2021/01,江端さんの忘備録

「マーケットイン」とか、「デザイン思考」とか、まあ、言っていることは分かるんですけどね。

I understand what they are saying about "market-in" and "design thinking".

これらが言いたいことは、詰るところ『技術指向では、ビジネスにならない』ということで、

What they are trying to say is that, in essence, "technology oriented is not a viable business.

この手の話、ずっと昔から、散々言われ続けてきて、もう聞き飽きているんですよ ―― 私。

I've been hearing this kind of thing for a long time, and I'm tired of hearing it.

-----

ただ、私の長年の観測から見れば、「マーケットイン」だの「デザイン思考」だのを、繰り返す人間って、

However, from my observation over the years, people who repeat "market-in" and "design thinking",

―― うわー、あいつ技術力ないわー

"have no technical skills"

とか、

or

―― モノを作り切る力量が見当たらないわー

have no ability to make things fully.

とか、

or

―― あいつが完成させた製品って、知らんわー(パワポの資料しか見たことないわー)

have no completed product (I've only seen their powerpoint documents)

という人間が多い気がするんですが、私の気のせいでしょうか?

I feel like there are a lot of people like that, but am I wrong?

-----

もちろん、私は、ビジネスにおける「マーケットイン」とか「デザイン思考」の重要性を否定しませんが、

Of course, I don't deny the importance of "market-in" or "design thinking" in business, but

私に限っていえば、

As far as I'm concerned,

『一つのモノを完成させたこともない奴の語る「マーケットイン」とか「デザイン思考」という言葉は、信じない』

"I don't believe in the words 'market-in' or 'design thinking' spoken by people who have never completed a single product"

です。

2021/01,江端さんの忘備録

故小松左京先生の「果しなき流れの果に」は、小松文学の最高傑作という評価があります。

The late Sakyo Komatsu's "The End of the Endless Stream" is regarded as one of the best works of Komatsu literature.

私は、この評価を、断固として「支持」します。

I firmly "support" this assessment.

この作品の中に、ルキッフという人物が登場するのですが、学生の頃、私は私のあだ名を「ルキッフ」と読んでくれ、と友人たちに頼んでいました。

In this work, there is a character named Lukif, and when I was a student, I used to ask my friends to call my nickname as "Lukif.

ちなみに、私は、最近の教育現場の「あだ名禁止」に賛成する一人です。不快なあだ名を付けられた当事者だからです。

Incidentally, I am one of those who agree with the recent "ban on nicknames" in education. This is because I am a person who has been given unpleasant nicknames.

本人が申告した「あだ名」については特例として良いかとも思うのですが、こういう特例を作ると、なし崩し的に、ルールが崩壊するので、やめた方がいいでしょう。

I think it would be a good idea to make a special exception for "nicknames" reported by the person their selves, but it would be better not to make such a special exception, as it would collapse the rules in an uncontrollable manner.

ともあれ、私のこの自己申告の「あだ名」、友人の殆んどが使ってくれませんでしたが。

Anyway, my self-declared nickname was not used by most of my friends.

-----

「果しなき流れの果に」のストーリーは、こんな感じです。

The story of "The End of the Endless Stream" goes like this.

『地球が、太陽の異常でいましも終焉を迎えようとしていた時、「審判者」は、超能力を持つ人間を選別し、多くの地球人たちをつれ去っていた』

"When the earth was about to end due to the anomaly of the sun, the "judgment" disguised as an "alien" selected humans with supernatural powers and took away many earthlings.

『だが、これに抵抗する勢力があった。あらゆる変化のベクトル対する抵抗力が形象化された存在"ルキッフ"をリーダーとする、一団である』

"But there was a force to resist this. It is a group led by "Lukif", an entity that embodies the resistance to the vector of every change. "

つまり ――

That means,

■「力のある知性のある集団による、御仕着せの善意」を拒否し、

- Rejecting "the good intentions of the punishment by a powerful and intelligent group"

■「力のない無知性な個人による、誤った自己決定」を選ぶ

- Select "wrong self-determination by a weak and ignorant individual"

この物語の中には、そういった「『間違った生き方』を歩む人間に対する『力強い肯定』」があります。

In this novel, there is such a "strong affirmation" for humans who walk the "wrong way of life."

-----

・・・で、実は、私、この話をきっかけに何かを語ろうとしたんですけど、それを忘れてしまいました。

So, actually, I tried to talk about something in the wake of this story, but I forgot it.

格好悪いオチになってしまいました。

It has become a ugly punch line.

2021/01,江端さんの忘備録

長女:「ぶっちゃけ、パパは、今の在宅勤務の状況、どう思っている?」

Daughter: "To be frank, Dad, what do you think of the current telecommuting situation?"

私:「基本的に、私の仕事の内容は、資料作成とコーディングだから、会社の設備が必須かと言われると、そうでもない」

I: "Basically, my job description is creating documents and coding, so if you're asking me if the company's equipment is essential, it's not."

長女:「ミーティングとかは?」

D: "Any meetings or anything?"

私:「本当に細かい仕様策定などは、F2Fミーテイングでないと、できないこともある ―― まあ、それも工夫しだいかな。ミーティングの回数を増やすとか」

I: "I need some things that can only be done in a F2F meeting, such as really detailed specifications. Well, there's room for innovation in that, too. Maybe we should increase the number of meetings."

長女:「ストレスは?」

D: "Are you stressed?"

私:「『ない』という訳ではないけど、ニュースのインタビューで言われているような『外出ストレス』は、他の人よりは小さいように思う。そもそも、私は『人間嫌い』だそうだし」

I: "I wouldn't say 'no,' but I think I have less 'out-of-town stress' than other people, like they say in the news interviews. I hear I'm a 'misanthrope' to begin with."

長女:「じゃあ、このコロナ禍の状況がずっと続けばいい、と思っている?」

D: "So, do you hope that this corona disaster situation will continue forever?"

私:「それはない。凶悪な殺人ウイルスが存在している世界は、続いて欲しくない。できれば「ワクチン」で決着がついて欲しいと、心底から願っている ―― が・・・」

I: "It won't. I don't want the world to continue with a vicious killer virus. I sincerely hope that a vaccine will be the answer, if possible -- but..."

長女:「?」

D:"?"

私:「本当に「ワクチン」で決着が付くのか、今一つ確信が持てない。新型コロナの亜種、別のウイルスが登場もあるかもしれない」

I: "I'm still not convinced that a 'vaccine' will really settle the issue. There may be a variant of the new corona, another virus."

長女:「それで?」

D: "And?"

私:「これからの、殺人ウイルスとの共存を考えると、少なくとも、これからの世界は、多人数による同じ場所を共有する行動 ―― 『修学旅行』『文化祭』『高校野球、特に甲子園大会』など、廃止とまでは言わないまでも、縮小方向にパラダイムシフトした方が良いと思う。そして『運動会』。うん、これは廃止の一択しかないな」

I: "Considering the future coexistence with the killer virus, at least in the future, the world should make a paradigm shift to reduce, if not abolish, activities where many people share the same place, such as school trips, cultural festivals, and high school baseball games, especially the Koshien tournament. And " Athletic meets". Yeah, there's no choice but to abolish it"

長女:「・・・」

D: "..."

私:「修学旅行は、グループ人数4人以下にして、各グループが予算と期間を決めて、好きなところに行けばいい。もちろん、「一人旅」もありだ。それくらいの自由裁量があってもいい」

I: "For the school trip, the group size should be no more than four people, and each group can decide the budget and duration of the trip, and go wherever they want. Of course, you can also travel alone. It would be nice to have that much discretion"

長女:「・・・」

D: "..."

私:「そして、世界は『飲み会』を諦める ―― アフターコロナでも」

I: "And the world gives up 'drinking' -- even after Corona"

2021/01,江端さんの技術メモ

  1. Makrdown → html の場合
    pandoc -s sample.md -o sample.html
  2. markdown → docx  の場合
    pandoc -s sample.md -o sample.docx
  3. html → markdownの場合
    pandoc -s sample.html -o sample.md
  4. docx → markdownの場合
    pandoc -s sample.docx -o sample.md

2021/01,江端さんの忘備録

数学者の物語 ―― 例えば、「フェルマーの最終定理」などを読んでいると、

When I read stories of mathematicians -- for example, "Fermat's Last Theorem, the story

『最愛の妻に、証明の完成を贈った』

"They gave their beloved wife the completion of the proof"

という話が登場します。

appears.

この手の話、数学者の話で、結構な頻度で登場します。

The story of a mathematician, appears quite often.

しかし私は、

However, I,

―― 数学の証明を贈ってもらって『妻が喜ぶ』と思うことのできる、その思考形態が怖い

"It scares me that the thought that they can think that their wife would be 'happy' to receive a gift of a mathematical proof"

-----

あ、そうじゃないか。

Oh, I don't think so.

『夫が、わけのわかん奇行(ぶつくさ呟きながら、歩き回る)する日々との決別』

"Farewell to the days of their husband's inexplicable eccentricities(Muttering, walking around)"

という贈り物か。

That's a "gift," for sure.

それなら、妻は嬉しいでしょう。

Then my wife will be happy.

2021/01,江端さんの技術メモ

Login by SSH by "kobore.net"  FFFTPのログイン名とパスワード
 
cd /home/kobore
 
cp -r www www2  // Don't touch "www" itself
tar -czvf www2.tgz www2
mv www2.tgz www.kobore.net.20181102.tgz 
 
rm -r www2    // Never delete directory "www" 
 
After that, bring "www.kobore.net.20181102.tgz" into a PC

2021/01,江端さんの忘備録

年を取ると、周り(世間)が見えてこなくなりますが、見えてくることもあります。

As we get older, we lose sight of our surroundings (the world), but we can also see things.

その一つに、

One of them is,

「出来の良い若者には、普通以上の負荷を与えてみたくなる」

"It's tempting to give a well-rounded young persons more than they can handle."

があります。

私が繰り出す厳しい質問に対して、窮することなく、あるいは、窮しながら対応する若者は、

For young engineers who responded to my tough questions without hesitation, or with hesitation, I want to get somethings greedy.

―― 叩けば、もっと力(能力)を引き出せるかもしれない

"If I hit her/him, I might be able to get more their power (ability)"

と、スケベ心がでてきます。

で、「叩く」。

So I hit them.

そして、若者は、程なく潰れ、病んで、退社してしまいます。

And, they will soon be crushed, sick, and leave the company.

-----

『なるほど、若い頃の私が、叩か続けたのは、私が、あまりにも優秀すぎたからだ』

"I see, the reason I kept getting beaten when I was younger was because I was too good"

と、今、気がつきました。

I have just noticed that now.

しかし、一方、私が、潰れてもおらず、病んでもおらず、退社してもいないということは ――

However, I, on the other hand, haven't gone under, haven't gotten sick, haven't left the company--

『そう(優秀すぎる)ということでは、なかった?』

"Was I not too good?"

と、再帰的な思考に陥いっております。

I'm falling into recursive thinking.

-----

ともあれ ――

Anyway,

我々シニアは「スケベ心」を捨てる勇気が必要です。

We seniors need to have the courage to give up our "greed"

優れた若い才能を見ると、手を出したくなるのは分かるのですが ――

I can understand that it's tempting to reach out when we see outstanding young talent, but,

彼らの才能を『放置する勇気』が、今、問われていると思います。

I think the courage to 'leave their talent alone' is what we have to have.

2021/01,江端さんの忘備録

年末に、奥歯を2本抜きました。

At the end of the year, I had two of my back teeth extracted.

歯の根本が膿んでいるらしく、随分長い間、定期的に痛めつけられてきました。

It seems that the root of my tooth is infected and has been hurting me regularly for a very long time.

あんまりにも軽く『2本、抜いてしまいますか?』と軽く言われたこともあったのですが、

One of the reasons why I was told so lightly, "Do you want to take out two of them?

『鎮痛剤も効果のない痛みを抱えたまま、年末年始を過ごさなければならない』と思うと、ゾっとしました。

The main reason was that I was horrified at the thought of having to spend the New Year's holidays with pain that no painkillers would help.

-----

私の人生の基本ポリシーは「苦痛回避」の一択です。

My basic policy in life is one of "pain avoidance".

「快楽」はなくてもいいです。「苦労」も、自分が選んだ苦労なら、受け入れます。

I don't need "pleasure". I accept hardship if it is my choice.

むしろ「苦労」は、気がつかずに自分で拾ってしまう方です。

Rather, I am the one who picks up "hardships" on my own, without even realizing it.

「不当」や「不快」は嫌いですが、これは「反撃」「報復」「殲滅」という手段で、きっちりとケリをつけます。

I don't like "injustice" or "unpleasantness," but I will deal with this by means of "retaliation," "counterattack," and "annihilation.

しかし、「苦痛」だけは、闘うことができません。これは常に「負け」一択です。

However, pain is the only thing that cannot be fought. This is always a "lose" choice.

私は、歯科であれ、内科であれ、外科であれ、そして、精神科であれ、とっとと、病院やクリニックに行き、処方箋を貰って、薬局に走ります(市販のクスリなんぞ、当てにしていません)。

Whether it's dental, medical, surgical, or psychiatric, I go to the hospital or clinic, get a prescription, and run to the pharmacy (I don't rely on over-the-counter drugs).

-----

どうやら、私の人生は「歯を失い始める」フェーズに突入したようです。

Apparently, my life has entered the "start losing teeth" phase.

そもそも、私の年齢は、すでに、太平洋戦争時(75年前)の平均年齢を超えております。

To begin with, my age has already surpassed the average age at the time of the Pacific War (75 years ago).

人間は、100年間程度では進化しません(10万年くらいは必要)ので、私が、今、生きていられるのは、医療やクスリや衛生教育のおかげです。

Humans don't evolve in about 100 years (it takes about 100,000 years), so I am alive today because of medicine, drugs, and hygiene education.

ならば ――

Then...,

『歯の1本や2本くらい、なんだと言うのだ』

"What's a tooth or two matter?"

と、思った5分後には、抜かれた2本の歯を、自分の目で見ていました。

Five minutes later, I was looking at the two teeth that had been pulled out with my own eyes.

-----

私の父は、入れ歯が破損した後、新しい入れ歯との相性が悪く、食欲が減退し、体力を失い、死に至りました。

After my father's dentures were damaged, he lost his appetite, his strength, and his death due to incompatibility with his new dentures.

私の場合も、私を殺しに来るのは、多分「歯」だろうな、と腹を括っています。

In my case, too, I'm gutted that it will probably be "teeth" that will come to kill me.

2021/01,江端さんの忘備録

今、我が国のお隣の半島の国と、その半島の大陸の国が、「キムチ本家争い」で加熱しているそうです。

It is said that the country on the peninsula next to our country and the country on the continent of the peninsula are now heating up in the "Birthplace of kimchi".

民間のレベルを超えて、マスコミや、政府の一部も巻き込んでいるようです。

It seems to go beyond the private level and involves the media and even parts of the government.

私は、これを「大人気ない」とは思っていません。

I do not consider this to be "childish".

食文化は、文化の中でも、もっとも国民感情と強く繋っているものだからです。

Food culture is one of the most important aspects of culture, because it is the one that is most strongly connected to national sentiment.

-----

江端:「キムチについては、我が国発祥ではないことは明らかだから、我が国としては完全に傍観者でいいけどね」

Ebata: "As for kimchi, it's clear that it didn't originate in our country, so as for our country, we're completely bystander"

嫁さん:「でも、もし『"蕎麦"が中国発祥』と言われたら、我が国は許さないだろうね」

Wife: "But if someone says 'Soba' originated in China, our country will not forgive it".

江端:「そうだなぁ、尖閣諸島等の領土問題とバーターとできるかどうか、ギリギリの線だな」

Ebata: "Well, it's a fine line between the Senkaku Islands and other territorial issues, and the terms of the deal"

嫁さん:「でも、『"寿司"が中国発祥』と言われたら・・・」

Wife: "But if they tell us that 'sushi' originated in China..."

江端:「その場合、もう、取り引きできる「モノ」はないな。

Ebata:"In that case, there's no more "stuff" to deal with.

『よろしい。ならば戦争だ』

"Very well. Then it's war"

我が国から宣戦布告しても、国民の民意は得られるだろう、と思う」

I believe that a declaration of war from our country would meet with the public's approval"

憲法違反ですが。

It's against the Constitution, though.