2021/01,江端さんの技術メモ

この環境↓を前提として、

(まとめ)地図DBの作り方

Dockerの環境にて、ca_sim2ののダンプによるsqlファイル(map5.sql)の作成に先程成功しました。

[江端メモ]
root@6432e639f678:/db_data#
>pg_dump -U postgres ca_sim2 > map5.sql
>mv map5.sql /db_data (これ、カレントディレクトリで作業しているなら不要です)

C:\Users\ebata\toyosu>docker cp toyosu_db_1:/db_data/map5.sql map5.sql

(まあ、私の環境でなければ、分からないとは思います)

2021/01,江端さんの技術メモ

QGIS3でosmファイルを地図表示する方法

いつも、osmファイルをドラッグする場所を忘れるので、メモ

すると、こうなる。

以上

2021/01,江端さんの忘備録

まずこのページを開いて下さい。

First, please open this page.

感染症名に「インフルエンザ」または「インフルエン入院」を選び、「前年と比較」をチェックし、「更新」ボタンを押して下さい。

Select "Influenza" or "Influenza Hospitalization" as the name of the infectious disease, check the "Compare with previous year" box, and click the "Update" button.

今年度、インフルエンザが全く流行していないことが明白です。

It is obvious that there has been no flu epidemic at This fiscal year.

-----

私達は、今、『外出すれば、どこにいっても、20分以内にアルコール消毒のボトルがある』という、人類史上、見たこともないような、超が3つほどつく「衛生的」な世界に生きています。

We are now living in the first "hygienic" world in human history, where you can go out and find a bottle of rubbing alcohol within 20 minutes.

今年度、我々は、インフルエンザを完全に封じ込んだ、といっても過言ではないと思います。

I don't think it is an exaggeration to say that we have completely contained the flu this year.

これだけの超衛生的な世界に中にあって、、(私の試算では)通常のインフルエンザの約20~40倍の致死率がある、新型コロナ感染者数が減りません。

In this ultra-hygienic world, the number of people infected with the new corona, which is (by my estimate) 20 to 40 times more deadly than the regular flu, is not decreasing.

というか、「インフルエンザを完全に抑え込んでいる世界の中で、なんという殺人的な感染力か」、と、溜息が出るほどです。

I mean, "What a murderous infection in a world that has the flu completely under control". I can't help but sigh.

-----

■パチンコ店での、顧客(×従業員)のクラスターは確認されていない

- No clusters of customers (x employees) have been identified in pachinko parlors.

■通常授業の範囲内(×課外のスポーツ授業)で、学校でのクラスターの発生率は驚くほど低い

- Within the scope of regular classes (x extra-curricular sports classes), the incidence of clusters in schools is surprisingly low.

■通勤電車等は、クラスターと特定できる証拠は出てこない(というか、これは追跡不能かと思います)

- There is no evidence of clusters on commuter trains (or maybe this is untraceable).

以上より、

As a result,

『クラスターの発生条件は、対面会話による飛沫感染』であることは、もう誰が見ても明らかなのに、

Though it's obvious to everyone that the cluster is caused by droplet infection from face-to-face conversation,

まだ『歓楽街で騒いで飲んでいるバカがいる』という事実に唖然とします。

I am stunned by the fact that there are still "idiots making noise and drinking in the entertainment district".

-----

キャバクラでも、バーでも、メイド喫茶でもどこでも、好きなところに、好きなだけ行けばいい。

You can go to a cabaret, a bar, a maid cafe, or anywhere you want, for as long as you want.

忘年会でも新年会でも、思う存分やればいい。

Whether it's a year-end party or a New Year's party, you can do as much as you want.

むしろ、飲食業を助けるために、多くの人が、積極的に行くべきだと思う。

Rather, I think many people should actively go there to support the restaurant industry.

ただし、『一人で飲み食いをする』『接待なし』『酒を飲みながら文庫本でも読んでいる』

However, "you drink and eat alone," "you don't entertain," and "you read a paperback while drinking"

これさえ守れば、まず大丈夫です。

As long as you follow these instructions, you should be fine.

飲食店は、集団客を、バラバラの席に案内すればいい ――

"A restaurant can take a group of customers and seat them in different places "

職場の仲間であろうと、顧客の接待であろうと、家族であろうと、恋人であろうと、「例外なし」です。

No exceptions," whether it's a colleague at work, a client's entertainment, a family member, or a lover.

-----

しかし、私のこの主張を、飲食店で働く嫁さんは『ナンセンス』と一蹴しました。

However, my wife, who works in a restaurant, kicked it off as "nonsense".

飲食店が「会話を楽しみながら食事をする場所」である以上、そのようなサービスは「飲食店の自己否定と同じだ」というようなことを言われました。

She told me that since restaurants are "places where people eat while enjoying conversation", such services are "the same as denying the restaurant's self".

そりゃそうだ、とも思うのですが。

That's right, I guess, however,

でも、私、「居酒屋で一人飯」というの普通にしていますし、「バラバラの席で新年会」と言われたら、むしろ喜んで参加します。

But I usually have "dinner alone at an izakaya", and if someone says "New Year's party at a discrete table", I'm more than happy to join.

2021/01,江端さんの技術メモ

0.追記(江端が、今、必要な情報をトップに)

### STLって面倒(strcpyでええやん)

// added by Ebata 2021/01/04
#include "simple_udp.h"

// Ebata added simple_udp 2021/01/05                                                                                    
simple_udp udp0("192.168.0.8",12345);

// added by Ebata 2021/01/04
std::cout << "Ebata:User:  " << user.id() << "," << user.current_xy().x() << "," << user.current_xy().y() << std::endl;
std::stringstream ss;
ss << "Ebata:User:  " << user.id() << "," << user.current_xy().x() << "," << user.current_xy().y() << std::endl;

// simple_udp udp0("192.168.0.8",12345);
udp0.udp_send("hello!\n");

//udp0.udp_send(ss);  エラー
//udp0.udp_send(ss.c_str()); エラー
udp0.udp_send(ss.str());

1.背景

LinuxのDockerコンテナの中から、一方的に、ホストOSにデータを放り投げる為のUDPプログラムです。

1行程度のデータをコンテナの外に出したいだけなのに、なかなか、良い方法が見つからず、結局UDP socketを使ってしまいました(websocket用にサーバを作るのも大袈裟で面倒でした(3~4行程度で記述したかった))。

ちなみに、UDPは、相手がいようがいまいが、一方的に送信し、一方的に受信待ちができる、とても便利な通信方式です。当然、送達保証はありません。

2. 環境

私のホストOSのIPアドレスは、192.168.0.8、ポートは、12345 と適当に選びました。

普通DockerにはUDPのポートオープンの設定が必要だと思いますが、今回は、テストプログラムでたまたまpingとUDPが通ってしまったので、何もやっていません(運が良かっただけかもしれません)。

テスト用のUDPプログラムは、こちら「UDP送受信プログラム」を使いました(何でも残しておくものです)

3.ソースコード

まるまる、こちらをコピペさせて頂きました → 「メカトロ講座03 c++でudp通信をする方法」

一行でUDP送信ができるようにしたかったもので。

3.1 共通のヘッダファイル(simple_udp.h)

// g++ -std=c++11 としないと動かない(ことがある)

// simple_udp.h

#include <sys/types.h>
#include <sys/socket.h>
#include <netinet/in.h>
#include <arpa/inet.h>
#include <unistd.h>
#include <string>  // "string.h"だと通らないことがあるので、注意のこと(私は、ここで2時間ほど嵌った)

class simple_udp{
  int sock;
  struct sockaddr_in addr;
public:
  simple_udp(std::string address, int port){
    sock = socket(AF_INET, SOCK_DGRAM, 0);
    addr.sin_family = AF_INET;
    addr.sin_addr.s_addr = inet_addr(address.c_str());
    addr.sin_port = htons(port);
  }
  void udp_send(std::string word){
    sendto(sock, word.c_str(), word.length(), 0, (struct sockaddr *)&addr, sizeof(addr));
  }

  void udp_bind(){
    bind(sock, (const struct sockaddr *)&addr, sizeof(addr));

  }
  std::string udp_recv(){
            #define BUFFER_MAX 400
    char buf[BUFFER_MAX];
    memset(buf, 0, sizeof(buf));
    recv(sock, buf, sizeof(buf), 0);
    return std::string(buf);
  }
  void udp_recv(char *buf, int size){
    memset(buf, 0, size);
    recv(sock, buf, size, 0);
  }

  ~simple_udp(){
    close(sock);
  }
};

3.2 送信プログラム(udp_sendto.cpp)

// g++ udp_sendto.cpp -o udp_sendto で大丈夫だが、g++ -std=c++11としないと動かない(ことがある)

#include <stdio.h>
#include <string.h>
#include "simple_udp.h"

simple_udp udp0("192.168.0.8",12345); // ホストOSのUDPの受信側

int main(int argc, char **argv){
  udp0.udp_send("hello!");
  return 0;
}

3.3 受信プログラム(udp_recvfrom.cpp)

// g++ udp_recvfrom.cpp -o udp_recvfrom で大丈夫だが、g++ -std=c++11としないと動かない(ことがある)
#include <stdio.h>
#include <string.h>
#include "simple_udp.h"
simple_udp udp0("0.0.0.0",12345);

int main(int argc, char **argv){
  udp0.udp_bind();
  while (1){
    std::string rdata=udp0.udp_recv();
    printf("recv:%s\n", rdata.c_str());
  }
  return 0;
}

4.Windows10でMinGWのgccを使ってる私の場合のケース

以下のように変更した

4.1 共通のヘッダファイル(simple_udp.h)

// simple_udp.h

/* Windows版 */
#include <stdio.h>
#include <sys/types.h>
#include <winsock2.h>
#include <ws2tcpip.h>
//#include <sys/socket.h>
//#include <netinet/in.h>
//#include <arpa/inet.h>
//#include <netdb.h>
#include <string>  // "string.h"だと通らないことがあるので、注意のこと(私は、ここで2時間ほど嵌った)
#include <unistd.h> // error: 'close' was not declared in this scope; did you mean 'fclose'?


class simple_udp{
  int sock;
  struct sockaddr_in addr;

  // Windows専用おまじない(ここから)
  WSADATA wsaData;
  // Windows専用おまじない(ここまで)	  

 public:
  simple_udp(std::string address, int port){

	// Windows専用おまじない(ここから)
	WSAStartup(MAKEWORD(2,0), &wsaData);
	// Windows専用おまじない(ここまで)	  
	  
	sock = socket(AF_INET, SOCK_DGRAM, 0);
	addr.sin_family = AF_INET;
	addr.sin_addr.s_addr = inet_addr(address.c_str());
	addr.sin_port = htons(port);
  }
  void udp_send(std::string word){
	sendto(sock, word.c_str(), word.length(), 0, (struct sockaddr *)&addr, sizeof(addr));
  }
  
  void udp_bind(){
	bind(sock, (const struct sockaddr *)&addr, sizeof(addr));
  }
  std::string udp_recv(){
#define BUFFER_MAX 400
	char buf[BUFFER_MAX];
	memset(buf, 0, sizeof(buf));
	recv(sock, buf, sizeof(buf), 0);
	return std::string(buf);
  }
  
  void udp_recv(char *buf, int size){
	memset(buf, 0, size);
	recv(sock, buf, size, 0);
  }
  
  ~simple_udp(){
	close(sock);
  }
};

4.2 送信プログラム(udp_sendto.cpp)

(T.B.D.)  # 現時点では、Windows10(ホストOS側は受信専用なので、不要だから)

4.3 受信プログラム(udp_recvfrom.cpp)

// g++ udp_recvfrom.cpp -o udp_recvfrom で大丈夫だが、g++ -std=c++11としないと動かない(ことがある)
// Windows の場合は、g++ -g udp_recvfrom.cpp -o udp_recvfrom -lwsock32 -lws2_32

#include <stdio.h>
#include <string.h>
#include "simple_udp.h"

simple_udp udp0("0.0.0.0",12345);

int main(int argc, char **argv){
  udp0.udp_bind();
  while (1){
    std::string rdata=udp0.udp_recv();
    printf("recv:%s\n", rdata.c_str());
  }
  return 0;
}

2021/01,江端さんの忘備録

正月三が日が過ぎて、我が家の保護者チームは、通常運転に入っています。

The three New Year's days have passed, and parent team of the Ebata is now in normal operation.

江端家では、今年、久々の家族揃っての年末年始を過すことになりました。

This year, the Ebata family will be spending the year-end and New Year holidays together for the first time in a long time.

家庭内感染を防止する観点から、以前ご紹介した、リビングテーブルのアクリル版パーテイションの他に、さらに、一工夫しました。

In addition to the acrylic partitions on the table that I introduced before, we have added another tip to prevent household infections.

キャンプ用の組み立てテーブルをリビングに持ち込んで、おせち料理、鍋、手巻き寿司を、皿に乗せて、テーブルの自分の席に持ってくる方式

Bring a camping table into the living room, and putting Osechi (New Year's Eve) food, hot pot, and hand-rolled sushi on a plate, and bring it to out seats at the table,

―― ビュッフェスタイル

"buffet-style"

を採用しました。

has been installed.

勿論、それぞれの食品に対して、それぞれの取り箸を用意したのは言うまでもありません。

Needless to say, I prepared different chopsticks for each food.

ちょっと「せわしない」という感じもしましたが、これはこれで、なかなか楽しい「非日常」でした。

I felt a little "unsettled", but this was quite a fun "extraordinary" experience.

-----

「非日常」でもないかもしれません。

Maybe not even "extraordinary"

当面の間、この「アクリルパーティション」と、「バイキング用テーブル」は、リビングから撤去されることはないだろうなぁ、と、ニュース(*)を見ながら溜息を付いています。

For the time being, the acrylic partition and the buffet table will not be removed from the living room, I think, sighing as I watch the news(*).

(*)本日、関東地区の新型コロナ感染対応の非常事態宣言の予告がされました。

(*) Today, a notice was issued declaring a state of emergency in the Kanto area in response to the new corona infection.

-----

なぜ、私がここまで、家庭内感染防止に努めているかというと、

The reason why I have been trying to prevent domestic infections so far is

■感染の自覚症状なしにウイルスを運んでくるのは、間違いなく「娘たち」であること

- It is definitely the "daughters" who carry the virus without any subjective symptoms of infection.

■私が感染、発病、重篤、そして最悪、死に至った場合、娘たちは「親を死に至らしめた」という自責に念で、一生苦しむことになる

- If I become infected, sick, serious, and at worst, die, my daughters will suffer for the rest of their lives, blaming themselves for "dying their parents."

―― か、どうかは、どうでもいいです。

It doesn't matter whether or not.

私、そのことには大して興味ありません。それは娘たちの問題です。

I'm not very interested in that. It's a problem for the daughters.

-----

私のモチベーションは、ただ一つ ―― 「苦痛に対する恐怖」です。

My motivation is just "fear of pain".

新型コロナが発病し、重篤化した場合、

If the new corona becomes ill and becomes serious, I know that

■簡単には死に至れず、死に至るプロセスの「苦痛がハンパではない」ということと、

- the fact that it is not easy to die and that the process of death is "severe"

■仮に治癒したとしても、その「後遺症の苦痛もハンパではない」ということと、

Even if it heals, it means that the pain of the aftereffects is also terrible.

ということが分かっています。

そもそも、ウイルス感染症というのは、そういう風にできています。

In the first place, viral infections are like that.

------

『家族から感染したなら仕方がない』と思えるほど、私は「できた人間」ではありません。

I'm not the kind of person who can say, "If I got it from my family, I don't have a choice.

2021/01,江端さんの忘備録

自分の気に入ったコンテンツ(映画や小説やマンガ等)は、人に勧めたくなるものです。

If I like the content (movies, novels, comics, etc.), I will want to recommend it to others.

自分の気に入ったコンテンツを、他人に共感をして貰えるのは、とても幸せなことだからです。

This is because it makes me very happy to be able to share my favorite content with others.

ところが、「自分の気に入ったコンテンツ」が、「他人の気に入るコンテンツ」になるとは限りません。

However, "content that I like" does not necessarily become "content that others like".

そもそも、そのコンテンツを試して貰う為に、『他人の貴重な時間を奪う』という前処理が必要になります。

In order to get people to try out the content, you need to pre-process it by "taking up someone else's valuable time".

そして、『他人の貴重な時間を奪った』上に、『他人の気にいるコンテンツ』でもなかった場合は、

And you've "taken up someone else's valuable time" and "someone else's unfavorite content"...

もう、これは、

You should consider that

―― 損害賠償モノ

this is already the subject of damages.

と考えるべきでしょう。

最近では、こういう「自分の気に入ったコンテンツ」を、自分より立場の弱い人に強要する「ハラスメント」が問題になっているそうです。

Recently, this kind of "harassment" of forcing "your favorite content" on people who are in weaker positions than you is becoming a problem.

ここでは便宜的に、「コンテンツハラスメント」と称呼することにします。

For the sake of convenience, we will refer to it as "content harassment".

-----

私は、この"コンテンツハラスメント"の被害者になったことがあります。

I have been a victim of this "content harassment".

先輩の気に入ったコミック50冊以上を、苦痛を伴いながら読んだ日々を思い出します。

I remember painfully when I was forced to read more than 50 manga that my seniors liked.

そんでもって、その先輩に「楽しかったです」と嘘の感想を言うのは、辛いことでした。

It was hard for me to lie and say "I had a good time" to that senior.

一方、私は、この"コンテンツハラスメント"の加害者もやってきたと思っています。

On the other hand, I am also aware that I was a perpetrator of this "content harassment".

特に、自分が「非常に良い」と思った本を紹介して、「全然、面白くなかった」という感想で傷ついたことがあります。

In particular, I have been hurt when I introduced a book that I thought was "very good" and was told that it was not interesting at all.

この場合は、加害者でもありながら、被害者でもあるという、目も当てられない状況になります。

In this case, you are both the perpetrator and the victim, a situation that is hard to ignore.

-----

で、考えたのですが、「コンテンツファンディング」というのはどうでしょうか。

So, I thought, what about "content funding"?

例えば、とても気に入った映画があれば、それを、2回、3回と見にいくのではなく、その金額を、その映画に興味のない人向けにお金を寄付するのです。

For example, if you like a movie very much, instead of going to see it two or three times, you can donate that amount of money to someone who is not interested in that movie.

これは、なかなか面白い効果が期待できそうです。

This is going to have a very interesting effect.

■そのコンテンツに興味のない人の時間を買う

- Buy the time of people who are not interested in that content.

■コンテンツに興味のない人にも、上手く行けば「共感」をしてもらえる

- Hopefully "empathize" with people who are not interested in the content.

■ファンディングの金額の総額を公開することで、その映画に対する純粋な評価(×広告規模、×マーケティング戦略、×個人の嗜好)に影響されにくい、映画の評価を"数値"で得られる。

- By disclosing the total amount of funding, we can get a "numerical" evaluation of the film, which is less influenced by the pure evaluation of the film (x advertising scale, x marketing strategy, x personal taste).

-----

と言う訳で、「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」であれば、1回分のコストを、そのファンドに投資(というか、リターンはないので「寄付」になりますか)しても良いと思っています。

So, if it's "Violet Evergarden the Movie", I'm willing to invest (or is it "donate", since there is no return) the cost of one time to that fund.

2021/01,江端さんの技術メモ

1.前書き
TILE38のクライアントプログラムのサンプルを見たくて、色々探していたら、「TILE38紹介」を紹介するという、非常に良いページを見つけました。
私がプログラムを良く忘れるので、このページのプログラムをそのままコピペさせて頂いて、私の備忘録とさせて頂きます(私の環境では、コメントアウト等がちょっと違ったようです)

2. 前提
Tile38のサーバを立ち上げておきます。Dockerを使って立ち上げておくと簡単です。dockerを使わない方法は、https://github.com/tidwall/tile38 に記載があります。

docker pull tile38/tile38
docker run -p 9851:9851 tile38/tile38

3. サンプルプログラム

(1つ目)

package main

import (
        //"encoding/json"
        "fmt"
        "log"

        //"reflect"

        "github.com/garyburd/redigo/redis"
)

func main() {
        // db connect
        c, err := redis.Dial("tcp", ":9851")
        if err != nil {
                log.Fatalf("Could not connect: %v\n", err)
        }
        defer c.Close()

        // SET location
        ret, err := c.Do("SET", "location", "me", "POINT", 35.6581, 139.6975)
        if err != nil {
                log.Fatalf("Could not SET: %v\n", err)
        }
        fmt.Printf("SET ret:%s\n", ret)

        // GET location
        ret, err = c.Do("GET", "location", "me")
        if err != nil {
                log.Fatalf("Could not GET: %v\n", err)
        }
        fmt.Printf("GET ret:%s\n", ret)
}

(2つめ)

package main

import (
	"encoding/json"
	"fmt"
	"log"

	"github.com/garyburd/redigo/redis"
)

type GeoJsonMember struct {
	Type           string          `json:"type"`
	CoordinatesRaw json.RawMessage `json:"coordinates,omitempty"`
	CoordinatesObj interface{}     `json:"-"`
}

type Point [2]float64

type LineString []Point

type Polygon []LineString

func (member *GeoJsonMember) String() string {
	return fmt.Sprintf("%s %v", member.Type, member.CoordinatesObj)
}

func (member *GeoJsonMember) setCoordinates() error {
	var coordinates interface{}
	switch member.Type {
	case "Point":
		coordinates = new(Point)
	case "LineString":
		coordinates = new(LineString)
	case "Polygon":
		coordinates = new(Polygon)
	default:
		return fmt.Errorf("Unknown type: %v", member.Type)
	}
	err := json.Unmarshal(member.CoordinatesRaw, &coordinates)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("json.Unmarshal error: %v", err)
	}
	member.CoordinatesObj = coordinates
	return nil
}

func unmarshalMultiResults(shapes []byte) ([]*GeoJsonMember, error) {
	var members []*GeoJsonMember
	err := json.Unmarshal(shapes, &members)
	if err != nil {
		return nil, fmt.Errorf("Unmarshal error: %v", err)
	}

	for i, member := range members {
		err := member.setCoordinates()
		if err != nil {
			return nil, fmt.Errorf("member[%v]:type:%v coordinates:%v err:%v\n", i, member.Type, member.CoordinatesRaw, err)
		}
	}
	return members, nil
}

func unmarshalSingleResult(shapes []byte) (*GeoJsonMember, error) {
	var member GeoJsonMember
	err := json.Unmarshal(shapes, &member)
	if err != nil {
		return nil, fmt.Errorf("Unmarshal error: %v", err)
	}

	err = member.setCoordinates()
	if err != nil {
		return nil, fmt.Errorf("type:%v coordinates:%v err:%v\n", member.Type, member.CoordinatesRaw, err)
	}
	return &member, nil
}

func main() {
	// db connect
	c, err := redis.Dial("tcp", ":9851")
	if err != nil {
		log.Fatalf("Could not connect: %v\n", err)
	}
	defer c.Close()

	// SET fleet
	for _, data := range [][]interface{}{
		{"fleet", "id1", "FIELD", "start", "123456", "FIELD", "end", "789012", "POINT", 35.6581, 139.6975},
		{"fleet", "id2", "OBJECT", `{"type":"Point","coordinates":[139.6975,35.6581]}`},
		{"fleet", "id3", "OBJECT", `{"type":"LineString","coordinates":[[139.6975,35.6581],[1,1],[2,2]]}`},
		{"fleet", "id4", "POINT", 35.6581, 139.6975},
	} {
		ret, err := c.Do("SET", data...)
		if err != nil {
			log.Fatalf("Could not SET: %v\n", err)
		}
		fmt.Printf("SET ret:%#s\n", ret)
	}

	// SCAN fleet
	results, err := redis.Values(c.Do("SCAN", "fleet"))
	if err != nil {
		log.Fatalf("Could not SCAN: %v\n", err)
	}

	var cursor int
	var members []interface{}
	_, err = redis.Scan(results, &cursor, &members)
	if err != nil {
		fmt.Printf("scan result error: %v", err)
		return
	}

	for len(members) > 0 {
		// pick up one record from results as []interface{}
		var object []interface{}
		members, err = redis.Scan(members, &object)
		if err != nil {
			fmt.Printf("scan record error: %v", err)
			return
		}
		// scan columns from one record -> [id,json],fields
		var id []byte
		var json []byte
		others, err := redis.Scan(object, &id, &json)
		if err != nil {
			fmt.Printf("scan columns error: %v", err)
			return
		}

		// unmarshal geojson string to struct
		gjm, err := unmarshalSingleResult(json)
		if err != nil {
			fmt.Printf("unmarshal json error: %v", err)
			return
		}
		fmt.Printf("id:%s  json:%s  others:%s\n", id, gjm, others)
	}
}

4. PruneMobileと組み合わせてみる
ランダムウォークさせている歩行者が、一定のエリアに入った時に、メッセージを送付する。

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

 

 

2021/01,江端さんの技術メモ

  1. 参考文献
    https://r9y9.github.io/blog/2014/03/22/cgo-tips/
    https://hawksnowlog.blogspot.com/2018/12/getting-started-with-cgo.html
  2. 取り敢えず、Goのプログラムの中からCの関数を使う方法
    // go run main.go
    
    package main
    
    /*
    #include <stdio.h>
    #include <stdlib.h>
    
    void myprint(char* s) {
    	printf("%s\n", s);
    }
    */
    import "C"
    
    import "unsafe"
    
    func main() {
    	cs := C.CString("Hello from stdio\n")
    	C.myprint(cs)
    	C.free(unsafe.Pointer(cs))
    }
    
    // output
    // Hello from stdio

    とか

    package main
    
    /*
    #include <math.h>
    double MyPow(double x, double y) {
      double ret = pow(x, y);
      return ret;
    }
    */
    import "C"
    import "fmt"
    
    func main() {
    	ret := C.MyPow(10, 2)
    	fmt.Println(ret)
    }
  3. 結構面倒くさい決まりごと
    (1)import "C" の前には空行を入れない

    // #include <stdio.h>
    // #include <errno.h>
    import "C"

    (2)C / C++ のコンパイラに渡すオプション(flag)を記述する

    // #cgo CFLAGS: -I/usr/local/lib
    import C

 

2021/01,江端さんの忘備録

私は、「モノを大切にする」ことには興味がありませんが、「モノを自分なりの方法で補修する」というのが好きです。

I am not interested in "taking care of things", but I like to "repair things in my own way".

ただ ―― エレガントではありません。

However, it's not elegant.

ポリシーは「手を抜いて、ラクに補修をする」です。

My policy is to "cut corners and make repairs with ease.

例えば、結合部が欠けている時計は、時計のバンドの端を裂いて、そこに瞬間接着剤を流し込んで使っています。

For example, for watches with missing joins, I tear off the end of the watch band and pour instant glue into it for use.

擦れて穴が空いたGパンは、そのままにしておけば穴が広がるだけです。

My G-panels that are worn out and have holes in them will only spread if you leave them as they are.

ですので、穴が空いたところに、木工用ボンドを流し込み、

So, I poured wood glue into the hole, and

さらに、油性の黒色のマジックで上塗りをする、という補修をやってみました。

In addition, I tried to repair it by painting over it with an oil-based black magic marker.

リュックのポケットの底が、そのまま抜けてしまった時も同じように、木工用ボンドを塗りたくって(×接着して)、そのまま固化するのを待ち、

When the bottom of my backpack pocket fell out, in the same way, I applied wood glue to the bottom of the pocket and waited for it to harden.

その塊の上に、油性の黒色のマジックで上塗りをしました。

I used an oil-based black magic marker to paint over the hardened object.

-----

まあ、この補修の目的は、「使い続ける」ということを目的とした「補修」です。

Well, the purpose of this repair is to "repair" for the purpose of continued use.

ただし、「美しく」はありません。

However, there is nothing "beautiful" about it.

時計は、Amazonで10年前に3800円くらいで購入したものですし、Gパンもリュックも格安のものです。

The watch was something I bought on Amazon for about 3,800 yen 10 years ago, and the G pants and backpack were cheap.

私は、時計、Gパン、リュックを購入できない程、収入がないという訳でもありません。

I'm not so poor that I can't afford a watch, g-pants, and a backpack.

「それって、もったいない精神 ?」 と問われると、それも違う気がします。

If you ask me, "Is that a wasteful mentality? I don't think so either.

もっともピッタリとくる答えは、「新しいものに慣れるまでの時間が面倒」になると思います。

The answer that fits me best is "I feel bother with the time it takes to get used to new things.

それと「木工用ボンド」ですね。

And "wood glue".

-----

下町の木工会社の社長の息子であった私は、「木工用ボンド」に対する深い愛情があります。

As the son of the president of a downtown woodworking company, I have a deep affection for "woodworking bond.

強力な接着効果、乾燥後の美しい仕上がり(透明になる)、取り扱いが簡単な上、水溶性でもあります。

Strong adhesive effect, beautiful finish after drying (becomes transparent), easy to handle, and water soluble.

凝固する前であれば、水とブラシで簡単に除去できます。加えて、人体に対する安全性も高いです。

Wood glue can be easily removed with water and brush before it solidifies. In addition, it is safe for the human body.

-----

先日、急須(きゅうす)の蓋を割ってしまったのですが、瞬間接着剤を使ってしまいました。

The other day, I broke the lid of a teapot (kyusu) and used instant glue.

どうも、これは、良くなかったようです。

Apparently, this was not a good idea.

安全性について、完全にセーフとは言えない物質が混入しており、特に嫁さんが使用を嫌がっています。

Regarding safety, there are some substances mixed in that are not completely safe, and my wife especially does not like to use them.

ですが、

However, I read

「安全・簡単格安DIY 現代的"金継ぎ"食器修理のやり方」

"Safe, Easy and Cheap DIY Modern "Kinatsugi" Tableware Repair Methods"

を読んでみると、「安全性が担保されている木工用ボンド」があるようです。

There seems to be a "safety bond for wood glue.

―― 木工用ボンド、スゲーな

"wood glue", awesome

-----

という訳で、先日

So, the other day

―― これから陶器が割れても修復します(私の食器だけでいい)ので、直ぐに廃棄しないようにお願いします

"From now on, if a piece of pottery breaks, I will repair it (just my dishes), so please don't discard it right away!"

というメッセージを、LINEで家族に送付しておきました。

I have sent this message to my family by LINE.

2021/01,江端さんの忘備録

先程、YouTubeで、

On YouTube, I watched,

「エリザベス女王の人質とは? 女王が語るブレグジットは?」

"What is Queen Elizabeth's hostage? What does the Queen say about Brexit?"

を見ました。

一言で言えば、

It was, in short,

―― 王家と議会の敵対関係

"Hostility between the Royal Family and Parliament"

の、何百年間もの歴史を経た「様式美」あるいは「テンプレート化」というものでした。

the "stylized beauty" or "templating" that had been going on for hundreds of years.

とても、面白かったです。

It was very, very interesting.

-----

私、最近、家族や他の人々の忠告『皇室のことには触れるな』と言われているにも関わらず、結構、天皇陛下や天皇制について書いています。

Recently, I have been writing quite a bit about His Majesty the Emperor and the Emperor System, despite the fact that my family and other people have told me not to mention the Imperial Family.

それは、「天皇陛下の激務を、数値によって定量化して見せる」とか、「天皇制をシステム論から評価する」という内容です。

They are about "quantifying and showing the Emperor's strenuous work through numbers" or "evaluating the emperor system from a systems perspective.

特に、こっちのコラムについて、私は、

In particular, about this column, I had prepared a title

「天皇制とは、ブロックチェーンである」

"The emperor system is a blockchain"

という題目を提案していたくらいです。

でまあ、これらのコラムの下書き(ドラフト)を読んだ、家族や他の人々の意見や所感を一言で纏めると、

So, in a nutshell, here are the opinions and impressions of my family and others who have read the drafts of these columns

―― 敬意がない

"Lack of respect"

ということになるようです。

-----

しかし、私、この「数値化」や「システム評価」という観点から、

However, from the perspective of this "quantification" and "system evaluation".

―― 人生でこれ以上もないくらい、皇室や天皇制について大量に勉強し、その意義を深く理解することができた

"For the first time in my life, I was able to study a large amount about the imperial family and the emperor system and deeply understand its significance"

と、思っています。

そして、本日、

And today, I have been listening to

「天皇陛下 新年ビデオメッセージ」

"The Emperor's New Year Video Message"

を拝聴しております。

-----

実のところ、私は、家族や他の人々の言っていることを、理解できていると思っています。

As a matter of fact, I believe I understand what my family and other people are saying.

これは、

This is a criticism to me,

『江端、お前は、"愛"を計算しシステムとして評価しなければ、"愛"の存在を確認できないのか?』

"Ebata, can't you confirm the existence of love without calculating it and evaluating it as a system?"

という批判だと思います。

(我が国の皇室の場合は、"愛"というようりは、"敬愛"になると思います)

(In the case of the Imperial Family in Japan, I think the word is "respect" rather than "love".)

この批判、実に理に叶っていると思いますし、私は、その批判を受け入れることができます。

I think this criticism makes a lot of sense, and I can accept it.

-----

ただ、私のティーンエイジャから大学在学中、大半の人にとっては、あまり経験できない日々、

However, my days as a teenager and in college were not very relevant to most people.

こんなのや、

like this one,

こんなの、

or this one.

を経てきました。

このこと自体は、幸運なことだったと思っています。

I think that this in itself was a blessing for me.

ただ、日本人の多くが、呼吸をするように自然に獲得してきた"敬愛"を、私が、"後発的"に受け入れるようになることは、とても難しいことだったのです。

However, it was very difficult for me to come to accept the "respect" that most Japanese people have naturally acquired like their breathing.

-----

『計算とシステム評価から、敬愛に至る』

"From Computation and System Evaluation to Respect.

こんな人間は、少数派 ―― というか、「私以外には誰もいないんじゃないかな」と思っていました。

I thought that people like this were in the minority -- or rather, I thought, "There is no one else but me.

しかし、冒頭の「エリザベス女王の人質とは? 女王が語るブレグジットは?」を視聴しているうちに、『案外、そうでもないかもしれない』と思い始めています。

However, watching the "What is Queen Elizabeth's hostage? What does the Queen say about Brexit?" at the beginning, I'm beginning to think, "Maybe not so much.

-----

私の想いは、"多くの人"には届かないかもしれないけど、私と同じ思考形態をしている人には届くのかもしれません。

My thoughts may not reach "many people," but they may reach those who think the same way I do.

私自身は、「その中の一人が、私である」ということで良い、と思っています。

I myself think it is safe to say that I am one of them.

むしろ「その中の一人」を自覚して、今年もコラムを書きまくろうと思っています。

Rather, I am aware that I am "one of them," and I am going to write a lot of columns this year too.

今年もよろしくお願い致します。

Happy New Year to you all.