未分類

(図面)F:\しゅらばしゅう\有吉先生データ\富岡エリア_座標.pptx
(コード) C:\Users\ebata\tomioka_school\src\trip_school\main.go

Polygon使う時の注意点(赤丸に注意: db.Query()で簡単にエラーにされる

 

// C:\Users\ebata\tomioka3B\src\others\main35.go
/*
	実験用の座標を作る
	修正後 (富岡西5丁目を削除し、富岡6丁目の下1/4を削除)
*/

package main

import (
	"database/sql"
	"fmt"
	"log"
	"regexp"
	"strconv"

	_ "github.com/lib/pq"
)

func main() {
	// 取り扱うDBによってノード番号が代わるので注意すること
	// 例えばtomioka_db_c とtomioka_dbは全く異なる
	db, err := sql.Open("postgres",
		"user=postgres password=password host=192.168.0.23 port=15432 dbname=tomioka_db sslmode=disable")
	if err != nil {
		log.Fatal("OpenError: ", err)
	}
	defer db.Close()

	// 修正後のターゲットの富岡地区 (富岡西5丁目を削除し、富岡6丁目の下1/4を削除)

	query := `
	SELECT st_asText(
		ST_GeneratePoints(
			ST_GeomFromText(
				'POLYGON((
					35.36394967 139.61846500,
					35.36216810 139.61890850,
					35.36170465505306 139.6220415552594,
					35.36163108058289 139.62334070015595,
					35.363117271878345 139.62314221968566,
					35.36335187635167 139.62481739887647,
					35.36310056060587 139.62485183402688,
					35.36376860001917 139.6288186562702,
					35.36420166714637 139.6297897196359,
					35.36754482323006 139.6296024603071,
					35.37126945661188 139.62886244945108,
					35.37375189636854 139.62615207124352,
					35.37464657021711 139.623189740366,
					35.37574882601201 139.6213765671167,
					35.37527643251494 139.6210117866997,
					35.37306314467156 139.6217413475337,
					35.37268696718477 139.62013202216457,
					35.37018828750506 139.61840497406456,
					35.370782160278 139.61705458898427,
					35.36947068533102 139.61641732865053,
					35.370596575495014 139.61476348635583,
					35.37078029225879 139.61403393574466,
					35.36864433631068 139.61438212951467,
					35.36653571408147 139.61453772192408,
					35.36394967 139.61846500
				))'
			),
		25)
	)
	`
	rows, err := db.Query(query) // この25が生成する乱数座標

	if err != nil {
		log.Fatal(err)
	}
	defer rows.Close()

	var msg string

	for rows.Next() {
		if err := rows.Scan(&msg); err != nil {
			fmt.Println(err)
		}

		// まずはMULTIPOINTをバラバラに分解する
		arr1 := regexp.MustCompile("[() ,]").Split(msg, -1) // '('か、')'か、' 'か、","で分割する → "[中身]" という構造でまぎらわしい

		// 2つの値を一度に取得する (最初の値" MULTIPOIN"をスキップする為に、i:=1から始める)
		for i := 1; i < len(arr1); i += 2 {
			// arr1[i]とarr1[i+1]は2つの値を表します
			if i+1 < len(arr1) {
				value1, _ := strconv.ParseFloat(arr1[i], 64)   // 乱数の緯度
				value2, _ := strconv.ParseFloat(arr1[i+1], 64) // 乱数の経度
				fmt.Println(value1, value2)
			}
		}
	}
}

2024,江端さんの技術メモ

WS-S2130RJUXは、天井に固定するタイプのカメラですが、勿論、実験機材なのでそんなことはません。

20年以上前に、プロジェクタスクリーン用のアタッチメントを取りつけていたので、そこに結束バンドで仮固定しました。

といっても、地震で落ちてきたら、機材と私の両方が壊れるので、縛り方には工夫を施しています。

まあ、自分の映像を写しながら、コーディングやチューニングをする、ということですね。やり方としては明快です。

結束バンドの場合、ニッパーでカットするだけで簡単に取り外せるというメリットもあります。

これで、私の部屋には5台のカメラが設置されることになりました。

刑務所の独房でも、これだけのカメラが設置されることはないだろうなぁ、と思っています。

 

 

 

2024,江端さんの忘備録

いまさら、という感じとは思いますが、私、今回PoE(Power of Ethernet)を使う機会を得ました。

I know it's a little late for this, but I had the opportunity to use PoE (Power of Ethernet) this time.

PoEはLANケーブルを経由して、データ通信と同時に電力(1ポートあたり15.4W)を供給することができるものです。

PoE can supply power (15.4W per port) simultaneously with data communication via LAN cable.

今回は、PoE対応のカメラで、それを「体感」することができました。

This time, I could "feel" it with a PoE-enabled camera.

感想ですが、

Thoughts,

―― もの凄く便利

"Very useful"

まず、コンセントの場所を気にせずカメラを設置できるとう点はもちろんなのですが、通信ケーブルと電源ケーブルの2本を引き廻す必要がない、という点が素晴しいです。

First of all, of course, I don't have to care about the location of the power outlet, but it is also great that there is no need to run two cables, one for communication and the other for power.

ご存知の通り、私、自宅に、監視カメラを設置しているのですが、この配線(特に電源ケーブル)で、とても苦労しました。

As you know, I have a surveillance camera installed in my house, and I had a lot of trouble with the wiring (especially the power cable).

地中に電源ケーブルを埋めたり、壁に敷設したりするのって、思った以上に面倒です(シールドしないと、経年劣化で、漏電やショートの可能性もありますから)。

Burying power cables underground or laying them in walls is more trouble than it seems (for leaks or short circuits).

よく考えれば、こんなことは、当たり前のことなのですが、この当たり前が「やってみるまで分からない」という点が、新技術(?)の弱みでもあります。

If you think about it, this is a matter of course, but the fact that this matter is not known until we try is a weakness of the new technology.

-----

このような「新技術」(ちなみに、PoEは10年以上の前にはありましたが)の別の障壁は、PoE対応のEthernetハブの値段が高かったことがあります。

Another barrier to such "new technology" (PoE was over a decade old) was the high price of PoE-capable Ethernet hubs.

10万円くらいはしていたと思う。

I think it was about 100,000 yen.

でも、先日調べたら、5ポートで5000円くらいになっていました。

But I checked the other day, and it was about 5,000 yen for five ports.

私は、1つのカメラの1ポート分だけで良かったので、Amazonから1500円くらいで入手しました。

I only needed one port for one camera, so I got it from Amazon.com for about 1500 yen.

「それでも、PoE対応のEthernetケーブルが必要なんだろうな」とは思っていたのですが、その辺にころがっていた、カテゴリ6のケーブルで試してみたところ、普通に動き出してビックリしました。

I thought, "I still need an Ethernet cable that supports PoE," but when I tried it with a Category 6 cable I found lying around, I was surprised it worked just fine.

-----

新技術は、このように「体感」と「コモディティ化(*)」の両方が揃わないと、普及しないという運命にあります。

Thus, new technologies are doomed to fail to spread unless both "experience" and "commoditization(*)" are in place.

(*)市場投入時には高付加価値の製品やサービスと認識されていたものが、市場が活性した結果、他社が参入しユーザーにとって機能や品質などで差がなくなってしまうこと

(*)A product or service that was a high value-added product or service at the time of its market launch, but as a result of market activation, other companies have entered the market, and there is no longer any difference in functionality, quality, etc., for users.

特に前者の「体感」が難しい。

The former "experience" is particularly difficult.

これについては、江端家のHDDレコーダ導入時の話があります(出展が見つけられなかった)。

There is a story about this when the Ebata family installed an HDD recorder (I could not find the exhibit).

『VHS(テープ)レコーダで十分』と言っていた嫁さんが、HDDレコーダ購入後に、VHSを完全に忘れました。

My wife, who said 'VHS (tape) recorder is enough,' completely forgot the existence of VHS after purchasing the HDD recorder.

世間では、ガラケーとスマホに関する、こんな会話もありました。

There have been these conversations in the world about rackets and smartphones.

『スマホで調べものができるんだよ』→『そんなもの、家(のPC)で調べればいいじゃん』

"We can look things up on my smartphone." and "Why don't you just look that up on your home computer?

地上デジタル放送への移行(予告期間は7年間だったと思う)も、すったもんだしましたが、現時点で、「地デジなんか不要だ。アナログ放送に戻せ」と言っている人は、私が知る限り一人もいません(もしご存知でしたら、教えて下さい)。

The transition to digital terrestrial broadcasting (the notice period was seven years, I think) was also a bit of a struggle. Still, at this point, no one I know says, "I don't need digital terrestrial broadcasting; go back to analog broadcasting.

何が言いたいかというと、

What I'm trying to say is,

―― 『新技術で一発当てたい』という技術者は、『常に負け続ける運命にある』

"Engineers who want to hit it out of the park with new technology are always doomed to lose."

ということです。

-----

娘を見ていると、就活が大変そうです。

Looking at my daughter, it seems like she is having difficulty finding a job.

リビングのテーブルの上には、常にどこかの企業の就活生向けのパンフレットがあります。

On the living room table is always a pamphlet for job hunters from some company.

昨日、『私が個人的にこれ以上もないくらい良く知っている某総合電機メーカ』の就活生向けのパンフレットを見つけました。

Yesterday, I found a pamphlet for job hunters from a well-known general electronics manufacturer.

一読して、爆笑しました。

I had a blast reading it.

いや、(嫌味なく)本当に楽しかった。

Well, (no sarcasm) I enjoyed it.

あたらめて勉強にもなりましたし。

It was a new learning experience for me.

ただ、ここに『君は常に負け続ける運命にある。それでもウチに来ないか?』との一言があれば、多分、私は「感動」したと思いますが。

But here's the thing: "You are always doomed to lose. Still, why don't you come to us?' I would probably have been "impressed" if there had been a word of

「江端は、"拙速"くらいしかできることがない」

 

2024,江端さんの忘備録

私の部屋は、今や完全なプログラム開発ルームとなっており、今、目の前には6台のディスプレイがあります。

My room is now a complete program development room, with six displays in front of me.

しかし、これでもまだ足りません。

However, they are still not enough.

今、ラズパイ4を使ってネットワークプログラムを組んでいるのですが、この開発環境で苦慮しております。

I am working on a network program using Raspi 4 but struggling with this development environment.

特にネットワーク関係では、送信側と受信側を両方を見ながらデバッグしなければならないので、マルチディスプレイが望ましいのです。

Especially in networking, multiple displays are desirable because I have to debug while looking at both the sending and receiving sides.

とは言え、今さらディスプレイ購入するのもなぁ・・・と思っていたところ、ふとリビングのPCが目に入りました。

However, I didn't want to buy a display now, and I suddenly saw a PC in the living room.

-----

今や、娘はノートPC + iPadで生きているし、嫁さんは、スマホから航空券の予約を取っています。

My daughter lives on a laptop + iPad, and my wife makes airline reservations from her phone.

我が家の共有PCは、すでに、その役割を終えたようです。

Our shared PC seems to have already done its job.

という訳で、家族用のPCから古いディスプレイ2台を、かっぱらってきました。

So, I snatched two old displays from a family PC.

問題は、インタフェースが古い規格(VGA)であるということですが、これは、変換ケーブルで乗り切っています。

The problem is that the interface is an old standard (VGA). However, I resolve it with a conversion cable.

ラズパイ4が、当初から2つのディスプレイインターフェースを持っているのを知って、驚いています。

I was surprised to learn that Raspi 4 has had two display interfaces from the beginning.

ノートPCだって、HDMIのインターフェース1つしか持っていないのに ―― ラズパイは一体どこに行こうとしているのだろうか。ありがたいけど。

Even laptops only have one HDMI interface. Where the heck is the Raspi going? Thanks, though.

-----

そういえば、先月、担当の先生の依頼されて(というか学科の単位として)、ラズパイでデータベースサーバを作って、大学の研究室に納品してきました。

By the way, last month, at the request of my professor (or rather, as a departmental unit), I built a database server with Raspi and delivered it to a university laboratory.

学生さんが、このデータベースサーバを使い熟してくれれば、嬉しいのですが、私の知る限り、プログラミングしている学生さんを、私は見たことがありません(自宅でやっているのかもしれませんが)。

It would be great if students could become proficient in using this database server, but as far as I know, I have not seen any students programming it (maybe they are doing it at home).

それでも私は、『プログラミングは、自分の世界を広げますよ』 ということを、努めて言わないようにしています。

Still, I try not to say, 'Programming will expand your world.

上記の「プログラミング」の部分を、「イスラム教」とか「柔道」とか「サッカー」とか「英語」とかに置き変えて語るやつらを山ほど見てきて、ウンザリしているからです。

I have seen so many people who talk about "programming" as "Islam," "judo," "soccer," "English," etc., that I am sick and tired of it.

○○をやっている人に悪い人はいない

この話と同じです。

It is the same as this story. I want to say that

―― あなたが自分の世界を広げられたことに『おめでとう』と言いましょう。でもそれを私に押しつけてくるな。うっとうしい

"I say 'congratulations' to you for expanding your world. But don't push it on me. It's annoying."

です。

2024,江端さんの忘備録

私は、農業、漁業、畜産業に憧れがあります。

I have a passion for agriculture, fishing, and livestock.

しかし、これらの仕事が、高度なテクノロジーと膨大なノウハウと、それを取得する膨大な時間と体力と精神力を必要とすることは、十分に分かっています。

But I know full well that these jobs require advanced technology, vast know-how, and much time, energy, and mental strength to acquire.

残念ながら、今の人生においては、この分野への再就職は不可能であろうと、諦めています。

Unfortunately, I have resigned myself to the fact that finding another job in this field would be impossible in this life.

-----

私は漁師に憧れがあります。

I have a longing to be a fisherman.

毎日、新鮮なお魚を食べられるというのは、素晴しい人生に思うのです。

I think it is a wonderful life to be able to eat fresh fish every day.

私は酪農家にも憧れがあります。

I also have a passion for dairy farming.

毎日、新鮮な牛乳を飲めるというのは、素晴しい人生に思うのです。

I think it is a wonderful life to drink fresh milk every day.

比して、私は、

I, on the other hand,

- うんざりするほどのパソコンとディスプレイがあり、

- I have a disgusting amount of computers and displays,

- 使い途のないメモリや周辺装置が大量にあり、

- I have tons of useless memory and peripherals,

- 高価で高度の計算を行う計算ツールを所有し

- I have expensive and sophisticated computational tools.

ております。

もしかしたら、こういう人生を「素晴しい人生」と思う人もいるかもしれません(私には信じられませんが)。

Perhaps some people consider this kind of life a "wonderful life" (I don't believe it).

-----

「お魚」と「牛乳」と「パソコン」が同列に論じられるかどうかは、さておき、『持っている人』が、『自分が持っているものに気がつかない』ということは、ありそうなことです。

Aside from whether "fish," "milk," and "computers" can be discussed in the same breath, it is likely that "those who have it" are "unaware of what they have."

つまり、『だれもが自分の持っていなものを羨んで、だれもが不幸になる』 ―― と。

In other words, "Everyone envies what they don't have, and everyone is unhappy.

いいですね、これ。

That's nice.

『みんな違って、みんないい』というのは、よく知られた金子みすゞさんの有名な詩の一節ですが、私は、この改編判をリリースしたいと思います。

I want to release this revised version of Misuzu Kaneko's well-known poem, "Everyone is different, everyone is good.

『みんな不幸で、みんないい』

Everybody's unhappy, everybody's good."

うん、こっちの方が、私にはしっくりくる。

Yeah, this one feels more comfortable to me.

「私と同じ気持ちの人は、少なからずいる」と推定しています。

I presume that "more than a few people feel the same way I do."

『自分のやりたいことが分からない』という方は、多分、ご自分のことを「不幸な人間」と思っているかもしれませんが ―― 『意外に、それは最高の人生なのかもしれないですよ』ということを、お伝えしたくて。

2024,江端さんの忘備録

(この話は何度もしましたが)私はアルコール依存症、または、その予備軍だったと思います。

(I've told this story many times.) I think I was an alcoholic or a pre-disposed alcoholic.

依存症になってしまうのには、その分野に対する適性があるから、と考えています。

I believe that the reason for the addiction is because of our aptitude for the field.

例えば、

For example,

―― 私、二日酔い、というものを経験したことがありません

"I have never experienced a hangover."

どんなに飲んでも、泥酔はしませんでしたし、記憶を失ったこともありません。

No matter how much I drank, I never got drunk or lost my memory.

(これは、例外)

(This is an exception)

つまり、『アルコールに対する適性があった』と言えます ―― 違うかな?

In other words, 'I had an aptitude for alcohol' -- no?

ともあれ、『アルコールから痛い目に合わないことで、アルコールに依存する』というのは、新しい考え方ではないかと思っています。

Anyway, I believe that 'dependence on alcohol by not being hurt by alcohol' is a new way of thinking.

-----

私がギャンブル依存症やゲーム依存症にならなかったのは、多分、私が、ギャンブルやゲームに絶望的に弱かったことも一因だと思います。

I think one of the reasons I did not become a gambler or a video game addict was probably because I was, in part, hopelessly vulnerable to gambling and gaming.

勝てないから、やらない。

I can't win so that I won't do it.

うん、非常に明快です。

Yes, It is also very revealing.

女性依存、男性依存、DV、ストーカーなども、現時点で全部無縁です。

Female dependency, male dependency, domestic violence, stalking, etc., are all out of the question for me at this point.

人嫌いだから、人に依存しない。

I don't like people, so I don't depend on them.

(あまり愉快な結論ではないですが)こちらも非常に明快です。

(Not a very pleasant conclusion.) It is also very revealing.

-----

私のアルコール依存症は、私の不眠症と連携していました。

My alcoholism was linked to my insomnia.

この2つは、史上最悪のペアです。

These two are the worst pair ever.

正直に言って、死にかけたこともあります。

I can honestly say that I have almost died.

しかし、私の場合、不眠さえ解決できるのであれば、アルコールは我慢できると思いました。

In my case, however, I thought I could tolerate alcohol as long as I could solve my insomnia.

そして、不眠は、適性に処方された薬(安定剤と睡眠薬)で、ある程度凌ぐことができます。

Insomnia can be surpassed to some extent by aptly prescribed medications (stabilizers and sleeping pills).

つまり、アルコールと不眠はトレードオフの関係にあり、それ故に、私は、断酒に踏み切ることができたのです。

In other words, for me, alcohol and insomnia are a trade-off, and that is why I was able to make the move to sobriety.

『酒を楽しめない人生は、人生の半分を損している』のは事実だと思いますが ―― 大丈夫です。

比して、ギャンブル依存症やゲーム依存症の、代替となるものは何だろうか?

What, by comparison, are the alternatives to gambling and gaming addiction?

代替なしに、これらの依存から抜けるのは、とても辛いことだろうと想像することができます。

I imagine getting out of these dependencies would be tough without alternatives.

-----

ところで、私、今年の夏に「抑うつ」で、随分苦しい目に会いました。

By the way, I suffered a lot from "depression" this summer.

今でも、仕事に追い込まれてくると、その症状が表われ始めるので、ビクビクしています。

I am still freaked out when the symptoms start to show up when I get overwhelmed at work.

ところが、私、アルコール依存中の時には、「抑うつ」がなかったんですよね。

I, however, did not have "depression" when I was an alcoholic.

もしかしたら、「アルコール依存症」と「抑うつ」は、"負の関係"にあるのではないか、とちょっと調べてみたら、真逆でした。

I wondered if there might be a "negative" relationship between alcoholism and depression, and upon doing some research, I found the exact opposite to be true.

3.0倍という、強烈な正の相関があることが分かりました。

I found a strong positive correlation of 3.0 times.

-----

もし、私がアルコール依存から抜け出ることなく、この夏を迎えていたら ―― 『抑うつで「自死」していたかもしれない』

If I had gone through this summer without getting out of alcohol dependence -- "I might have 'committed suicide' from depression."

と考えると、今、本当にゾっとしています。

I am horrified now when I think about it.

2024,江端さんの忘備録

「大学生になった娘に、包丁を持たせない母親」という存在を聞きました。

I heard of a mother who would not allow her college-aged daughter to use a cooking knife.

理由は『危険だから』だそうです。

The reason is 'because it is dangerous.

まあ、当然、その娘は料理などできるようになるわけもなく、そのまま大人になり、自分で作れる食事の上限が「カップ麺」だそうです。

Well, of course, she never learned to cook, and she became an adult, and the maximum meal she could make for herself was "cup noodles.

この話を聞いた時、私は、

When I heard this story, I thought,

―― 斬新な"虐待"だなぁ

"What a novel kind of "abuse"

と思いました。

重要なポイントは、『子どもを守っている風』ではなく、『本気で子どものこと心配している』という点にあります。

The important point is not 'pretending to protect the child' but worrying about the child.

『愛を装っている』のではなく『本気で愛している』ということです。

It's not 'pretending to love' but 'loving.'

しかしながら、この"虐待"の効果は抜群です。

However, this "abuse" is highly effective.

ピンポイントで、子どもの未来を破壊します。

With pinpoint accuracy, the parent destroys the future of the child.

-----

私、子どもの頃から、『親の言うことを100%信じていると、後でエラい目にあう』と思ってきました。

Ever since childhood, I have believed that if I accept 100% of what my parents say, I will be in deep trouble later.

今になって思えば、これは、正解だったように思えます。

In hindsight, this seems to have been the right decision.

親のアドバイスは当たっていることもあるのですが、外れていることもあるからです。

This is because sometimes parents' advice is correct, but sometimes it is off.

例えば、『お前は学費のことは心配しなくてもいい』などという親の言葉を信じていれば、私は大学を退学しなければならなかったかもしれません。

If I had believed my parents' words, for example, 'You don't have to worry about your tuition,' I might have had to drop out of college.

もっとも、私の親は「土壇場で、何とかしてくれた」のかもしれません。

However, my parents may have "worked things out at the last minute."

私も、人の親になって『大人には、大人にしかできない問題解決方法がある』ということが分かりましたので。

I, too, have become a parent of others and have learned that 'only adults have ways of solving problems.

ただ、私の親は「心配しなくても良い理由」を、説明してくれなかったので、私は、自力で動き出さざるを得ませんでした。

However, my parents never explained why I should not worry, so I had to start moving independently.

-----

―― 『お前は心配しなくてもいい』は、子どもの心配を全く解消しない

-- "You don't have to worry" does not relieve the child's worry.

この現実を分かっていない大人(の親)の、まあ、何と多いことか。

How many adults (parents) do not understand this reality?

言語化と数値化とプレゼンを受けて、ようやく子どもは安心できるのです。

The child is finally at ease after verbalization, quantification, and presentation.

残念ですが、子どもが「自分の親を信じる」に足るだけの「実績」と「信用」が、"親にない"、または、"子どもからは見えない"からです。

Unfortunately, the parents do not have the "track record" and "credibility" necessary for children to "trust their parents," or they are "invisible" to the children.

-----

という訳で、私は、自分の親の与信率を50%くらいにしていました。

This is why I had a credit ratio of about 50% for my parents.

客観性はないのですが、概ね妥当な数値だったのではなかったかな、と思います。

I am not objective, but I think the numbers were generally reasonable.

-----

話を戻します。

Back to the story.

「大学生になった娘に、包丁を持たせない母親」が優先しているのは、自分の心の安寧(あんねい)だけです。

The mother who does not allow her college-aged daughter to use a kitchen knife prioritizes her peace of mind.

子どもの未来には1mmも配慮がありません。

She has not one millimeter of consideration for the future of her children.

このような大人は、大人の中でも『矯正不能なプレミアムクラスのバカ』と断言しても良いでしょう。

I can safely say that these adults are the 'premium class of uncorrectable idiots' among adults.

ですから、私が、子どもの皆さんに申し上げたいことは、

So, what I would like to tell you, all children, are 

―― 親とは、時として、「愛」を装って、あなたの未来を潰しにくる最大の悪魔

"Parents can sometimes be the greatest demon of all, trying to destroy your future under the guise of "love."

にもなりえることを覚えておいて欲しいのです。

まあ、どういう方法が良いかは分かりませんが、とりあえず「自分の親の与信率を50%にしておく」というのは、一つの方法だと思います。

I don't know what method would be best, but I think one way is to "keep your parent's credit ratio at 50%".

------

とりあえず、包丁の使い方は、友人宅で、友人に指導頂きながら教えて貰って下さい。

Please ask your friend to guide you on how to use a knife at her house.

指を10回も切れば、大体のことはできるようになります。

Ten cuts on the finger will do most of the work.

彼は『鳥と豚と牛の肉の違いも分からん』と無邪気に語っていましたが ―― はっきりいって、それ『マザコン』や『ロリコン』以上にヤバい。

2024,江端さんの忘備録

私の出身地は名古屋(の隣接市)ですので、『味噌煮込みうどん』は、私のソウルフードです。

I am from Nagoya (an adjacent city to Nagoya), so "Miso Nikomi Udon" is my soul food!

冷凍うどん

関東に出てきてから、「そば」の美味しさを知りました。

After coming to the Kanto region, I discovered the deliciousness of "soba" (buckwheat noodles).

娘も「そば」は好きなようです。

My daughter also likes "soba".

―― 小田急の乗客の多くに愛され続けている「名代 箱根そば」について、熱く語れる女子高校生

『フッ、所詮、パパも、その程度の器(うつわ)か』

-----

ただ、私は、『水、コシ、温度がうんぬん』とかいう、面倒くさいことを言うマンガとは異なる方向で、「そば」が好きです。

However, I like "soba" differently from the cartoons about "water, firmness, temperature, etc. " and other tedious things.

時間をかけ、手間をかけ、心を込めた、そして値段が高い「そば」は、確かに旨いと思います。

I believe that time-consuming, labor-intensive, heart-centered, and overpriced "soba" is delicious.

でも私は、安くて、手軽で、電子レンジやコンロだけで麺の処理が完了する、簡単で美味しい「そば」が好きなのです。

But I prefer cheap, easy, and delicious "soba" that is easy to make and requires only a microwave or stove to complete the noodle process.

で、そういう「そば」を求めて、スーパーやAmazonをうろついています。

So, I've been wandering around supermarkets and Amazon searching for such "soba."

最近は、これを購入しました。美味しかったです。

I recently purchased this. It was delicious.

4束入って300円位の乾麺に比べると3倍以上も高価ですが、こっちのほうが、より「そば」って味がします。

However, although it is more than three times more expensive than dried noodles, which cost about 300 yen for a four-pack, it tastes more like soba.

私が作るそば汁は、市販の「めんつゆ」に、そこに、かしわ、葱、えのき、ほうれんそう、砕いた鷹の爪を放り込んで、煮立てているだけの簡単なものです。

The soba soup I make is a commercial noodle soup with Kashiwa, leek, enoki mushrooms, spinach, and crushed togarashi thrown in there and simmered.

私は、こうやって自分で作る「そば」がとても好きなのです。

I like to make my own "soba" this way.

-----

海原雄山や山岡士郎が、何と言おうとも、

No matter what Yuzan Kaihara or Shiro Yamaoka might say,

こちらの最後のページの最終行に記載している通り、

As stated in the last line of the last page here,

=====

それでも、私は ―― 1年365日、いつどこでも、「納豆御飯ともやし炒め」をおいしいと思える人だけが、次の20年後の人工知能ブームへの架け橋となり、そして、第4次の人工知能ブームを立ち上げる当事者と成り得る ―― と信じているのです。

Nevertheless, I believe that only those who can think "natto gohan and fried bean sprouts" is delicious anytime, anywhere, 365 days a year, can be the bridge to the next artificial intelligence boom in the next 20 years and be the party that launches the fourth artificial intelligence boom.

=====

これこそが、研究員の生き方であり、そして、私は研究員です。

The above is the way of life of a researcher, and I am a researcher.

2024,江端さんの技術メモ

curl http://localhost:8000/getHeartbeatInfo

curl http://localhost:8000/getHeartbeatInfo/

のように、行末に”/"を入れたり、入れなかったりしてみる。

未分類

特許明細書に添付する図面を書いています ―― 何やっているか、モロバレですね。

もちろん、自分の特許発明を殺す(特許法29条)ような図面は公開していません ―― 私、プロですから。