 to 1/1000 of a second, to record the reality of the suicide by jumping into the train.

もちろん、それらの映像は、PTSDを発症させかねない衝撃的なものになると思います。

Of course, those images would be shocking and could cause PTSD.

公開方法については、厳重かつ慎重に取り扱わなければならないとは思います。

I believe that the method of disclosure must be handled with great care and caution.

-----

私の死後、私は、自分の遺体を「活用(移植)」方向のみで許可を出しています。

After my death, I have given permission for my body to be "utilized (transplanted)" way only.

しかし、こういうコラムを書いた当事者としては、私の遺体を「飛び込み自殺」の実証実験に使って貰うことも、真剣に検討して貰う必要があるかな、と思っています。

However, as the person who wrote this column, I think I need to ask them to seriously consider using my death body as a demonstration of "jumping suicide".

真面目な話です。

This is a serious matter for me.

2021/06,江端さんの忘備録

「今朝の3時ごろ、部屋で大爆笑していたよね。目が覚めたよ。何見ていたの?』と、嫁さんに尋ねられました。

"You were laughing hysterically in your room around three o'clock this morning. So I woke up. What were you watching?" My wife asked me.

Amazonプライムで、映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」を見ていました。

I was watching the movie "Yukio Mishima vs. the University of Tokyo Zenkyoto: 50 Years of Truth" on Amazon Prime.

いやぁ、本当に楽しかった。

Well, it was really fun.

-----

この映画は、昨年4月に公開されていたのですが、新型コロナ感染対策の緊急事態宣言によって、首都圏の映画館は、全部上映中止状態になっていました。

This movie was released in April last year, but due to the declaration of a state of emergency against the new corona infection, all the movie theaters in the Tokyo metropolitan area stopped showing it.

地方の映画館にまで見に行こうか、とも思ったのですが、その時点の日本において「東京都民」が「招かれざる人間」であることは、よく理解していました。

I was wondering if I go to see a movie theater in a rural area, but I understood that "Tokyo residents" were "uninvited guests" in Japan at that time.

今回、Amazonプライムでの視聴が可能となっており、直ぐに飛びつきました。

This time, it was available on Amazon Prime, and I jumped right on it.

----

いや、久々にエキサイティングなドキュメント映画でした。

Well, it was one of the most exciting documentary films I've seen in a long time.

三島由紀夫という人物は、非常に魅力的な人物で、ユーモアとウイットに富む語り方に、非常に好感を持ちました。

I found Yukio Mishima to be a very fascinating person, and I liked his humor and witty way of telling stories very much.

東大全共闘の代表者の方の、ロジカルで冷静な対応も、また印象的でした(まあ、そうでない人物も登場しましたが)。

I was also impressed by the logical and calm response of the representative of the Zenkyouto of University of Tokyo (well, there was also someone who didn't).

また、議論の映像の最中の中で差し込まれる、当時の関係者や有識者のコメントは、議論の内容を理解する上で大変助けになりました。

Also, the comments from the people and experts involved at the time, inserted in the middle of the video of the discussion, were a great help in understanding the content of the discussion.

----

で、所感なのですが ――

So, my impression was,

私、三島由紀夫氏の主張している内容は概ね理解できたと思うのですが、東大全共闘の代表者の方の主張は、半分くらいしか理解できませんでした。

I think I understood most of what Yukio Mishima was arguing, but I could only understand about half of what the representative of the University of Tokyo Zenkyoto was saying.

使っている用語が、「難しい」というより、分かりませんでした。

The terms used were "difficult". Rather, I couldn't understand them.

最大の問題は、東大全共闘の代表者のしゃべっている内容を、オブジェクト化(彼らが言うところの『事物(じぶつ)』に)できなかったからです。

The biggest problem was that we could not objectify (what they call "things") what the representatives of the University of Tokyo Zenkyoto were saying.

-----

私、この両者の主張を、UML(統一モデリング言語)のクラス図を頭の中で作りながら、聞いてました。

I listened to both of their arguments while creating a UML (Unified Modeling Language) class diagram in my mind.

三島由紀夫氏の話は、現実世界のオブジェクトの態様 ―― 有体物があり、有体物(事物)には名前があり、名前は有体物の機能を説明するものであり、有体物には存続時間がある ―― という、オブジェクト指向プログラミングにおける、当たり前の世界の姿をベースとしていました。

Yukio Mishima's talk was based on the natural state of the world -- there are objects, objects (things) have names, names describe the function of objects, objects have a duration -- in object-oriented programming, based on real-world objects.

比して、東大全共闘の代表者の話は、変化する有体物(事物)ものに対して、名前を付与して、その機能を限定的にすることそれ自体が、ネガティブ(反革命?)で、そのようなスタンスが、開放区の新しい意義を見い出すアプローチを阻害するものですらある、と主張しているように思えました。

In contrast, the representative of the University of Tokyo Zenkyoto seemed to argue that it is negative (counter-revolutionary?) to give a name to a changing tangible object (thing) and limit its function. It seemed to me that they were arguing that such a stance is negative (counter-revolutionary?), and that it even hampers the approach to finding a new meaning for open zones.

# たぶん、上記の理解で当っていると思うんだけど、間違っているかなぁ?

# I think I'm probably right in my understanding of the above, but I wonder if I'm wrong?

結論から言うと、東大全共闘の代表者の方の話では、

As it turns out, according to a representative of the University of Tokyo Zenkyoto, I thought,

―― 私(江端)は、東大キャンパスの開放区を、オブジェクトモデルでプログラミングすることはできそうにないな

"I (Ebata) don't think I can program the open area of the University of Tokyo campus with an object model"

と思いました。

つまり、東大全共闘の要求仕様では、(少なくとも私は)「開放区を設計できない」ということです。

This means that (at least for me) "I cannot design an open zone" according to the specifications required by the University of Tokyo Zenkyoto.

逆に、三島由紀夫氏の世界観は、オブジェクトモデルで十分プログラミングできそう、と思いました。

On the other hand, I thought that Yukio Mishima's world view could be programmed using the object model.

もしかしたら、当時の全共闘の方から、『革命的世界観を、工学的手法からアプローチすること自体が反革命だ!』と、自己批判を要求されるかもしれませんが。

Perhaps the Zenkyoto people at the time might ask me to criticize myself, saying, "Approaching a revolutionary worldview from an engineering perspective is itself a counterrevolution!"

------

という訳で、

And so, if you are a publisher who would like to write a book whose title is

『三島由紀夫 vs 東大全共闘 with オブジェクト指向プログラミング』

"Yukio Mishima vs Todai Zenkyoto with Object-Oriented Programming"

という本の執筆を希望される出版社の方がいたら、お声がけ下さい。

Please contact me.

まあ、絶対に「ない」と思いますけど。

Well, I think it's definitely "no".

2021/06,江端さんの忘備録

何年か前に、

A few years ago,

「逃げるは恥だが役に立つ」

"Running away is a shame, but useful"

というコメディドラマが大ヒットしました。

the comedy-drama of the title was a big hit.

-----

現在、私は、各種の発明を考えて、ブレストを何回か繰り返しているのですが、正直もうネタ切れで、フラフラです。

I'm currently brainstorming several times on various inventions, but to be honest, I'm out of ideas and dizzy.

「批判は要だが腹が立つ」

"Criticism is necessary, but it makes me angry"

という、IT系研究員を主人公にしたドラマ、誰か作ってくれないかな、と思っています。

I'm wondering if anyone would like to make a drama about IT researchers.

2021/06,江端さんの忘備録

「同性婚できないのは憲法違反」札幌地裁が日本初の判断 ―― このニュースが流れた時、私の取った行動は、裁判所の判例DBの検索をすることでした。

"Sapporo District Court rules for the first time in Japan that same-sex marriage is against the Constitution". When this news came out, my first action was to search the court's case database.

『予見なしで、判決文を読みたい』からです。

Because I want to read the sentence without foresight.

『一次情報が重要』とか、そういう高尚な動機はなくて、前から言っていますが「判決文は、それ自体が面白い」のです。

As I've said before, the text of the ruling is interesting in itself, without any lofty motives such as "primary information is important"

メディアの情報を見たら、「ネタばれ」になってしまって、面白さが減ってしまいます。

If you look at the information in the media, it will be "spoiled" and less interesting.

残念ながら、その時、判決文は、まだDBに反映されていませんした。

Unfortunately, at that time, the sentence was not yet reflected in the DB.

-----

で、遅まきながら、今、判決文を読んで、爆笑・・・とは言いませんが、結構「ニヤニヤ」しています。

So, even though I'm a little late, I've just read the judgment and I'm laughing... not burst laughing,

========================

もっとも,同性愛を精神疾患の1つとし,禁止すべきものとする知見は, 昭和55年頃までは通用していたものであり,それは教育の領域においても広く示されていた。

However, the knowledge that homosexuality is one of the mental disorders and should be prohibited was accepted until around 1980, and it was also widely shown in the field of education.

60歳以上の比較的高い年齢層においては,同性婚について否定的意見を持つ国民が多数を占めているのは,そのような知見が通用していた結果,同性婚に対する否定的な意見や価値観が国民の間で形成されてきたことが,理由の1つであると考えられる。

One of the reasons why the majority of people in the relatively older age group of 60 years old and above have a negative opinion about same-sex marriage is that such knowledge was accepted and as a result, negative opinions and values about same-sex marriage have been formed among the people.

このような経緯に照らせば,そのような否定的な意見や価値観を持つ国民が少なからずいることは,立法府が裁量権を行使するに当たり,斟酌することができる事情である。

In light of this history, the fact that there are not a few citizens who have such negative opinions and values is a circumstance that the legislature can take into consideration when exercising its discretionary power.

========================

江端(の悪意の)意訳 ↓

Ebata's (malicious) translation ↓

(1) 同性婚を、じじい達やばばあ達は、到底理解しないだろう

(1) Old guys and old ladies will never understand same-sex marriage.

(2) とは言え、票田を考えると、国会議員は、じじい達やばばあ達の存在を無視できないだろう。

(2) Nevertheless, given their voting power, Diet members will not be able to ignore the presence of the old guys and old ladies

(3) 上記(1)(2)を考えると、『同性婚を認める』という方向に立法府が動かんのは、まあ理解してやらんといかんだろう

(3) Considering (1) and (2) above, we have to understand that the legislature is not moving in the direction of 'recognizing same-sex marriage.

# まあ、一応、私も「じじい達」の範疇に入っているという自覚はあります。

# Well, I am aware that I am in the category of the "old guys".

========================

しかしながら,異性愛者と同性愛者の違いは,人の意思によって選択・変更し得ない性的指向の差異でしかなく,いかなる性的指向を有する者であっても,享有し得る法的利益に差異はないといわなければならない。

However, the only difference between heterosexuals and homosexuals is the difference in sexual orientation, which cannot be chosen or changed by a person's will, and there should be no difference in the legal benefits that can be enjoyed by persons of any sexual orientation.

そうであるにもかかわらず,同性愛者に対しては,婚姻によって生じる法的効果の一部ですらも,これを享受する法的手段が提供されていない。

Nevertheless, homosexuals are not provided with the legal means to enjoy even some of the legal effects of marriage.

========================

江端(の悪意の)意訳 ↓

Ebata's (malicious) translation ↓

(1) でもね、異性愛者と同性愛者の違いは、つまるところ「性的指向の差異」だけで、本人達に責任はないよね?

(1) But, the only difference between heterosexuals and homosexuals is "difference in sexual orientation", and they are not responsible for it, right?

(2) これを結婚という制度の利益受益者として、"1"か"0"の2つしかないように扱うって、どうよ?

(2) Isn't it strange that we treat this as a beneficiary of the institution of marriage, as if there are only two choices, "1" or "0"?

========================

このような事情に加え,同性婚に関する制度がないことの合憲性についての司法判断がなかったことにも照らせば,本件規定が憲法14条1項に反する状態に至っていたことを,国会が直ちに認識することは容易ではなかったといわざるを得ない。

In addition to these circumstances, and in light of the fact that there was no judicial decision on the constitutionality of the lack of a system for same-sex marriage, it must be said that it was not easy for the Diet to immediately recognize that this provision was in violation of Article 14, Section 1 of the Constitution.

========================

江端(の悪意の)意訳 ↓

Ebata's (malicious) translation ↓

(1)こういう状況下で、一方的に『国会が悪い』と決めつけるのは、ちょっと国会も可哀想だと思うんだ

(1) I think it's a bit pitiful for the Diet to unilaterally assume that 'the Diet is at fault' under such circumstances.

========================

以上の次第で,当裁判所は,原告らの請求はいずれも理由がないものと判断した。

As described above, the Court finds that there is no reason for any of the plaintiffs' claims.

========================

江端(の悪意の)意訳 ↓

Ebata's (malicious) translation ↓

(1)という訳で、原告の国家賠償法に基づく損害賠償請求は、却下するね

(1) Therefore, the plaintiff's claim for damages under the State Redress Law is dismissed.

------

―― あれ? この裁判、原告の敗訴?

"Huh? The plaintiff lost this case?"

のように読めます。

We might be able to read it as above.

しかし、(確定した)判決は、判決文全体から効力が生じます。

However, a (final) judgment takes effect from the entire text of the judgment.

この判決文では、判決骨子の、この部分がどえらい重要なのです。

In this judgment, this part of the judgment is very important.

========================

同性愛者に対しては,婚姻によって生じる法的効果の一部ですらもこれを享受する法的手段を提供しないとしていることは,立法府の裁量権の範囲を超えたものであって,その限度で憲法14条1項(法の下の平等)に違反する。

The refusal to provide homosexuals with the legal means to enjoy even some of the legal effects of marriage is beyond the discretion of the legislature, and to that extent violates Article 14, Section 1 (equality under the law) of the Constitution.

========================

札幌地裁が、上記の"1"か"0"の2つしかないようにしている状態を「憲法違反」と言い切った、という点が大きいのです。

It is important to note that the Sapporo District Court declared that the above state of affairs, where there are only two options, "1" or "0," is a violation of the Constitution.

-----

この判決はまだ確定していないと思います。

I think that this ruling has not been finalized yet.

仮に、判決がこの内容で確定したとすると、行政が、同性婚への法定や制度不備を続けると、「国会の怠慢」が認定されて、確定後の訴訟では、ことごとく国家賠償法の適用対象の判決が発生することになります。

Even if the court decision is finalized with this content, if the government continues to fail to enforce the law on same-sex marriage and the system, the "negligence of the Diet" will be recognized, and every lawsuit after it is finalized will result in a decision subject to the State Compensation Law.

ならば、原告は上告なんぞせずに、この判決を確定させる方がトク、という判断もできます。

If this is the case, the plaintiff can decide that it would be better to let the judgment stand without filing an appeal.

一方、今回勝訴した被告である「国」は、上級審に控訴はできないはずです。

On the other hand, the defendant that won the case, the "State," should not be able to appeal to the higher court.

しかし、今回の判決で、札幌地裁は、憲法第13条(個人の尊重(尊厳)、幸福追求権及び公共の福祉)、24条(家族関係形成の自由・男女平等)の違反は認めていません。

However, in this ruling, the Sapporo District Court did not find any violation of Article 13 (respect (dignity) of the individual, the right to pursue happiness and public welfare) and Article 24 (freedom to form family relationships and equality between men and women) of the Constitution.

これから、この裁判がどうなっていくのかは、(今、調べているのですが)フォローしきれていません。

I haven't been able to follow up on how this trial is going to go (I'm working on it).

また、分かったらご報告致します。

I will let you know when I know more.